14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 天皇賞・春 > 第137回天皇賞・春

2008年天皇賞・春「第137回天皇賞・春」

2008/05/04 UP
by 予想屋マスター
回顧録

天皇賞・春 -G1- 京都競馬場/芝外3200m 右
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:1億3200万円

第137回天皇賞・春の結果は、1番人気のアサクサキングスが3着に敗れてしまったものの、3番人気のアドマイヤジュピタ(岩田)及び2番人気のメイショウサムソン(武豊)の上位人気馬同士で結果が出た。

第137回天皇賞・春の結果で古馬のチャンピオンとなったのは、アドマイヤジュピタである。

アドマイヤジュピタは、スタートで2馬身ほど出遅れてしまい、後方の外からの競馬となってしまったが、折り合いを重視して脚をタメた。

そして、第137回天皇賞・春の結果は、アドマイヤジュピタは、メイショウサムソンをマークするように、2週目の坂の下りから徐々に進出し、直線に向くと素早く先頭に立って後続を突き放した。

その後、アドマイヤジュピタは、メイショウサムソンに差し返されて詰め寄られたものの、何とか頭差だけ凌ぎ切って、第137回天皇賞・春の結果を制した。

アドマイヤジュピタの第137回天皇賞・春の結果の勝利は、スタートで出遅れたにもかかわらず4コーナー早め先頭で押し切る横綱競馬でのものであり、内容的には完勝だろう。

よって、今後の古馬G1戦線においても、アドマイヤジュピタを重視して予想すべきと競馬理論では判断している。

天皇賞3連覇を狙ったメイショウサムソンは、2着に敗れてしまった。

メイショウサムソンは、中段の外からレースを進めて、2週目の坂の下りから外目を進出して先頭に並びかけたが、更に外からアドマイヤジュピタにあっさりと抜かれてしまった。

しかしながら、メイショウサムソンは、直線半ばから差し返してアドマイヤジュピタに迫ったが、頭差だけ届かず2着に敗れてしまった。

メイショウサムソンの第137回天皇賞・春の結果の2着は、直線で一旦離されたアドマイヤジュピタにゴール前で迫ってのものであり、内容的には大きな差はない。

よって、メイショウサムソンは、有馬記念及び産経大阪杯の不可解な敗戦から、復調なったと見ていいだろう。

ただし、完全復調というためには、4コーナーで追われてからの反応の悪さを修正する必要があるだろう。

しかしながら、第137回天皇賞・春の結果において、メイショウサムソンは底力の高さを改めて示したので、今後の古馬G1戦線においてもメイショウサムソンが好走する可能性は高いと競馬理論では判断している。

1番人気のアサクサキングスは、3着に敗れてしまった。

アサクサキングスは、道中3番手の外目を追走して、3コーナー過ぎからロングスパートをかけるいつのも競馬で勝利を狙ったが、アドマイヤジュピタ及びメイショウサムソンに早めに交わされてしまい3着に敗れてしまった。

アサクサキングスの第137回天皇賞・春の結果の3着は、アドマイヤジュピタ及びメイショウサムソンに2馬身以上の差をつけられてのものであり、現時点における実力だろう。

4歳牡馬トップクラスのアサクサキングスが第137回天皇賞・春の結果で力負けの3着であったことから、今年の4歳牡馬世代のレベルが低いことを改めて露呈してしまった。


よって、今後の重賞戦線においても、レベルの低い4歳牡馬世代に高い評価を与えるべきではないと競馬理論では判断している。

以上のように、第137回天皇賞・春の結果では、アドマイヤジュピタが古馬中長距離界の新星として浮上した。

アドマイヤジュピタは、キャリア13戦目で初のG1挑戦での天皇賞制覇であり、今後のG1戦線でも非常に楽しみな存在となった。

また、アドマイヤジュピタの第137回天皇賞・春の結果の勝利内容にしても、出遅れて早め先頭の横綱競馬でのものであり圧巻の内容であった。

よって、今後の古馬中長距離のG1戦線は、アドマイヤジュピタを中心に動いていく可能性が高い。

競馬理論のファンの方は、今後のレースにおいても、アドマイヤジュピタに大いに注目して欲しい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください