14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
2006/03/05
予想屋マスター
回顧録

弥生賞ディープインパクト記念 -G2- 中山競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳 賞金:5200万円

2006年弥生賞ディープインパクト記念 第43回弥生賞

クラシックに最も直結するクラシックレースである弥生賞が行われた。弥生賞の結果、クラシックレースの足音が聞こえてくる。

弥生賞の結果は、アドマイヤムーン(武豊)の快勝で結果が出た。アドマイヤムーンは、スタートをするとすぐに控えて、後方2番手から進めた。そして、アドマイヤムーンは、徐々に外から進出し、直線では抜群の切れ味を発揮して、2着のグロリアスウィーク(柴田善臣)を半馬身交わして弥生賞をゴールした。

アドマイヤムーンは、弥生賞の結果、着差こそクビ差であるが、内容的には圧勝といっていいと競馬理論は考えている。なぜなら、この弥生賞の中山の芝コースは、極端にインが有利であり、外を回るとかなり不利な馬場状態であった。

アドマイヤムーンは、このイン有利な馬場をものともせず、大外から差し切った。また、弥生賞のペースは、1000m通過1分1秒2と追い込み馬には不利な流れであったが、アドマイヤムーンは、この弥生賞のスローな流れを後方2番手から差し切った。

更に、アドマイヤムーンは、弥生賞の残り50mでグロリアスウィークが内から差し返してくると、突き放す脚を見せており、まだまだ余力があった。これらのことを考えると、アドマイヤムーンは、かなり能力が高いので、弥生賞後のクラシック路線で中心になっていく馬と競馬理論は判断している。

弥生賞の結果、2着には、グロリアスウィークが飛び込んだ。グロリアスウィークは、中段のインを進み、直線では馬込みを割って2着に追い込んだ。

グロリアスウィークの2着は、今の極端にインが有利な馬場に助けられた感が否めない。しかし、グロリアスウィークは、一旦アドマイヤウィークに並びかける脚を見せており、順調に力をつけている。

グロリアスウィークは、弥生賞後の成長次第で、クラシックでも通用する可能性がある。弥生賞の結果、3着は、ディープエアー(内田博)であった。

ディープエアーは、内田騎手の好騎乗で無駄な距離を走らないインから追い込んで弥生賞の結果、3着となった。ディープエアーの弥生賞の結果、3着は、内田騎手の好騎乗及びイン有利の馬場に助けられてのものであって、内容的には評価に値しない。よって、ディープエアーは、クラシックでは厳しいレースが続くであろう。

弥生賞の結果、4着は、サクラメガワンダー(安藤克己)であった。サクラメガワンダーは、休み明け及び外が不利な馬場と不利な条件が重なって、本来の能力を発揮できず弥生賞の結果、4着に敗れた。

サクラメガワンダーにとっては、弥生賞は本番に向けての一叩きであり、本番で一変する可能性もある。実際、サクラメガワンダーは、ラジオたんぱ賞ではアドマイヤムーンに快勝しているので、皐月賞及びダービーでアドマイヤムーンと互角の競馬をする可能性があると競馬理論は判断している。

今年の弥生賞も、去年のディープインパクトに続くような馬(アドマイヤムーン)が登場した。弥生賞後のアドマイヤムーンのレースに競馬理論は注目していく。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>