14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > ヴィクトリアマイル > 第4回ヴィクトリアマイル

2009年ヴィクトリアマイル「第4回ヴィクトリアマイル」

2009/05/17 UP
by 予想屋マスター
回顧録

ヴィクトリアマイル -G1- 東京競馬場/芝1600m 左
条件:サラブレッド系4歳以上牝馬 賞金:9000万円

牝馬のマイル王決定戦の第4回ヴィクトリアマイルは、ダービー馬ウオッカの圧勝という結果で幕を閉じた。

競馬理論は、ドバイからの遠征帰りといえども、低調な牝馬限定のG1であれば能力が違うと判断して、結果としてウオッカを第4回ヴィクトリアマイルの本命に予想した。第4回ヴィクトリアマイルのレースでは、ウオッカは、先行集団で競馬を進めた。そして、ウオッカは、直線で武豊騎手に仕掛けられると、アッという間に先頭に立ち、ゴール前では後続を7馬身千切って、結果、第4回ヴィクトリアマイルを制覇した。

ウオッカの第4回ヴィクトリアマイルの勝利という結果は、7馬身もの着差からも分かるように、牝馬同士では圧倒的な能力差があることを見せつけた。

よって、第4回ヴィクトリアマイルと同じ東京1500mで行われる安田記念においても、ウオッカが好走する結果となる可能性はかなり高いと競馬理論では判断している。

一方、第4回ヴィクトリアマイルの2着には、11番人気のブラボーデイジーが入る結果となった。ブラボーデイジーは、スタートこそつまづき加減であったが、すぐに立て直して、インの3番手からレースを進めた。そして、ブラボーデイジーは、直線にむくとウオッカには離されてしまったが、そのウオッカが抜け出したスペースを使ってしぶとく伸びて、結果として2着を確保した。

ブラボーデイジーの第4回ヴィクトリアマイルの2着という結果は、1000m58秒5という高速馬場にしてはスローな流れをインの3番手を追走する展開に恵まれたものであって、過大評価は禁物である。

よって、今後の重賞戦線において、G1で2着の実績だけで人気になるのであれば、ブラボーデイジーの評価を下げて予想すべきと競馬理論では判断している。

一方、第4回ヴィクトリアマイルでは、7番人気のショウナンラノビア(柴田善)が3着に粘り込んだ。ショウナンラノビアは、最内枠から譲らずにハナを切った。そして、ショウナンラノビアは、直線に向くと早めにウオッカに交わされてしまったが、しぶとく3着に粘り込む結果となった。

ショウナンラノビアの第4回ヴィクトリアマイルの3着という結果は、スローペースを1枠を生かして逃げたものであり、レース内容的な価値は高くない。

しかしながら、今後の重賞戦線においても、逃げる自分の競馬を繰り返してさえいれば、イン有利な馬場状態や先行馬にとって有利な展開になったときに、ショウナンラノビアが粘り込む可能性は十分あり得ると競馬理論では判断している。

以上のように、第4回ヴィクトリアマイルは、結果としてウオッカの強さだけが目立つ一戦となった。逆に言えば、ウオッカ以外の馬は、牝馬同士の重賞ならば好走可能だが、牡馬との重賞戦線ではかなり厳しい競馬になると判断せざるを得ない。競馬理論のファンの方は、歴史的名牝のウオッカの今後の走りに大いに注目して欲しい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください