14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 七夕賞 > キャプテントゥーレが皐月賞と同じ条件で逃げきるか?
2012/07/02
予想屋マスター

出走日:2012年07月08日(日)
七夕賞 -G3- 福島競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:4000万円

2012年七夕賞 キャプテントゥーレが皐月賞と同じ条件で逃げきるか?

今週のメインレースは、サマー2000シリーズ第1戦の第47回七夕賞である。 第47回七夕賞は、福島コースではなく、中山コースで行われる上に、中心馬不在のハンデ戦ということもあり、大混戦が予想される。

そこで、第47回七夕賞の競馬理論の競馬予想は、第47回七夕賞に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。 ルーラーシップが衝撃的な圧勝劇を披露した金鯱賞組からは、2着のキャプテントゥーレ(小牧太)、9着のサンライズベガ(北村宏)、11着のエーシンジーライン(田辺)及び12着のアドマイヤメジャー(上村)が第47回七夕賞に出走する。

キャプテントゥーレの金鯱賞の2着は、ルーラーシップにこそ敗れたものの、宝塚記念馬のアーネストリーに先着しており、レース内容としては悪くない。また、キャプテントゥーレは、同じ中山2000mの皐月賞を制しているように、第47回七夕賞の舞台は得意でもある。

よって、第47回七夕賞、トップハンデを考慮しても、キャプテントゥーレに本命級の高い評価を与えるべきと第47回七夕賞の競馬理論の競馬予想では判断している。 一方、サンライズベガ、エーシンジーライン及びアドマイヤメジャーは、金鯱賞の見所のないレース内容だけを見れば、第47回七夕賞で通用する可能性は低い。

ただし、サンライズベガ及びアドマイヤメジャーの金鯱賞の惨敗は、道悪で脚を殺されたものであり、度外視することもできる。
そこで、それ以前のレースを振り返る。

サンライズベガは、ローカルのG3上位争いの常連で、中山コースならば先行力を生かしての粘り込みが可能である。

アドマイヤメジャーは、今年に入っての2戦の内容が酷過ぎるが、去年のアンドロメダステークスを圧勝したレース内容だけ走れば重賞でも互角以上の走りが可能である。

よって、第47回七夕賞、金鯱賞惨敗組のサンライズベガ及びアドマイヤメジャーに押さえ程度の評価は与えるべきと第47回七夕賞の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、エプソムカップ組からは、6着のダンツホウテイ(横山典)、7着のアニメイトバイオ(後藤)及び9着のマッハヴェロシティ(宮崎)が第47回七夕賞に出走する。 ダンツホウテイ、アニメイトバイオ及びマッハヴェロシティは、エプソムカップのレース内容では厳しい競馬になると判断せざるをえない。

しかしながら、ダンツホウテイは、近2走で先行する競馬を横山騎手に教え込まれており、この先行力が中山コースで生きてくる可能性がある。

よって、第47回七夕賞、逃げるキャプテントゥーレの直後のインを走れるようであれば、ダンツホウテイも好走可能と第47回七夕賞の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、アニメイトバイオは、ローズステークス及び秋華賞でアパパネと互角の競馬をした内容だけ走れば差はない。

よって、第47回七夕賞去年の秋の体調に戻るかどうかで、アニメイトバイオの取捨を決定すべきと第47回七夕賞の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、夏至ステークスからは、2着のオペラブラーボ(大野)、5着のダイシンプラン、6着のデストラメンテ及び11着のロードキャニオンが第47回七夕賞に出走する。

オペラブラーボの夏至ステークスの2着は、8枠14番の発走から好位のインに潜り込ませてコースロスのない競馬をさせた後藤騎手の好騎乗によるものであり、3着以下を大きく離したほどの力があるわけではない。

よって、第47回七夕賞オペラブラーボを、夏至ステークスの2着で完全復調なったと判断すべきでないと第47回七夕賞の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ダイシンプラン、デストラメンテ及びロードキャニオンは、夏至ステークスの見所のないレース内容から、更にメンバーが強化する第47回七夕賞で通用する可能性は低い。

一方、新潟大賞典組からは、5着のシャドウゲイト(田中勝)及びタッチミーノット(三浦)が第47回七夕賞に出走する。

シャドウゲイトの新潟大賞典の5着は、マイペースでの逃げによるものだが、58キロを背負った上に直線の長い新潟コースであったことを考慮すると、悲観すべき内容ではない。

しかしながら、シャドウゲイトは馬群に包まれるとまったく能力を出しきれないので、キャプテントゥーレが逃げを打ちそうな第47回七夕賞、外枠を引いたときにだけ、シャドウゲイトに少し注意を払えば十分と第47回七夕賞の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、タッチミーノットは新潟大賞典の内容こそ見所がなく残念だが、前々走の産経大阪杯において天皇賞馬ヒルノダムール、エプソムカップを圧勝したダークシャドウ、日本ダービー馬エイシンフラッシュあたりと1馬身差で走っており、単純なメンバー比較では互角以上の評価を与えることができる。

ただし、タッチミーノットの産経大阪杯の6着は、中団の内目をコースロスなく走ってのものなので、上位とは着差以上の開きがあった。

よって、第47回七夕賞産経大阪杯の時のように好位のインで無駄な距離を走らない競馬ができれば、タッチミーノットの巻き返しの可能性が高まると第47回七夕賞の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、別路線組では、イタリアンレッド(中舘)、キングトップガン、コスモファントム(松岡)及びマゼラン(蛯名)が注目される。

イタリアンレッドは、牝馬同士で通用しない競馬を繰り返しているように見えるが、いずれも不向きな展開で脚を余しているので、能力的には遜色ない。

よって、第47回七夕賞前潰れの展開にさえなれば、イタリアンレッドが穴を演出してもおかしくないと第47回七夕賞の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、キングトップガンはG2の目黒記念を制した直後の出走であり、実績的には上位である。

しかしながら、キングトップガンの目黒記念の勝利は、51キロの軽ハンデとG2にしては冴えないメンバー構成に恵まれたものである。

よって、第47回七夕賞キングトップガンに、目黒記念馬ほどの高い評価は不要と第47回七夕賞の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、コスモファントムは中山金杯を制しているように、同じ中山2000mで行われる第47回七夕賞では休み明けでも要注目である。

ただし、コスモファントムの中山金杯の勝利は、インの3番手の絶好位を走ってのものであり、レース内容としての価値は高くない。

よって、第47回七夕賞、コスモファントムに押さえ程度の評価を与えれば十分と第47回七夕賞の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、マゼランは、

1年振りの出走となった尼崎ステークスを制した事自体には高い評価を与える必要があるが、尼崎ステークスは超スローペースの行ったきりの競馬を2番手から抜け出す展開に恵まれたものであり、過大評価は禁物である。

よって、第47回七夕賞、マゼランの未知の魅力には敬意を表しつつも、過剰に人気になるようであれば押さえ程度にとどめるのも一つの手と第47回七夕賞の競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、第47回七夕賞の競馬理論の競馬予想は、第47回七夕賞に出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、枠順、展開、ハンデ、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第47回七夕賞の最終的な予想を決断する。 第47回七夕賞の競馬理論の競馬予想のファンのかたは、第47回七夕賞の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>