14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 天皇賞・秋 > 第132回天皇賞・秋

2005年天皇賞・秋「第132回天皇賞・秋」

2005/10/30 UP
by 予想屋マスター
回顧録

天皇賞・秋 -G1- 東京競馬場/芝2000m 左
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:1億3200万円

第132回天皇賞・秋の結果は、牝馬のヘヴンリーロマンス(松永幹夫)が勝利して、大穴結果となった。このような大穴結果となった原因は、超スローペースの展開に尽きる。第132回天皇賞・秋の結果は、1000mを1分1秒8、1400mを1分25秒5というラップで通過した。これは、この日の馬場状態を考えると、条件クラスでもスローペースである。つまり、第132回天皇賞・秋の結果は、超スローペースでレースが進んだので、どの馬でも走れる時計の結果となった。

これによって、第132回天皇賞・秋の結果は、実質的にラスト3ハロンだけの競馬となった。これは、レースの上がり3ハロンが33.5秒だったことからも分かる。レースの上がりが速くなると、先行馬が有利になる。更に、無駄な距離を走った馬は、間違いなく届かない。その結果、インを突いた牝馬二頭(ヘヴンリーロマンス及びダンスインザムード)が好走した。

勝ったのは、ヘヴンリーロマンスである。ヘヴンリーロマンスは、内枠が有利の府中2000mを生かし、中段のインを確保した。第132回天皇賞・秋の結果は、ヘヴンリーロマンスは、そのまま直線に向き、前が開くとインを突いて追い込んだ。そして、第132回天皇賞・秋の結果でヘヴンリーロマンスは、抜け出したゼンノロブロイをゴール前で捕らえて優勝した。第132回天皇賞・秋の結果のヘヴンリーロマンスは、今までの重賞でも、ラチ沿いを走ると能力を発揮する。第132回天皇賞・秋の結果で競馬理論は、ヘヴンリーロマンスが1枠を引いたので、馬券の対象になるかどうかを検討した。第132回天皇賞・秋の結果は、ヘヴンリーロマンスは、去年の暮れに安田記念勝ちのアサクサデンエンに快勝しており、第132回天皇賞・秋の結果でも通用する可能性があると判断していた。しかし、他の人気馬に印を回してしまった結果、ヘヴンリーロマンスを無印にしてしまった。競馬理論は、外枠の人気馬を軽視することも考えていたが、結果的に展開よりも馬の能力を重視してしまった。

ヘヴンリーロマンスの第132回天皇賞・秋の結果の好走は、展開に恵まれての結果である。ヘヴンリーロマンスは、第132回天皇賞・秋の結果馬となったので、次走以降も牡馬とのG1を使うことになると思うが、牡馬とのG1では今後通用しない可能性が高い。しかし、ヘヴンリーロマンスが、内枠を引いた時だけは抑え程度の評価が必要である。

第132回天皇賞・秋の結果は、2着は、ゼンノロブロイ(横山典弘)であった。ゼンノロブロイは、外を回って好走した唯一の馬である。第132回天皇賞・秋の結果は競馬理論で、圧倒的な能力の高さから海外遠征帰りでも問題ないと判断して、ゼンノロブロイを本命とした。

ゼンノロブロイは、レースでは、好位の外を追走し、直線でも外に出す横綱競馬で勝ちにいった。その結果、ゼンノロブロイは、ゴール前で、ヘヴンリーロマンスにインから出し抜けを食らって、2着に敗れた。しかし、競馬理論は、今回の第132回天皇賞・秋の結果で改めてゼンノロブロイの能力の高さを確認した。ゼンノロブロイが、古馬の最強馬であることは疑う余地がなくなった。これによって、ゼンノロブロイとディープインパクトとの戦いが楽しみになった。

第132回天皇賞・秋の結果の3着は、ダンスインザムード(北村宏)であった。ダンスインザムードは、好スタートを決めて、インの3番手に潜り込んだ。そして、ダンスインザムードは、4コーナでインを突いて、抜け出した。このとき、競馬理論では、ダンスインザムードの勝利と判断した。しかし、ダンスインザムードは、まだ復調途上の分、ゴール前二頭に差されてしまったが、見せ場たっぷりのレースであった。但し、ダンスインザムードの好走は、北村宏騎手の好騎乗及び展開によるものが大きい。

ダンスインザムードは、今回の第132回天皇賞・秋の結果の好走で次走以降も人気になると思われる。しかし、ダンスインザムードは、気難しい馬であり能力を発揮出来ないレースも多いので、競馬理論は次走以降押さえ程度の評価にとどめる。

他に注目すべきレースをしたのは、スイープトウショウ(池添謙一)である。スイープトウショウは、終始大外を回らされたので、5着に敗れた。しかし、スイープトウショウの内容は、ゼンノロブロイに続く好内容であった。スイープトウショウの次走以降のレースに注目が必要と競馬理論は判断している。

この展開で、最も好走しなければならないのは、2番手を走ったタップダンスシチーである、しかし、タップダンスシチーは、見せ場なく敗れてしまった。タップダンスシチーは、既に往年の力を発揮出来ない状態である。そのため、タップダンスシチーは、今後馬券になる可能性が極めて低い。

第132回天皇賞・秋の結果は、古馬の最強馬がゼンノロブロイということを改めて確信するレースとなった。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください