14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > ヴィクトリアマイル > 第7回ヴィクトリアマイル

2012年ヴィクトリアマイル「第7回ヴィクトリアマイル」

2012/06/29 UP
by 予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
ヴィクトリアマイル -G1- 東京競馬場/芝1600m 左
条件:サラブレッド系4歳以上牝馬 賞金:9000万円

今週のメインレースは、 第7回ヴィクトリアマイル(2012年)である。 第7回ヴィクトリアマイル(2012年)は、6つめのG1制覇を目指すアパパネが前哨戦で惨敗したこともあり、混戦が予想される。 そこで競馬理論は、第7回ヴィクトリアマイル(2012年)に出走する 有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

阪神牝馬ステークス(2012年)組からは、 1着のクィーンズバーン(内田博)、2着のマルセリーナ(デムーロ)、3着のフミノイマージン(池添)、4着のエーシンリターンズ、 5着のスプリングサンダー(四位)、 6着のチャームポット(柴山)、7着のアパパネ(蛯名)、 8着のエーシンハーバー(武豊)、 10着のレディアルバローザ(福永祐一)及び 12着のキョウワジャンヌ(飯田)が 第7回ヴィクトリアマイル(2012年)に出走する。

クィーンズバーンの阪神牝馬ステークス(2012年)の勝利は、カトルズリップス及びフォーエバーマークの2頭の逃げ馬が出遅れたことによってマイペースで逃げる展開に恵まれたものである。

よって第7回ヴィクトリアマイル(2012年)、 東京コースの長い直線、更には距離延長を考慮すると、 クィーンズバーンが逃げ切るにはかなりの展開の助けが必要である。 ただし、今週から東京競馬場の芝コースはBコースに変更となるので、 極端にイン有利の馬場となるようであれば、 クィーンズバーンの逃げの評価を上げるべきとも 競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、マルセリーナの阪神牝馬ステークス(2012年)の2着は、他馬よりも2キロ重い56キロの斤量及び直線で外に膨れるロスを克服してのものであり、レース内容としてはクィーンズバーンを大きく上回る。

またマルセリーナは、桜花賞馬であることから、 1600m戦はベストの条件でもある。 よって第7回ヴィクトリアマイル(2012年)、 マルセリーナに本命級のかなり高い評価を与えて当然と 競馬理論の競馬予想では判断している。

フミノイマージンの阪神牝馬ステークス(2012年)の3着は、外が伸びる馬場に恵まれたものと見ることもできるが、クィーンズバーンが逃げ切る展開を追い込んだものでもあり、レース内容としては悪くない。

よって第7回ヴィクトリアマイル(2012年)、 牝馬限定戦ならば確実にいい脚を使うフミノイマージンにも それなりの評価を与えるべきである。 ただしフミノイマージンは、追い込み一手の脚質なので、 馬場や展開面を重視して最終的な評価を下すべきと 競馬理論の競馬予想では判断している。

エーシンリターンズの阪神牝馬ステークス(2012年)の4着は、いつもの先行策とは違う追い込む競馬によるものであり、直線の脚は目を見張るものがあった。

よって第7回ヴィクトリアマイル(2012年)、 エーシンリターンズは、 展開などの助けがあれば好走も可能と 競馬理論の競馬予想では判断している。 アパパネの阪神牝馬ステークス(2012年)の7着は、 まったく見所のないものではあったが、 休み明けはいつも走らない馬なので度外視可能である。 またアパパネは、去年のヴィクトリアマイルの勝ち馬であり、 東京のマイル戦は得意な舞台である。

なお、アパパネの去年のヴィクトリアマイルの勝利は、海外遠征帰りであったで体調が万全でなかったといえどもブエナビスタを破ってのものであり、3着~9着(6着のスプリングサンダーを除く)までをロスのない競馬をした馬が独占するイン有利の馬場で、終始外を回ったことをも考慮すると、着差以上に強い内容であった。

よって第7回ヴィクトリアマイル(2012年)、 アパパネが一変して巻き返す可能性は高いと競馬理論の競馬予想では判断している。
スプリングサンダー、チャームポット、アパパネ、エーシンハーバー、 レディアルバローザ及びキョウワジャンヌは、 阪神牝馬ステークスでの見所のないレース内容から、 第7回ヴィクトリアマイル(2012年)で通用する可能性は低い。 この中では、去年のヴィクトリアマイルにおいて イン有利の馬場で大外を回らされて 6着だったスプリングサンダーが内で脚を溜められれば 好走可能と競馬理論の競馬予想では判断している。

福島牝馬ステークス(2012年)組からは、 1着のオールザットジャズ(藤岡佑)、3着のアカンサス、 4着のアスカトップレディ(川須)、 5着のマイネイサベル(松岡)及び8着のアニメイトバイオ(後藤) が第7回ヴィクトリアマイル(2012年)に出走する。

オールザットジャズの福島牝馬ステークス(2012年)の勝利は、ハイペースを早めに抜け出す横綱競馬によるものであり、着差以上に強い内容であった。

またオールザットジャズは、 極端にイン有利な馬場で行われた前残りの中山牝馬ステークスでも 2着に追い込んでおり、 今年に入っての競馬のレース内容には目を見張るものがある。 よって第7回ヴィクトリアマイル(2012年)、 急激なメンバー強化の感は否めないものの、 充実著しいオールザットジャズにも それ相応の高い評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

アカンサス、アスカトップレディ、 マイネイサベル及びアニメイトバイオは、 福島牝馬ステークスのレース内容から、 第7回ヴィクトリアマイル(2012年)において オールザットジャズを逆転する可能性は低い。

中山牝馬ステークス組からは、 5着のホエールキャプチャ(横山典) 及び11着のドナウブルー(ウィリアムズ)が 第7回ヴィクトリアマイルに出走する。
ホエールキャプチャの中山牝馬ステークス(2012年)の5着は、 レディアルバローザが逃げ切るような 外が伸びない馬場で2番手を追走してのものであり、 休み明け55.5キロのハンデを考慮しても、 残念な内容であった。
しかしながらホエールキャプチャは、 G1戦線で安定して走っていることを考慮すると、 叩き2走目の第7回ヴィクトリアマイル(2012年)でも 上位争いをして当然である。
よって第7回ヴィクトリアマイル、 展開などの助けがあれば、 ホエールキャプチャが悲願のG1制覇を果たしてもおかしくないと 競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ドナウブルーの中山牝馬ステークスの11着は、 インが極端に有利な馬場で終始外を回らされてのものであり 度外視可能である。
よって第7回ヴィクトリアマイル、 京都牝馬ステークスのように、 ドナウブルーが好位で競馬ができるようであれば好走も可能と 競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように競馬理論は、 第7回ヴィクトリアマイルに出走する有力各馬の能力を分析した。 この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの 様々な要素を加味して、 第7回ヴィクトリアマイルの最終的な予想を決断する。 競馬理論のファンのかたは、第7回ヴィクトリアマイルの予想を お楽しみに。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください