予想屋マスターが、アナタの馬券ライフを変える!!
締切まで
抽選に応募する
予想屋マスターはリピーター8割の定員制競馬予想サイトです
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > 東京新聞杯 > 東京新聞杯2019の回顧|インディチャンプが重賞初制覇

東京新聞杯2019の回顧|インディチャンプが重賞初制覇

2019/02/08 UP
by 予想屋マスター
回顧録

東京新聞杯 -G3- 東京競馬場/芝1600m 左
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:3800万円

東京新聞杯(2019年)は、2番人気に推されたタワーオブロンドン(ルメール)が5着に破れてしまったものの、比較的上位人気サイドの決着となった。
その東京新聞杯(2019年)を制したのは1番人気のインディチャンプ(福永祐一)であった。

 

インディチャンプ

インディチャンプは、スタートで大きく出遅れてしまったが、早めに押し上げて、中段のインを追走した。
そして、インディチャンプは、タワーオブロンドンを目標に進出すると、あっという間に突き抜けて、東京新聞杯(2019年)を制覇した。
インディチャンプの東京新聞杯(2019年)の勝利という結果は、出遅れながらも早めに抜け出す自ら勝ちに行く競馬で押し切っており、着差以上の強さを見せつけた。
よって、今後のマイル戦線においては、インディチャンプにかなり高い評価を与えて当然である。

 

レッドオルガ

一方、東京新聞杯(2019年)では6番人気のレッドオルガ(北村友一)が2着に入った。
レッドオルガは、インディチャンプと並ぶような位置を追走し、直線では馬群を割るように伸びたが、インディチャンプに半馬身差だけ届かず、2着止まりであった。
レッドオルガの東京新聞杯(2019年)の2着という結果は、インディチャンプにこそ力負けであったが、コース取りの差を考慮すると、大きな差がないと見ることもできる。
よって、今後のマイル戦線の競馬予想では、レッドオルガにもそれなりの評価を与えるべきである。

 

サトノアレス

一方、東京新聞杯(2019年)では4番人気のサトノアレス(柴山雄一)が3着に追い込んだ。
サトノアレスは、スタートを決めると、いつもより前目の位置となる10番手のラチ沿いを進んだ。
そして、サトノアレスは、直線でも内を突くとインディチャンプ以上の脚を使ったが、上位2頭には届かず、3着止まりであった。
サトノアレスの東京新聞杯(2019年)の3着という結果は、スタートを決めて最内枠からロスのない競馬をしてのものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。
よって、今後のマイル戦線において、サトノアレスが好走するためには差しが有利な展開の助けが必要と判断すべきである。

 

以上のように、東京新聞杯(2019年)は、インディチャンプの強さだけが目立つ一戦となった。
競馬理論のファンの方は、インディチャンプの今後の走りに大いに期待して頂きたい。