14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 天皇賞・秋 > 第138回天皇賞・秋
2008/11/02
予想屋マスター
回顧録

天皇賞・秋 -G1- 東京競馬場/芝2000m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:1億3200万円

2008年天皇賞・秋 第138回天皇賞・秋

第138回天皇賞・秋の結果は、1番人気のウオッカ(武豊)が1着、2番人気のダイワスカーレット(安藤勝)が2着、3番人気のディープスカイ(四位)が3着と人気どおりの結果となり馬券的には面白くなかったが、歴史に残る名勝負となった。

その第138回天皇賞・秋の結果を制したのは、去年のダービー馬のウオッカである。

ウオッカは、14番枠からスタートを切ると、馬の行く気に任せて7~8番手の外目からレースを進めた。

そして、第138回天皇賞・秋でウオッカは、直線で武豊騎手に追い出されると、一旦は抜け出して完勝するかのようにも見えたが、ダイワスカーレット及びディープスカイに差し返され、ダイワスカーレットと鼻面を並べたところでゴールを迎えた。

そして、長い写真判定の結果、ウオッカは、ダイワスカーレットに2cmだけ先着しており、第138回天皇賞・秋の結果を制覇した。

ウオッカの第138回天皇賞・秋の結果の勝利は、馬群に包まれないように終始外目を追走する横綱競馬でのものであり、さすがの内容といっていいだろう。

よって、次走以降で出走が予定されているジャパンカップ及び有馬記念においても、ウオッカには本命級のかなり高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

第138回天皇賞・秋の結果の2着には、ダイワスカーレットが粘り込んだ。

ダイワスカーレットは、スタート直後にキングストレイル(北村)、向こう正面からはトーセンキャプテン(ペリエ)につつかれる展開となってしまい、1000m通過58秒7の平均より速いペースで逃げを打った。

そして、ダイワスカーレットは、直線の坂の途中で一旦はウオッカ及びディープスカイに交わされたが、そこから差し返して、ウオッカと並んでゴールした。

ダイワスカーレットの第138回天皇賞・秋の結果の2着は、直線で一旦交わされながらも差し返して2cmだけウオッカに敗れたものであって、休み明け及び速いペースで逃げる展開をも考慮すると、レース内容的にはウオッカを上回る。

よって、ジャパンカップや有馬記念、ダイワスカーレットに、ウオッカと互角又はそれ以上の評価を与えるべきである。

特に、ダイワスカーレットは、安定した先行力を備えるので、先行馬が少ないメンバー構成やインが有利な馬場でのレースでは、ウオッカに先着する可能性が高いと競馬理論では判断している。

今年のダービー馬ディープスカイは、3着に敗れてしまった。

ディープスカイは、ウオッカと並んだ位置からレースを進め、直線でもウオッカと馬体を併せて追い込んだが、ウオッカ及びダイワスカーレットに僅かながら遅れてしまい、3着が精一杯であった。

ディープスカイの第138回天皇賞・秋の結果の3着は、強い4歳牝馬の2頭に勝ちに行く競馬でのものであり、成長途上の3歳馬ということを考慮すると、立派の一言に尽きる。

今年の3歳牡馬世代は、ディープスカイを除き古馬の重賞戦線で殆ど通用しておらず、低レベルな世代であるが、ディープスカイだけは、古馬の一線級相手でも通用することを示した。

よって、ジャパンカップや有馬記念において、今後の成長力と展開次第では、ディープスカイが、ウオッカ及びダイワスカーレットを逆転してもおかしくはないと競馬理論では判断している。

第138回天皇賞・秋の結果では、11番人気のカンパニー(横山典)が4着に、8番人気のエアシェイディ(後藤)が5着に追い込んだ。

ウオッカ、ダイワスカーレット及びディープスカイの上位3頭は自ら勝ちにいく競馬で好走したのに対し、カンパニー及びエアシェイディは、ラチ沿いで待機し、直線でも仕掛けを遅らせることよって、漁夫の利を狙ったが、掲示板が精一杯であった。

つまり、カンパニー及びエアシェイディの第138回天皇賞・秋の結果の好走は、展開及びコース取りに恵まれてのものであって、上位3頭とは着差以上の能力差がある。

よって、今後の重賞戦線において、カンパニー及びエアシェイディが、第138回天皇賞・秋の結果の上位3頭を逆転する可能性はかなり低いと競馬理論では判断している。

以上のように、第138回天皇賞・秋の結果は、歴史に残る名勝負となったが、見た目だけじゃなく、1分57秒2の時計及び内容ともに素晴らしいレースとなった。

よって、第138回天皇賞・秋の結果の上位3頭のウオッカ、ダイワスカーレット及びディープスカイは、今後のG1戦線でも中心となっていく可能性が高い。

競馬理論のファンの方は、ジャパンカップや有馬記念においても、ウオッカ、ダイワスカーレット及びディープスカイの3頭に大いに注目して欲しい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>