14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > ヴィクトリアマイル > ブエナビスタが底力でねじ伏せる
2010/05/15
予想屋マスター
回顧録

ヴィクトリアマイル -G1- 東京競馬場/芝1600m 左
条件:サラブレッド系4歳以上牝馬 賞金:9000万円

2010年ヴィクトリアマイル ブエナビスタが底力でねじ伏せる

第5回ヴィクトリアマイルでは、単勝1.5倍と断然人気のブエナビスタ(横山典)が人気に応えて勝利する結果となった。

競馬理論は、本調子手前であっても現役最強馬が牝馬限定G1では負けられないと判断し、結果としてブエナビスタを本命に予想した。第5回ヴィクトリアマイルでは、ブエナビスタは、久々のマイル戦の速い流れに戸惑ったこともあり、後方からのレースとなった。そして、ブエナビスタは、横山騎手に直線で大外に持ち出されると、いつものような切れ味は披露できなかったが、徐々に差を詰め、 内で粘るヒカルアマランサスを交わして、結果、第5回ヴィクトリアマイルを制覇した。

ブエナビスタの第5回ヴィクトリアマイルの勝利という結果は、着差こそ僅かであったが、ドバイからの遠征帰り、久々のマイル戦、追い込みが届きにくい超高速馬場などたくさんの不利を克服してのものであり、底力を見せつけた。

よって、次走の宝塚記念、牡馬相手でメンバーが強化したとしても、上昇が見込めるブエナビスタに本命級のかなり高い評価が必要と競馬理論では判断している。

一方、第5回ヴィクトリアマイルの2着には、8番人気のヒカルアマランサス(内田博)が入る結果となった。第5回ヴィクトリアマイルでは、ヒカルアマランサスは、逃げ争いをした3頭の直後となる4番手のインから競馬を進めた。そして、ヒカルアマランサスは、直線の半ばで先頭に立って、勝利を収めたかにも見えたが、ゴール寸前でブエナビスタに差されてしまい、第5回ヴィクトリアマイルでは2着に敗れる結果となった。

ヒカルアマランサスの第5回ヴィクトリアマイルの2着という結果は、外が伸びにくい超高速馬場で絶好位となるインの4番手を追走する展開に恵まれたものであって、ブエナビスタとは着差以上の能力差がある。

しかしながら、現役最強馬のブナビスタをゴール寸前まで苦しめた事実自体には高い評価が必要である。よって、ブエナビスタを除く今後の牝馬重賞戦線、ヒカルアマランサスに上位の評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

一方、第5回ヴィクトリアマイルに2番人気で臨んだレッドディザイアは、4着に敗れる結果となった。レッドディザイアは、外枠からの発走ということもあり、終始外を回らされ、直線ではいつものような脚を使えず、結果、第5回ヴィクトリアマイルでは4着に敗れてしまった。

レッドディザイアの第5回ヴィクトリアマイルの4着という結果は、ドバイからの遠征帰りな上に、イン有利の超高速馬場で外を回らされてのものであり、悲観すべき内容ではない。

よって、今後のG1戦線において、レッドディザイアの巻き返しには要注意と競馬理論では判断している。

以上のように、第5回ヴィクトリアマイルは、ブエナビスタの強さだけが目立つ一戦となった。競馬理論のファンの方は、今後もブエナビスタの走りには大いに注目して頂きたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>