14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 安田記念 > 絶好位から差し切ったインディチャンプが安田記念を制覇

2019年安田記念「絶好位から差し切ったインディチャンプが安田記念を制覇」

福永祐一
2019/06/07 UP
by 予想屋マスター
回顧録

安田記念 -G1- 東京競馬場/芝1600m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:1億300万円

福永 祐一騎手、安田記念制覇おめでとうございます!

今の東京競馬場の馬場であればアーモンドアイは・・・とアエロリットを軸に予想し、見事的中となりました!にしてもアーモンドアイはやはり最強、ということがマスターの回顧録から分かります。ぜひご覧ください!

 

3着とはいえどもアーモンドアイの強さが際立つ一戦

 

安田記念(2019年)は、戦前2強と言われていたアーモンドアイ(ルメール)及びダノンプレミアム(川田将雅)が敗れ、波乱の決着となった。

 

その波乱の決着を制したのは、4番人気のインディチャンプ(福永祐一)であった。

 

1着:インディチャンプ

 

競馬理論の競馬予想では、内目の枠を引いて好位のインを追走できそうな展開面と出遅れながらも差し切った東京新聞杯の強い内容から、インディチャンプにも高い評価を与えていた。

 

レースでは、インディチャンプは、4~5番手のインの絶好位を確保した。

 

そして、インディチャンプは、直線で外に持ち出されると、逃げ粘るアエロリットを差し切り、安田記念(2019年)を制覇した。

 

インディチャンプの安田記念(2019年)の勝利という結果は、アーモンドアイの追い上げを凌ぎきったことは立派だが、外が全く伸びない馬場での好位のインという最高の展開に恵まれものでもある。

 

よって、今後のマイル重賞戦線の予想では、インディチャンプに安田記念馬として高い評価を与えて当然だが、絶対視までは禁物である。

 

2着:アエロリット

 

一方、安田記念(2019年)では、3番人気のアエロリットが2着に逃げ粘った。

 

競馬理論の競馬予想では、極端に前が止まらない馬場状態と単騎逃げ濃厚のメンバー構成を考慮して、アエロリットを本命に予想した。

 

レースでは、アエロリットは、内枠を生かしてじんわりと先手をとると、後続を離しながら逃げを打った。

 

そして、アエロリットは、直線でグァンチャーレに並びかけられるとシブトイ粘り腰を発揮したが、ゴール寸前でインディチャンプに差されてしまい、2着止まりであった。

 

アエロリットの安田記念(2019年)の2着という結果は、前が止まらない馬場で楽に逃げる展開に恵まれたものだが、牡馬の一線級相手であったことを考慮すると立派である。

 

よって、今後のマイル重賞戦線の予想では、先行力のあるアエロリットに常に高い評価を与えて当然である。

 

特に前が止まらない馬場や楽に先行できるメンバー構成の場合には、アエロリットの評価を更にあげるべきである。

 

3着:アーモンドアイ

 

一方、安田記念(2019年)では単勝1.7倍と断然の1番人気に推されたアーモンドアイは3着に敗れてしまった。

 

アーモンドアイは、スタートでロジクライに寄られる不利を受けてしまい、後方の馬群の中からのレースとなってしまった。

 

そして、アーモンドアイは、直線で前が開くと一頭だけ次元の違う32秒4の脚を使ったが、前2頭にはわずかに届かず、3着止まりであった。

 

アーモンドアイの安田記念(2019年)の3着という結果は、スタート後の大きな不利及び前が馬場状態にもかかわらず、勝ち馬インディチャンプと同タイムまで追い込んでおり、負けて強しの内容であり、現役最強馬の能力を示した。

 

よって、今後のG1戦線の競馬予想においても、アーモンドアイには本命級の高い評価を常に与えるべきである。

 

以上のように、安田記念(2019年)は、人気馬2頭が敗れ、波乱の決着となった。

 

ただし、安田記念(2019年)は、スタート後のアクシデント及びインが極端に有利な馬場状態が結果に大きな影響を与えたものであり、3着とはいえどもアーモンドアイの強さが際立つ一戦となった。

 

競馬理論のファンの方は、現役最強馬アーモンドアイの今後の走りに大いに期待していただきたい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください