予想屋マスターが、アナタの馬券ライフを変える!!
締切まで
抽選に応募する
予想屋マスターはリピーター8割の定員制競馬予想サイトです
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
ホーム > 競馬理論とは > 馬券の買い方 > 競馬を投資として、財テクにできる人はいるか?

競馬を投資として、財テクにできる人はいるか?

2012/04/08 UP
by 予想屋マスター事務局

最近、競馬で財テクという広告をよく見る。利殖、投資などの文句が多い。競馬ファンが儲けようと思って馬券を購入するのは当たり前であり、その心理を巧みに利用した広告である。

財テクとは、余剰資金や低利の調達資金を株式・債券・土地などに投資して、資金の運用を多様化・効率化することをいう。

つまり、競馬で財テクとは、競馬に投資することで、資金の運用の多様化・効率化を図ることである。

儲けようが損をしようが、資金を運用する手段の一つが競馬であれば、競馬で投資を行い財テクにするということになるのだ。

しかし、株式や債券は投資、競馬はギャンブル。よって、競馬は財テクではないというのが、一般的な感覚であろう。

結論からいえば、競馬も投資となり財テクになりうる。競馬理論の競馬予想が回収率100%を超えているように、競馬を投資として扱える競馬予想であれば、安心して競馬で資金を運用できるのだ。

ただし、私は敢えて競馬とはギャンブルであるということを競馬理論のファンのあなたに認識してもらい、馬券の購入を慎重に行って欲しいと思いこの記事を書いた。

私は素人の投資(株式投資、債権投資等も含む)のすべてが、損をするギャンブルであると考えている。素人が、絶対的な知識量と情報量の異なる専門家には勝てるわけがない。財テクに「資金を増やす」という意味合いが込められているのであれば、素人では全ての投資が財テクになりえないのだ。

その中でも、競馬は投資を行って財テクとするには最も難しい部類に分類される。なぜなら、競馬は最初から投資額の25%を手数料として取られているからだ。つまり、全体の投資額の75%をすべての投資者で取り合うのが競馬である。これは、他の投資と大きく異なる点であり、競馬で儲けることが難しい最大の原因である。

全体の投資額の100%近くを取り合う投資でも、素人が儲けるのは難しい。こう考えると、競馬は殆どの競馬ファンにとっては投資で財テクとならず、絶対に損をするギャンブルでしかないのだ。

競馬理論の予想は、回収率100%を超えるが、これはすべての馬券を均等に買った場合に儲かるということである。しかし、殆どの人間は、欲深いので、すべてを均等に買うことなどできない。財テクにできる競馬予想を手にしながら、財テクにできないのだ。

一般的に、競馬ファンは、配当が低い馬券を、当たりやすいと考え、通常より多くの金額で勝負する。一方、競馬ファンは、配当が高い馬券を、当たりにくく小額でも儲かると考え、通常より少ない金額しか買えない。

このことが、競馬で損をする大きな要因である。配当が高い馬券を買うことがギャンブルと思われるかもしれないが、配当が低い馬券であっても同じギャンブルなのだ。

むやみやたらに配当が高い馬券を買っても当たらないが、競馬理論では、私の知識及び情報を結集して、期待値が最も高いと思われる馬券を予想している。

私は、自分で馬券を買うときには、外れても後悔しない馬券のみを買う。配当の低い馬券は、期待値が高くなりようがないので、まず購入しない。そして、予想に自信があって、配当が高いレースのみ馬券を買う。

これを実行することによって、競馬が、初めて投資となり、儲かる財テクとなるのである。私が馬券を買うレースは、一日に一レースあるかどうかである。そのため、馬券を買わない週もある。そして、とても残念なことがある。

それは、私が「今日は馬券の購入をお勧めしない」と書いても、ついつい、私のファンは馬券を購入してしまうことである。この時点で、競馬が投資をしての財テクでなく、ギャンブルになってしまう。

ただ、予想が当たってしまった時にやっぱり馬券を買っておけばよかったと後悔するので、我慢できない気持ちも理解できる。また、お金を払って競馬理論の予想を買ったのに、馬券を買うなと勧められてもという気持ちも理解できる。

見方を変えて考えていただけると、馬券の購入を控えて欲しいとおススメした日は、たった1200円程度のマイナスで済むということである。それで、今まで無駄な馬券を買っていた資金で、競馬理論がお勧めする穴馬券を購入すれば、競馬が、ギャンブルから投資をしての財テクに一歩近づくのである。

競馬を投資とし、財テクにできるのは、私だけである。しかし、誰も教えてくれない競馬理論の有料会員ならば、競馬に投資して、財テクに近づけることができる資料を手にしているのである。

それを生かすも殺すも、あなたがこの誰も教えてくれない競馬理論の予想をどのように使うかにかかっているのである。