14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
ホーム > 競馬理論とは > 競馬理論とは > 時計・ラップ理論を読み解くと・・・

2010年その他理論「時計・ラップ理論を読み解くと・・・」

2010/11/01 UP
by 予想屋マスター事務局

時計やラップは、各競馬場、各日レースの時計状況を比較して補正することが必要である。
単に同一距離という理由だけは、異なる開催日や異なる競馬場を比較できない。

なぜなら、開幕週などで時計が出る時には、未勝利クラスであっても、芝2000mを2分弱で走ることもありえるし、逆に時計がかかる条件では、重賞でも芝2000mを2分3秒かかってしまうこともあるからだ。

この事実を知らずに競馬ファンが、単に持ち時計で比較することは全く無意味だろう。

適切且つ綿密な補正を加えることで比較・分析することが重要と考えている。

もっとも、私のように中央競馬の競走馬で知らない馬は殆ど存在しないという長年のキャリアがあれば、その補正とは何かレース毎でわかってくるものだが、一般の競馬ファンでは、その補正がとても困難なものであろう。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください