14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 宝塚記念 > リスグラシューが牡馬相手に楽勝

2019年宝塚記念「リスグラシューが牡馬相手に楽勝」

2019/06/27 UP
by 予想屋マスター
回顧録

宝塚記念 -G1- 阪神競馬場/芝2200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:1億5000万円

宝塚記念(2019年)では、5歳牝馬リスグラシュー(レーン)が牡馬の一線級を寄せ付けずに快勝し、2つ目のG1制覇で幕を閉じた。

 

競馬理論の競馬予想では、前残りの競馬でも唯一外から追い込んだ金鯱賞の強い内容から、牡馬の一線級相手でも通用すると判断し、リスグラシューにもかなり高い評価を与えていた。

 

レースでは、リスグラシューは、スローペースを見越したレーン騎手の好判断により、2番手で1コーナーへ入った。 そして、リスグラシューは、直線に入ってキセキとの一騎打ちに持ち込むと、坂下で抜け出し、宝塚記念(2019年)を制覇した。

 

リスグラシューの宝塚記念(2019年)の勝利という結果は、スローで2番手を確保させたレーン騎手の好判断によるものだが、牡馬の一線級相手に3馬身もの差をつけたことは立派である。

 

よって、今後のG1戦線の競馬予想においても、牡馬相手であっても、リスグラシューにかなり高い評価を与えて当然である。

 

一方、宝塚記念(2019年)で1番人気に推されたキセキ(川田将雅)は2着止まりであった。 競馬理論の競馬予想では、1枠を引いた上に先行馬不在のメンバー構成を考慮し、キセキを本命とした。

 

レースでは、キセキは行き脚がイマイチだったものの、川田将雅騎手に気合をつけられて先手を取った。そして、キセキは、馬なりのまま直線に向いたが、リスグラシューには簡単に交わされてしまい、2着止まりであった。

 

キセキの宝塚記念(2019年)の2着という結果は、リスグラシューにこそ力負けであったが、交わされてからもしぶとく脚を使って2着を確保したことは立派である。

 

よって、今後のG1戦線の競馬予想においても、楽に先行できる展開や前が止まりにくい馬場の場合には、キセキに常に高い評価を与えるべきである。

 

一方、宝塚記念(2019年)では、6番人気のスワーヴリチャード(ミルコ・デムーロ)が3着に入った。

 

スワーヴリチャードは、外枠からの発走だったが、3~4番手の外目を進んだ。 そしてスワーヴリチャードは、直線で上位2頭にこそ離されてしまったが、バテずに脚を使って、3着を確保した。た。た。

 

スワーヴリチャードの宝塚記念(2019年)の3着という内容は、復調をうかがわせる内容であったことも確かだが、前残りの流れを先行する展開に恵まれたことも確かである。

 

よって、今後のG1戦線の競馬予想においては、スワーヴリチャードが好走するためには展開などの助けが必要と判断すべきである。

 

以上のように、宝塚記念(2019年)は、リスグラシューの強さだけが目立つ一戦となった。競馬理論のファンの方は、リスグラシューの今後の走りにも大いに期待して頂きたい。

 


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください