15年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
回収率が最も高い特別プランはこちら
締切まで
プロプランの抽選に応募
TOP > 競馬予想コラム > 安田記念 > モーリスが敗れ波乱に
2016/06/09
予想屋マスター
回顧録

安田記念 -G1- 東京競馬場/芝1600m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:1億300万円

2021年安田記念 モーリスが敗れ波乱に


第66回安田記念は、8番人気のロゴタイプ(田辺裕信)が逃げ切り波乱を演出した。
競馬理論の競馬予想では、楽に先行できそうなロゴタイプにも展開面を考慮し、それなりの高い評価を与えていた。
レースでは、ロゴタイプは、楽に先手を取ると、ペースを落とした。
そして、ロゴタイプは、4コーナーで他馬が馬場の良い外に持ち出されている間に、ラチ沿いで後続を突き放してそのまま押し切り、第66回安田記念を制覇した。
ロゴタイプの第66回安田記念の勝利という結果は、皐月賞馬の底力を見せたものだが、ノーマークの単騎逃げの展開に恵まれたことも確かである。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、第66回安田記念の勝利だけで、ロゴタイプを完全復活とみるべきでない。

一方、第66回安田記念で断然の1番人気に推されたモーリス(ベリー)は2着止まりであった。
競馬理論の競馬予想では、遠征帰りで仕上がり途上の体調とスローペース濃厚の展開面から絶対視は禁物と判断していたが、能力自体は上なので、モーリスを本命に予想した。
レースでは、モーリスは、2番手を進んだが、折り合いを欠いてしまった。
そして、モーリスは、直線で外に持ち出されると、いつものような脚を使えなかったものの、なんとか2着を確保した。
モーリスの第66回安田記念の2着という結果は、終始折り合いを欠いていたことを考慮すると、2着を確保したこと自体が立派と見ることができる。
よって、今後のマイル戦線の競馬予想においては、連勝こそ止まってしまったものの、モーリスに本命級の高い評価を与えて当然である。

一方、第66回安田記念の3着には6番人気のフィエロ(内田博幸)が入った。
フィエロは、中団よりやや後方の外目を追走し、直線でも外からいい脚を使い、3着に追い込んだ。
フィエロの第66回安田記念の3着という結果は、スローペースながらも追い込んでおり、能力の高さを示した。
よって、今後のマイル戦線の競馬予想においては、フィエロにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

以上のように、第66回安田記念は、ロゴタイプの逃げ切り勝ちで幕を閉じた。
ただし、第66回安田記念は、先行馬不在のメンバー構成でのスローペースが結果に大きな影響を与えたものであり、モーリスの敗戦は度外視可能である。
競馬理論のファンの方は、モーリスの巻き返しに大いに期待して頂きたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>