14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 天皇賞・春 > ジャガーメイルが悲願のG1制覇
2010/05/02
予想屋マスター
回顧録

天皇賞・春 -G1- 京都競馬場/芝外3200m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:1億3200万円

2010年天皇賞・春 ジャガーメイルが悲願のG1制覇

第141回天皇賞・春の結果は、2番人気のジャガーメイル(ウィリアムズ)の勝利で幕を閉じた。

競馬理論は、去年の天皇賞・春の内容がいいジャガーメイルに高い評価を与えていたが、本命にすることはできなかった。

レースでは、ジャガーメイルは、中段の馬込みの中を進み、2週目の3コーナー過ぎから徐々に進出した。

そして、ジャガーメイルは、直線に入るとマイネルキッツに一旦は突き放されたように見えたが、一完歩ずつ差を詰めて、第141回天皇賞・春の結果を制覇した。

ジャガーメイルの第141回天皇賞・春の結果の勝利は、スローの2番手という絶好の展開に恵まれたマイネルキッツを差し切り、更には3着以下を5馬身ちぎってのものであり、完勝といっていいだろう。

よって、今後のG1戦線においても、第141回天皇賞・春の結果組の中では、ジャガーメイルに常に最上位の評価を与えるべきと競馬理論では判断している。一方、去年の天皇賞・春馬マイネルキッツ(松岡)は、2着止まりであった。

マイネルキッツは、スローペースの2番手と言う絶好位から競馬を進めると、2週目の4コーナーで早めに先頭に立ち、そのまま押し切るかにも思えたが、ゴール前でジャガーメイルに差されてしまい、2着に敗れてしまった。

マイネルキッツの第141回天皇賞・春の結果の2着は、スローペースを見越して2番手に導いた松岡騎手の好騎乗によるものだが、3着以下を5馬身も離しており、国内の長距離戦線ではトップクラスの能力を証明した。

よって、今後も、長距離重賞戦線では、マイネルキッツにも常に高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

一方、15番人気のメイショウドンタク(武幸四郎)が3着に入り、波乱を演出した。

メイショウドンタクは、5番手の外からレースを進め、2週目の3コーナー過ぎからポジションを上げて、マイネルキッツの背後に浮上したが、直線では突き放されてしまい、3着に粘り込むのが精一杯であった。

メイショウドンタクの第141回天皇賞・春の結果の3着は、前残りの展開を早めに仕掛けた武幸四郎騎手の好騎乗によるものであり、上位2頭から大きくはなされている点をも考慮すると、着順ほど高い評価に値しない。

よって、この結果より今後の重賞戦線において、天皇賞3着の実績だけで過剰に人気になるようであれば、メイショウドンタクを過信すべきでないと競馬理論では判断している。

一方、競馬理論が本命に予想したナムラクレセント(小牧太)は、4着に敗れてしまった。

ナムラクレセントは、小牧騎手が上手く馬群の内側に入れたものの、終始折り合いを欠き、それが影響してゴール前でいい脚を使えずに、4着止まりであった。

ナムラクレセントの第141回天皇賞・春の結果の4着は、折り合いを欠いたことを考慮すれば悲観すべき内容ではないが、上位2頭とは能力的に差があったのも事実である。

よって、ナムラクレセントは、G2やG3でこそ通用するが、一線級が揃うG1で勝ちきるには現時点で力不足と競馬理論では判断している。

以上のように、第141回天皇賞・春の結果は、ジャガーメイルの快勝で幕を閉じた。

しかしながら、第141回天皇賞・春の結果は、メイショウドンタクが3着に入ったことからも分かるように、G1にしては低調なメンバー構成だった感も否めない。

よって、この結果より今後のG1戦線、ジャガーメイル及びマイネルキッツにはそれなりの高い評価が必要だが、3着以下の馬には高い評価を与える必要はないと競馬理論では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>