予想屋マスターの競馬予想「競馬を投資にする予想」

ゲストさん(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > 七夕賞 > 七夕賞2018の回顧|3連単256万馬券の大波乱

七夕賞 『七夕賞2018の回顧|3連単256万馬券の大波乱』

レース回顧録

優勝馬: メドウラーク 優勝騎手: 丸田恭介

七夕賞(2018年)は、人気馬が総崩れとなり、3連単256万馬券という大波乱の決着となった。
その波乱の七夕賞(2018年)を制したのは、単勝100.8倍11番人気のメドウラーク(丸田恭介)であった。
競馬理論の競馬予想では、近走の見所のないレース内容から、メドウラークに高い評価を与えることはできなかった。

 

メドウラーク

レースでは、メドウラークは、後方2番手を進んだ。
そして、メドウラークは、3コーナー過ぎから徐々にポジションを上げ、直線ではマイネルサージュとの叩き合いを制して、七夕賞(2018年)を勝利した。
メドウラークの七夕賞(2018年)の勝利という結果は、弱いメンバー構成、最内と大外が伸びる馬場状態、ハイペースの前崩れの展開とすべての条件がハマったものである。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、七夕賞馬メドウラークに高い評価は不要である。

 

マイネルサージュ

一方、七夕賞(2018年)では、4番人気のマイネルサージュ(津村明秀)が2着に追い込んだ。
マイネルサージュは、最後方をポツンと一頭で追走し、3コーナー過ぎから外を回って追い上げ、直線でも大外から脚を伸ばしたが、メドウラークに伸び負け、2着止まりであった。
マイネルサージュの七夕賞(2018年)賞の2着という結果は、ハンデ差1キロ分だけ届かなかったが、メドウラークと同様に全てに恵まれたものであり、レース内容としての価値は高くない。
よって、今後の重賞戦線においてマイネルサージュが再度好走するためには、前崩れの展開など条件にかなり恵まれる必要がある。

 

パワーポケット

一方、七夕賞(2018年)では、12番人気のパワーポケット(江田照男)が3着に入った。
パワーポケットは、中団のインを進み、直線でも最内を突いてジリジリと脚を伸ばして、3着を確保した。
パワーポケットの七夕賞(2018年)の3着という結果は、最内一頭分だけ伸びる馬場状態を最大限に生かしたものであり、レース内容としての価値は低い。
よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、パワーポケットにも高い評価は不要である。

 

以上のように、七夕賞(2018年)は、メドウラークの勝利で幕を閉じ、大波乱の決着となった。
なお、七夕賞(2018年)は、最内と大外が伸びる馬場状態、ハイペースの前崩れの展開が結果に大きな影響を与えたものであり、展開次第で着順が大きく入れ替わりそうである。
競馬理論のファンの方は、このことを頭にいれて、次走以降における七夕賞(2018年)組の評価を下して頂きたい。

今週のレース分析記事を読む

競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)
友だち追加

「レース回顧録」をもっと読む