14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 安田記念 > 人気馬全滅で大波乱
2010/06/05
予想屋マスター
回顧録

安田記念 -G1- 東京競馬場/芝1600m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:1億300万円

2010年安田記念 人気馬全滅で大波乱

春のマイル王決定戦の第50回安田記念の上位人気馬が総崩れとなり、大波乱の結果となった。その波乱の第50回安田記念を制したのは、8番人気のショウワモダン(後藤)であった。

競馬理論は、2連勝の勢いを評価していたものの、絶好位のインの3番手を走っても3着に敗れてしまった東風ステークスの内容を考慮して、ショウワモダンを結果として軽視してしまった。

レース結果では、ショウワモダンは、中段よりやや後方の外目からレースを進めた。そして、ショウワモダンは、直線で後藤騎手に追い出されると、見事な末脚を発揮して、第50回安田記念を制覇した結果となった。

ショウワモダンの第50回安田記念の勝利は、G1にしては低調なメンバー構成に恵まれたものだが、終始外を回って差し切ったものであり、今の充実ぶりは目を見張るものがある。

よって、今の低調な短距離戦線、充実著しいショウワモダンから今後も目が離せないと競馬理論では判断している。一方、第50回安田記念の2着には結果としてスーパーホーネット(藤岡佑)が入った。

競馬理論は、ウオッカやダイワメジャーなどの超一流馬と互角の競馬をした実績を評価していたものの、近走の不振を考慮し、押さえ評価にとどめてしまった。

レース結果ではスーパーホーネットは、後方からレースを進め、直線で大外に持ち出されると、突き抜けるかの勢いで伸びてきたが、ショウワモダンを交わすことはできず、2着に敗れてしまった。

スーパーホーネットの第50回安田記念の2着は、実力馬が復調しただけであり、これまでの実績からはもっと走ってもおかしくない。

よって、今後の短距離重賞戦線、能力的にはもっと走れるスーパーホーネットに要注目と競馬理論では判断している。 一方、第50回安田記念では、スマイルジャック(三浦)が3着に入った結果となった。

スマイルジャックは、中段の内目からレースを進めたが、3コーナーで前の馬が下がってくる不利を受けてしまい、位置取りが悪くなってしまった。 しかしながら、スマイルジャックは、直線に入ると、内から鋭い伸び脚を見せて、3着に追い込んだ結果となった。

スマイルジャックの第50回安田記念の3着は、3コーナーで位置取りが悪くなる不利を克服してのものであって、レース結果として一番強かった。

よって、今後の短距離重賞戦線、第50回安田記念のメンバーの中ならば、スマイルジャックに最上位の評価を与えるべきと競馬理論では判断している。一方、競馬理論が期待した香港勢は見せ場すらなく敗れてしまった。

思ったよりも人気がなかったので馬券的に妙味があると判断して上位評価を与えたが、結果的には体調面や日本の馬場への適性などが合わずに、凡走してしまった。

やはり海外の馬は走ってみなければ分からないので、人気薄のときは重視して馬券を購入してもいいが、人気になっているときには軽視が妥当と競馬理論では判断している。

以上のように、第50回安田記念は、ショウワモダンの差し切りで幕を閉じた。しかしながら、第50回安田記念の結果を見る限り、G1にしては低調なメンバー構成だったことを忘れずに、今後のレースの参考にすべきと競馬理論では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>