TOP > 玉嶋亮の競馬予想コラム > 『アルゼンチン共和国杯』番付・予想のポイント~玉嶋亮の競馬予想コラム Vol.71

『アルゼンチン共和国杯』番付・予想のポイント~玉嶋亮の競馬予想コラム Vol.71

2023/11/06 更新

※こちらは玉嶋亮連載メルマガのバックナンバーです。メルマガ登録をすると最新の記事がメールで届きます。

 

こんばんは!玉嶋です。

 

早速ですが、今週末の『アルゼンチン共和国杯』予想のポイント、番付について、玉嶋の見解をお届けします。

 

番付(あいうえお順)

ーーー

横綱

ーーー

大関

ーーー

関脇

ーーー

小結

ゼッフィーロ

テーオーロイヤル

マイネルウィルトス

ユーキャンスマイル

 

つづき フルオープン▼

https://twitter.com/keiba_tamashima/status/1719469674335781061?s=19

 

番付の意味

 

1ランク差

→枠順、トラックバイアス、展開次第では逆転可能。

 

2ランク差

→枠順、トラックバイアス、展開に恵まれても逆転困難。

 

秘密兵器

→過去のレースから、番付上位と互角に渡り合える可能性を秘めた馬。

 

※番付は、過去のレースにおける最大出力を評価する指標であり、この序列の通り決着することを示すものではありません。

ーーー

 

アルゼンチン共和国杯 展望

フルオープンの番付で示す通り、混戦。序列的には新潟記念あたりが近いか?別定G2やG1とは異なり、それらよりも適性に寄せる必要がある。

 

ブリーダーズカップ 馬券

① BCフィリー&メアターフ

⇒ウインマリリン

 

② BCマイル

⇒ウインカーネリアン

⇒ソングライン

 

③ BCターフ

⇒シャフリヤール

 

④ BCクラシック

⇒ウシュバテソーロ

⇒デルマソトカゲ

 

①②③は芝。世界一強い日本競馬。人気を背負う可能性が高く、妙味がない。かと言って、日本馬が強いことが分かりきっている状況で、敢えて海外馬を狙うのもどうか?

 

④ドバイワールドカップを制し、期待を寄せられるウシュヴァテソーロ。強いには強いが、相手は強力なメンバーが揃う地元アメリカ勢。ウシュヴァテソーロが過剰に人気を背負うようなら、包囲網を敷くのも一考。

 

京王杯2歳S・ファンタジーS

以下はNHKマイルの時に書いたコラム。

 

NHKマイルC▼

https://www.keibariron.com/tamashima/64645.html

 

京王杯2歳S、ファンタジーともに、ほとんどが新馬戦、未勝利戦からの臨戦過程であり、比較自体が困難。この2レースのためだけに、新馬戦、未勝利戦を何十レースも分析するのは、生産性の高い仕事と言えない。

 

生産性とは?▼

https://www.kaonavi.jp/dictionary/productivity

 

以上を踏まえて、当日の枠順、馬場状態、オッズを確認して検討します。

 

メルマガ作成者:

玉嶋亮

メルマガ発行人:

予想屋マスター事務局

 

競馬の教科書シリーズ▼

https://tamashimaryo.wixsite.com/my-site

\なぜプロプランに人数制限しているのか?/
抽選申込みはコチラ
次回当選: 4/27 (土)AM11:00
この記事を書いた人
玉嶋亮

30代半ば/本業:士業/大学から本格的に競馬を始める。予想屋マスターを知り、理論的な競馬の分析に目覚める。リトル予想屋マスターを目指し、予想法を徹底的にコピーした。時間の制約があるため、芝オープンのみにフィールドを限定している。凱旋門賞の単勝万馬券、AJCCの288万円等の的中実績あり。「単勝多点」「変則フォーメーション」等多彩な馬券術に定評がある。「競馬の教科書」は個人出版ながら異例のベストセラー。「別冊」は予想屋マスターとの共著で再びベストセラー。日本一の競馬作家になるのが夢。Twitter(keiba_tamashima)

Copyright©sucmedia Inc. All rights reserved.