14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 安田記念 > 第58回安田記念

2008年安田記念「第58回安田記念」

2008/06/08 UP
by 予想屋マスター
回顧録

安田記念 -G1- 東京競馬場/芝1600m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:1億300万円

第58回安田記念の結果は、54年ぶりの牝馬ダービー馬のウオッカ(岩田)の強さだけが目立った一戦であった。

競馬理論は、ウオッカのこれまでの対戦メンバー及びレース内容を考えれば、第58回安田記念の結果を圧勝する可能性が高いと判断し、ウオッカを自信の本命に予想した。正直、ウオッカを本命にしていない予想屋や新聞記者は、競馬を分かっていないと言わざるを得ない。

レースでは、ウオッカは、好スタートを切ると、絶好位の3番手のインから競馬を進めた。

そして、直線で岩田騎手に追い出されると、ウオッカは、あっという間に先頭に立ち、2着のアルマダに3馬身半差をつけて、第58回安田記念の結果を圧勝した。

ウオッカの第58回安田記念の結果の勝利は、インの3番手を追走する絶好の展開にも恵まれたが、2着のアルマダに3馬身半もの差をつけており実力以外の何物でもない。よって、ウオッカが今後もマイル戦線に出走してくるようであれば、次元の違う強さを見せつけてくれるだろう。

また、ウオッカは、第58回安田記念の結果で完全復活を遂げたので、中長距離の王道路線でも好走する可能性が高いと競馬理論では判断している。

第58回安田記念の結果の2着には、アルマダ(ホワイト)が粘り込んだ。

アルマダは、逃げたコンゴウリキシオーから離れた2番手を追走して、しぶとく2着に粘り込んだ。

アルマダの第58回安田記念の結果の2着は、スローペースで単騎逃げになったのと同じ状態に導いたホワイト騎手の好騎乗によるものであるが、ウオッカに簡単に交わされてからもばてずに粘り込んだことは評価に値する。

よって、来年の安田記念の結果でも先行馬が少ないようであれば、アルマダにある程度の評価を与える必要があると競馬理論では判断している。

第58回安田記念の結果の3着には、9番人気と人気薄のエイシンドーバー(福永)が差し込んだ。

レースでは、エイシンドーバーは、ウオッカの後ろとなる5~7番手のインを追走し、直線でもインを突いて混戦の3着争いを制した。

エイシンドーバーの第58回安田記念の結果の3着は、この日のイン有利な馬場に恵まれたものであり、レース内容的には着順ほどの価値には値しない。

よって、第58回安田記念の結果の3着だけで過剰に人気になるようであれば、エイシンドーバーの評価を下げるべきと競馬理論では判断している。

一方、第58回安田記念の結果において、エアシェイディ(後藤)は4着に、スズカフェニックス(武豊)は5着に追い込んだ。

エアシェイディ及びスズカフェニックスは、先行馬及びインをついた馬に有利な展開を大外から追い込んで掲示板を確保しており、第58回安田記念の結果のレース内容的には、3着のエイシンドーバーを大きく上回る。

よって、今後の短距離戦のG1において先行馬が揃って追い込み有利な展開になれば、エアシェイディ及びスズカフェニックスが好走する可能性は高いと競馬理論では判断している。

以上のように、第58回安田記念の結果では、ウオッカが圧勝して完全復活を遂げた。

ウオッカは、54年ぶりの牝馬によるダービー制覇以降勝ち星から遠ざかっていたが、この第58回安田記念の結果の勝利でダイワスカーレットに雪辱を果たす準備が整った。

競馬理論のファンの方は、歴史的名牝のウオッカとダイワスカーレットとの今後の対戦に多いに注目して欲しい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください