14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
ホーム > 競馬理論とは > 馬場の読み方 > 新潟の馬場の特徴、芝コースは内でも外でも伸びる!!
2010/11/08
予想屋マスター事務局

2010年競馬理論とは 新潟の馬場の特徴、芝コースは内でも外でも伸びる!!

「2010/8/1 予想屋マスターの馬券の買い方教えます!★夏期集中セミナーより特別収録」

実は新潟は二つ考え方があって、基本的には直線が長いから、外回っても来る。

よっぽどペース遅く回らないかぎりは不利がない。

力のある馬ならゴール前に着順を入れ替えることができる。

しかし、新潟の内回りは意外と直線短い。

内回りと外回りでは微妙に考え方が違って、直線が長いことでペースはどちらも落ち着きやすいけれど、内回りだと意外とペースが落ち着いた場合、外回った追い込み馬が届かないことがある。

今の14番は外回りなら届いたかもしれないけど、どちらかというと内回りだから届かなかったという見方で正しい。

内回りの方が小回りの分ペースが上がりやすいので、そこらへんも微妙なところだけど、外回りよりは前有利の恩恵を受けやすいので、内回りで先行馬が少なければ、できるだけインコース・先行できる馬を気をつけた方がいい。

外回りのレースは切れ味勝負になりやすい。

今のレースだと8番が弱いから逃げて、7番が離れた2番手で、最後失格になっちゃったけどね。

あと1番と3番だけど、3も実は直線で不利を受けなければそこそこきたと思うんだよね。

そういう意味では、まあそんなに筋としては間違っていない。

13番だけどこにもいないというのは、僕13番が逃げると思って予想に書いたんだよね。

そしたらスタート良かったけど、無理矢理押さえてたから逃げをうてなかった。

まあそういうところで、展開が合わないと全然13番は来ないというね、まあしょうがないという感じですね。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>