14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > ヴィクトリアマイル > 第3回ヴィクトリアマイル

2008年ヴィクトリアマイル「第3回ヴィクトリアマイル」

2008/05/18 UP
by 予想屋マスター
回顧録

ヴィクトリアマイル -G1- 東京競馬場/芝1600m 左
条件:サラブレッド系4歳以上牝馬 賞金:9000万円

第3回ヴィクトリアマイルでは、エイジアンウインズ(藤田信二)が断然人気のダービー馬ウオッカ(武豊)を破ってG1馬となる結果となった。

競馬理論は、先行馬不在で単機逃げとなりそうな展開面を重視して、第3回ヴィクトリアマイルでは、エイジアンウインズに3番手評価を与えていた。
第3回ヴィクトリアマイルでは、エイジアンウインズは、戦前に予想された逃げる競馬ではなく、先行集団の中からレースを進めた。そして、エイジアンウインズは、直線に向くと馬群の狭いとこを割って抜け出し、結果、第3回ヴィクトリアマイルを制した。

エイジアンウインズの第3回ヴィクトリアマイルの勝利という結果は、上がりの競馬でウオッカが脚を余したことに恵まれたものでもあるが、展開に恵まれたブルーメンブラット(佐藤哲)に3/4馬身先着したのは実力であろう。

よって、今後の短距離戦線でも、底を見せていないエイジアンウインズに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。ただし、エイジアンウインズは、G1の速い流れで底力勝負となる競馬を経験していないので、牡馬の一線級相手の安田記念で通用するかどうかは微妙である。そこで、安田記念では、先行馬が少なくてスローペースになりそうであれば、エイジアンウインズに高い評価を与え、一方で先行馬がそれなりに揃ってペースが速くなりそうであれば、エイジアンウインズの評価を下げるべきと競馬理論では判断している。

第3回ヴィクトリアマイルにおいて、ダービー馬ウオッカは人気を裏切って2着に敗れる結果となった。 ウオッカは、第3回ヴィクトリアマイルでは、中段からレースを進め、直線に向くまで抜群の手応えであった。そして、武豊騎手はギリギリまで追い出しを我慢して残り400m地点で追い出したが、ウオッカは、結果的には2着を確保するのが精一杯であった。

ウオッカの第3回ヴィクトリアマイルの2着という結果は、ダービー時の切れ味を考えると物足りない内容ではあるものの、1000m通過50秒0の超スローペースを外から追い込む不利な展開、及びドバイからの遠征帰りでのギリギリの馬体を考慮すると、悲観すべき内容ではない。むしろ、超スローペースを考慮すると、レース内容的にはウオッカがエイジアンウインズを大きく上回る。

よって、ウオッカが安田記念に出走するようであれば、エイジアンウインズよりもウオッカに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

第3回ヴィクトリアマイルで競馬理論が対抗に予想したブルーメンブラットは、ウオッカとハナ差の3着に敗れてしまう結果となった。ブルーメンブラットは、第3回ヴィクトリアマイルでは、スローペースを意識していつもより前目となるインの3番手からレースを進めた。そして、ブルーメンブラットは、直線でもインを突いて一旦は先頭に立ったが、エイジアンウインズに交わされ、ゴール前でウオッカに並ばれたところでゴールして、結果的に第3回ヴィクトリアマイルにおいて3着に敗れてしまった。

ブルーメンブラットの第3回ヴィクトリアマイルの3着という結果は、スローペースをインの3番手で追走させた後藤騎手の好騎乗によるものであって、現時点における実力と判断していいだろう。

ただし、展開に恵まれたとはいえ、ダービー馬ウオッカとハナ差の競馬をしたこと自体には高い評価を与えるべきである。よって、今後の短距離重賞においても、ブルーメンブラットには注意を払うべきと競馬理論では判断している。

第3回ヴィクトリアマイルでは、ヤマニンメルベイユ(柴山)が4着に、ニシノマナムスメ(吉田隼人)が5着に粘り込む結果となった。ヤマニンメルベイユ及びニシノマナムスメの第3回ヴィクトリアマイルの好走は、1000m通過50秒0の超スローペースの展開を先行して粘り込んだものであり、上位三頭から3馬身以上離されていることを考慮すると、着順ほど高い評価を与えるべきではない。よって、ヤマニンメルベイユ及びニシノマナムスメは、G3程度であれば通用するが、一線級相手となるG1では通用しない結果となるだろうと、競馬理論では判断している。

以上のように、第3回ヴィクトリアマイルは、上がり馬エイジアンウインズの快勝という結果で幕を閉じた。一方で、ダービー馬ウオッカは、2着という結果に敗れてしまったが悲観すべき内容ではなく、ダービー馬の底力の高さを示したものであった。よって、競馬理論のファンの方は、54年ぶりの牝馬ダービー馬ウオッカの今後のレースに大いに注目して欲しい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください