14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 安田記念 > 第59回安田記念

2009年安田記念「第59回安田記念」

2009/06/07 UP
by 予想屋マスター
回顧録

安田記念 -G1- 東京競馬場/芝1600m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:1億300万円

ダービー馬対決として注目を集めた第59回安田記念の結果は、ダービー馬同士によるワン・ツーフィニッシュとなったが、結果的にはウオッカの強さだけが目立つ一戦となった。

第59回安田記念の結果は、ウオッカは、1000m通過57秒5の平均よりやや速めのペースの中、先行集団の直後のインから競馬を進め、直線に向いた。

すると、第59回安田記念の結果は、ウオッカは、直線の坂下で前が完全に壁になってしまい、万事休すと思われたが、ラスト200mから馬込みを割って一気に追い込み、ディープスカイを交わして、安田記念の結果を連覇した。

ウオッカの第59回安田記念の結果の勝利は、普通の馬なら掲示板すらないような不利を克服してのものであり、4分の3差の着差以上の強さを見せつけた。

このレース内容から、第59回安田記念の結果は、1500~2000mの距離であれば、ウオッカにとっては国内では敵なしと言っても言い過ぎではないだろう。

よって、秋のG1戦線もウオッカが中心となっていく可能性が高いと競馬理論では判断している。

一方、第59回安田記念の結果で、もう一頭のダービー馬ディープスカイは、完璧なレースをしたものの、2着に敗れてしまった。

ディープスカイは、ウオッカをマークするように、中段の馬込みの中でレースを進めた。

そして、ディープスカイは、直線に向くと、上手く馬込みをさばき、残り1ハロンで先頭に立つ勝ちパターンの競馬をしたが、ゴール前でウオッカに差されてしまい、2着に敗れてしまった。

ディープスカイの第59回安田記念の結果の2着は、四位騎手が完璧な騎乗をしてのものであり、ウオッカには完敗といわざるを得ない。

しかしながら、ディープスカイは、3着以下には1馬身以上の差をつけており、ウオッカ以外であれば能力が上であることを示した。

よって、ウオッカの回避が予想され、距離が伸びる宝塚記念、ディープスカイに本命級のかなり高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

一方、第59回安田記念の結果において、ダービー馬2頭に続く3着に好走したのは、ファリダット(安藤勝)である。

ファリダットは、馬群から離れた最後方から競馬を進め、直線勝負に徹したが、3着が精一杯であった。

ファリダットの第59回安田記念の結果の3着は、安藤勝騎手の一か八かの直線勝負に懸ける競馬が嵌ったものであり、レース内容的な価値は高くない。

よって、次走以降の重賞戦線において、スプリント女王ビリーヴを母に持つ良血で、更にG1で3着の実績というだけで過剰に人気になるようであれば、追い込み脚質で脚を余す可能性があるファリダットの評価を下げるべきと競馬理論では判断している。

以上のように、第59回安田記念の結果は、ウオッカの強さだけが目立つ一戦となった。

競馬理論のファンの方は、歴史的な名牝ウオッカの今後の動向に大いに注目して欲しい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください