14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 天皇賞・春 > 第145回天皇賞・春

2012年天皇賞・春「第145回天皇賞・春」

2012/06/29 UP
by 予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
天皇賞・春 -G1- 京都競馬場/芝外3200m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:1億3200万円

今週のメインレースは、第145回天皇賞・春(2012年)の競馬予想である。

第145回天皇賞・春(2012年)の競馬予想は、去年の年度代表馬オルフェーヴルが出走することもあり、例年以上の注目を集める。

そこで競馬理論は、第145回天皇賞・春(2012年)の競馬予想に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

阪神競馬場の芝3000mで行われた阪神大賞典(2012年)組からは、1着のギュスターヴクライ(蛯名)、2着のオルフェーヴル(池添)、3着のナムラクレセント(和田)、4着のヒルノダムール(藤田伸)、5着のジャガーメイル(四位)、6着のトウカイトリック(幸)、7着のピエナファンタスト及び10着のビートブラックが第145回天皇賞・春(2012年)の競馬予想に出走する。

ギュスターヴクライの阪神大賞典(2012年)の勝利は、オルフェーヴルの逸走に恵まれたものではあるが、3着以下を3馬身以上離しており、長距離適性の高さを示した。 ただし、ギュスターヴクライは、1枠からの発走で終始コースロスのない競馬をさせた福永騎手の好騎乗及び55キロの斤量に恵まれたことも確かである。

よって第145回天皇賞・春(2012年)の競馬予想、ギュスターヴクライにオルフェーヴルの相手候補の評価を与えるべきであるが、外枠を引いて外を回らされる展開になった時には阪神大賞典ほどのパフォーマンスを発揮できない可能性があることを頭に入れて評価を下すべきとも競馬理論では判断している。

一方、第145回天皇賞・春でオルフェーヴルの阪神大賞典(2012年)の2着は、外に大きく逸走してしまってのものであり、普通の馬ならば惨敗していたはずで、敗れはしたものの強さだけが目立つ一戦であった。

またオルフェーヴルは、超スローペースの有馬記念での差し切りやイン有利の馬場の菊花賞でのまくり差しなど、2011年秋のG1戦線では着差以上の能力差を見せつけた。

よって第145回天皇賞・春(2012年)は、調教再審査を一発で合格したオルフェーヴルが圧勝する可能性が高く、オルフェーヴルの2着争いになると競馬理論では判断している。

ナムラクレセントの阪神大賞典(2012年)の3着は、上位2頭にこそ力負けであったが、長距離戦ならばしぶとい粘り腰を発揮することを証明した。

またナムラクレセントは、去年の天皇賞・春においても3着に粘り込んでおり、京都3200mは得意な舞台である。

よって第145回天皇賞・春(2012年)、イン有利の馬場や単騎逃げの展開になった時には、ナムラクレセントが粘り込んで2着争いに加わってもおかしくないと競馬理論では判断している。

第145回天皇賞・春でヒルノダムールの阪神大賞典(2012年)の4着は、直線で不利を受けてのものではあったが、不利がなくても3着争いがやっとという微妙なレース内容であった。

よって第145回天皇賞・春(2012年)の競馬予想は、去年の天皇賞・春の勝ち馬ということを評価しても、ヒルノダムールに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

ただしヒルノダムールは、去年の天皇賞・春や去年の大阪杯のように好位のインを走ると最大限に能力を発揮するので、内枠を引いて好位のインを追走できた場合には好走の確率が高まるとも競馬理論では判断している。

第145回天皇賞・春でジャガーメイルの阪神大賞典(2012年)の5着は、休み明けで外を回らされたことを考慮しても、上位からは離されすぎている。

よって第145回天皇賞・春(2012)年では、一昨年の天皇賞・春馬であることを考慮しても、ジャガーメイルには押さえ評価までが妥当と競馬理論では判断している。

トウカイトリック、ピエナファンタスト及びビートブラックは、阪神大賞典の見所のないレース内容を見る限り、第145回天皇賞・春(2012年)で通用する可能性は低い。

日経賞(2012年)組からは、2着のウインバリアシオン(武豊)、4着のコスモロビン、6着のフェイトフルウォー(柴田善)、7着のケイアイドウソジン(川田)及び9着のマイネルキッツ(松岡)が第145回天皇賞・春(2012年)に出走する。

第145回天皇賞・春でウインバリアシオンの日経賞(2012年)の2着は、追い込みが届きにくい重馬場でネコパンチの逃げ切りを許してしまっただけであり、最後方から断然人気のルーラーシップを交わしたことを評価すべきである。

よって第145回天皇賞・春(2012年)、ウインバリアシオンにオルフェーヴルの2着争い候補の評価を与えて当然である。

ただしウインバリアシオンは、追い込み一手の極端な脚質なので、第145回天皇賞・春(2012年)がイン有利の馬場で行われる場合には脚を余す可能性が高まる。

その場合は評価を落とすべきとも競馬理論では判断している。

コスモロビン、フェイトフルウォー、ケイアイドウソジン及びマイネルキッツは、日経賞の見所のないレース内容から、第145回天皇賞・春(2012年)で好走する可能性は低い。

大阪杯(2012年)組からは、3着のトーセンジョーダン(岩田康)及び4着のローズキングダム(後藤)が第145回天皇賞・春(2012年)に出走する。

トーセンジョーダンの大阪杯(2012年)の2着は、超スローペースでの逃げによるものであり、レース内容としての価値は低いが、休み明けだった上に58キロで不得意な瞬発力勝負と見れば同情の余地もある。

またトーセンジョーダンは、2011年秋のG1戦線では展開に恵まれたとは言えども、天皇賞・秋での1着、ジャパンカップでの2着の成績が示すように、競馬が上手で崩れない。

よって第145回天皇賞・春(2012年)においても、トーセンジョーダンにはそれなりの高い評価を与えるべきである。

特に第145回天皇賞・春(2012年)がイン有利の馬場で行われるようであれば、トーセンジョーダンの自在性が生かせるので、好走の可能性が高まるとも競馬理論では判断している。

一方、ローズキングダムの大阪杯(2012年)の4着は、



特別に見所のあるレース内容でもなかったが、去年の秋の不振時よりもレース内容は上昇している。

よって第145回天皇賞・春(2012年)、ジャパンカップ馬ローズキングダムにも少し注意を払うべきと競馬理論では判断している。

以上のように、競馬理論は、第145回天皇賞・春(2012年)に出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第145回天皇賞・春(2012年)の最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第145回天皇賞・春(2012年)の予想をお楽しみに。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください