14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
ホーム > 競馬理論とは > 馬券の買い方 > ワイドの穴馬券に手を出すのは競馬ド素人!?

2010年競馬理論とは「ワイドの穴馬券に手を出すのは競馬ド素人!?」

2010/11/08 UP
by 予想屋マスター事務局

よく穴のレースだと「ワイド」で馬券を買うという人いる。

これは大きな間違いである。

私は馬券の買い方の大前提として、人と違う馬券を買わなければ儲からないことをお伝えしている。

しかし、穴のワイドは意外に配当が付かない、つまり人と同じ馬券を買っている場合が殆どである。

例えば、馬連で100倍の配当がワイドだと20倍程度しかないことが多い。

本来、馬連とワイドは同じ点数で的中数が3倍になるので、配当が1/3であれば馬連と同じ割合の人が買っていることになる。

ワイドの穴馬券は1/5程度の配当になることの多いので、同じ買い目でも馬連と比べて買っている人の割合が明らかに多いといえる。

これは競馬ファンの心理で、本命を買う時には少しでも高い配当を目指し、ワイドを買わずに馬単や3連単など難しい馬券を買おうとするためである。

逆に穴を買う時には、ワイドでも配当が高いからといって簡単な馬券を買おうとする。

そのため穴のワイド馬券に手を出す人は、回収率において期待値の低い馬券を選んでしまう競馬ド素人になるのだ。

私の予想は1着になる可能性が最も高い馬を予想していることから、配当の差ほど的中率の差はない。

よって穴のレースでは難しい馬券、馬連、馬単、3連複、3連単などを買えば、回収率は更に上がるといえる。

実際に過去の馬券種ごとの回収率をプロプラン(旧レギュラープラン)で公開しているので、私の予想を使うときは必ず参考にしてほしい。



注釈:
ワイド 馬番号で2頭選び、いずれも3着までに入れば的中となる馬券
回収率 馬券投資額に対する的中馬券の配当額の割合をさす


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください