14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > ヴィクトリアマイル > ミッキークイーンが3つ目のG1制覇なるか?

2016年ヴィクトリアマイル「ミッキークイーンが3つ目のG1制覇なるか?」

2016/05/10 UP
by 予想屋マスター

出走日:2016年05月15日(日)
ヴィクトリアマイル -G1- 東京競馬場/芝1600m 左
条件:サラブレッド系4歳以上牝馬 賞金:9000万円


今週のメインレースは、ヴィクトリアマイル(2016年)である。
ヴィクトリアマイル(2016年)は、春の牝馬女王決定戦ということで注目を集める。
そこで、競馬理論の競馬予想では、ヴィクトリアマイル(2016年)に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

阪神牝馬ステークス組からは、1着のスマートレイアー、2着のミッキークイーン、3着のウインプリメーラ、4着のカフェブリリアント、5着のココロノアイ、8着のアンドリエッテ、9着のストレートガール、10着のアイライン、11着のダンスアミーガ、12着のレッドリヴェール及び13着のメイショウマンボがヴィクトリアマイル(2016年)に出走する。
スマートレイアーの阪神牝馬ステークスの勝利という結果は、ミッキークイーンの追い込みを凌ぎ切ったことは立派だが、楽に先行する展開に恵まれたことも確かである。
よって、ヴィクトリアマイル(2016年)の競馬予想においては、スマートレイアーが好走するためには楽に先行する展開に恵まれる必要があると判断すべきである。

ミッキークイーンの阪神牝馬ステークスの2着という結果は、56キロの斤量を背負いながらもクビ差まで追い込んでおり、負けて強しの内容であった。
よって、ヴィクトリアマイル(2016年)の競馬予想においては、ミッキークイーンに本命級の高い評価を与えるべきである。

ウインプリメーラ、カフェブリリアント、ココロノアイ、アンドリエッテ、ストレートガール、アイライン、ダンスアミーガ、レッドリヴェール及びメイショウマンボは、阪神牝馬ステークスの内容を見る限り、ヴィクトリアマイル(2016年)の競馬予想において高い評価は不要である。
なお、ウインプリメーラ及びカフェブリリアントは、阪神牝馬ステークスで小差の競馬をしたので、ヴィクトリアマイル(2016年)において展開に恵まれさえすれば、ミッキークイーンは厳しいが、スマートレイアーを逆転してもおかしくないと判断すべきである。

京都牝馬ステークス組からは、1着のクイーンズリングがヴィクトリアマイル(2016年)に出走する。
クイーンズリングの京都牝馬ステークスの勝利という結果は、道悪適性の高さが味方したものではあるが、短距離では一線級の能力を持つことを示した。
よって、ヴィクトリアマイル(2016年)の競馬予想においては、メンバー強化を考慮しても、クイーンズリングにもそれなりの高い評価を与えるべきである。

ダービー卿チャレンジトロフィー組からは1着のマジックタイムが出走する。
マジックタイムのダービー卿チャレンジトロフィーの勝利という結果は、スローペースを差し切る着差以上に強い内容であった。
また、マジックタイムは、京都牝馬ステークスにおいて、クイーンズリングに敗れはしたが、レース内容としては上である。
よって、ヴィクトリアマイル(2016年)の競馬予想においては、差しが届く展開になれば、マジックタイムがクイーンズリングを逆転する可能性が高いと判断すべきである。

中山牝馬ステークス組からは、1着のシュンドルボン、2着のルージュバック及び15着のシングウィズジョイがヴィクトリアマイル(2016年)に出走する。
シュンドルボンの中山牝馬ステークスの勝利という結果は、ルージュバックを差し切ったことは立派であるが、ハンデに恵まれたものでもある。
よって、ヴィクトリアマイル(2016年)の競馬予想においては、シュンドルボンに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

ルージュバックの中山牝馬ステークスの2着という結果は、56キロのハンデであったことを考えると、悪くない内容であった。
よって、ヴィクトリアマイル(2016年)の競馬予想においては、ルージュバックがシュンドルボンを逆転して当然と判断すべきである。

大阪杯組からは、3着のショウナンパンドラがヴィクトリアマイル(2016年)に出走する。
ショウナンパンドラの大阪杯の3着という結果は、

かなりの強いメンバー構成及び行ったきりの展開を考慮すると、負けて強しの内容であった。
よって、ヴィクトリアマイル(2016年)の競馬予想においては、若干の距離不足を考慮しても、現役最強牝馬ショウナンパンドラに本命級の高い評価を与えて当然である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、ヴィクトリアマイル(2016年)に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、展開、枠順、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、ヴィクトリアマイル(2016年)の最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、ヴィクトリアマイル(2016年)の予想をお楽しみに。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください