14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 宝塚記念 > ディープスカイが日本ダービー以来のG1制覇なるか?
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
宝塚記念 -G1- 阪神競馬場/芝2200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:1億5000万円

2012年宝塚記念 ディープスカイが日本ダービー以来のG1制覇なるか?

今週のメインレースは、春のグランプリレースの第50回宝塚記念である。第50回宝塚記念は、ファン投票でダントツ1位の得票を集めた最強牝馬ウオッカの回避により、春の頂上決定戦にしては寂しいメンバー構成となった。

その第50回宝塚記念では、去年の日本ダービー馬ディープスカイ(四位)が押し出される形で断然人気となりそうである。ディープスカイは、古馬になって、大阪杯、安田記念と2着続きである。しかしながら、ディープスカイの大阪杯の2着は、休み明けで59キロの斤量を背負いながらも、出し抜けを食らわせたドリームジャーニーをゴール前で差し返す脚を披露しており、2着といえども悲観すべき内容ではない。 また、ディープスカイの安田記念の2着は、3着以下には1馬身以上の差をつけており、 ウオッカ以外であれば能力が上であることを示した。 よって、ウオッカ不在の第50回宝塚記念、ダービー馬ディープスカイが人気の通り主役になる可能性が高いと第50回宝塚記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、天皇賞・春組からは、1着のマイネルキッツ(松岡)、2着のアルナスライン(蛯名)、3着のドリームジャーニー(池添)、12着のモンテクリスエス(安藤勝)、14着のスクリーンヒーロー(横山典)及び16着のコスモバルク(津村)が第50回宝塚記念に出走を予定している。マイネルキッツは、天皇賞・春の勝利は、終始無駄な距離を走らせなかった松岡騎手の好騎乗及び天皇賞にしてはかなり低調なメンバー構成に恵まれたものであり、レース内容としての価値は低い。 よって、第50回宝塚記念、天皇賞馬というだけで人気となるマイネルキッツを押さえ程度の評価にとどめるべきである。ただし、第50回宝塚記念は馬場が荒れていない阪神の2週目に行われるので、イン有利な馬場状態が続くようであれば、無駄な距離を走らせない松岡騎手の騎乗を加味して、マイネルキッツにそれなりの評価を与えるべきと第50回宝塚記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、アルナスラインの天皇賞・春の2着は、4コーナーで外に出す正攻法の競馬で勝ちに行ってのものであり、勝ったマイネルキッツとの差はコース取りの差でしかなく、レース内容的にはマイネルキッツを上回る。 よって、第50回宝塚記念、マイネルキッツよりもアルナスラインに高い評価を与えるべきと第50回宝塚記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ドリームジャーニーの天皇賞・春の3着は、いつもよりも早めの仕掛けで終始外を回らされてのものであり、レース内容的には悪くない。また、ドリームジャーニーは、大阪杯で斤量差に恵まれたとはいえ、ダービー馬ディープスカイをも破っており、充実期を迎えている。 よって、第50回宝塚記念、天皇賞組で距離短縮が最も有利に働きそうなドリームジャーニーにも2着候補の評価は与えるべきである。ただし、第50回宝塚記念は先行馬が非常に少ないので、追い込み一手のドリームジャーニーが人気になるようであれば、押さえ程度にとどめるのが妥当とも第50回宝塚記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、天皇賞・春で12着のモンテクリスエス及び16着のコスモバルクは、見せ場すらなかった上に、実績的にも見劣っているので、第50回宝塚記念で好走するのは難しいだろう。

一方、天皇賞・春で14着のスクリーンヒーローは、まったく見せ場なく敗れてしまったが、去年のジャパンカップ馬であり、実績的には上である。更に、スクリーンヒーローは、先行力もあるので、先行馬不在のこのメンバーで早め先頭の競馬をすれば、第50回宝塚記念で巻き返しを果たしてもおかしくはない。 よって、第50回宝塚記念、ジャパンカップ馬スクリーンヒーローの巻き返しに要注意と第50回宝塚記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、金鯱賞組からは、1着のサクラメガワンダー(福永祐一)、5着のスマートギア(武豊)及び6着のインティライミ(佐藤哲)が第50回宝塚記念に出走を予定している。サクラメガワンダーは、去年の鳴尾記念以降、1着、2着、1着と充実期を迎えている。特に、サクラメガワンダーの前走の金鯱賞の勝利は、中京競馬場の小回りを意識して早め先頭で押し切る横綱競馬でのものであり、人気になるのも当然といえる。 しかしながら、金鯱賞は、2着がピークを過ぎたシャドウゲイト、3着が準オープンを勝ち上がったばかりのホワイトピルグリムであったように、非常に低レベルな一戦であった。よって、第50回宝塚記念、低調なメンバーに恵まれた好走だけで人気になるサクラメガワンダーに押さえ程度の評価を与えれば十分と第50回宝塚記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、スマートギアは、本格化さえすれば重賞でも通用する素質馬だが、現時点のG1では荷が重いといわざるを得ない。スマートギアならば、11ヶ月ぶりの金鯱賞で大きく負けていないインティライミを上位に取り上げるべきであろう。インティライミは、去年の宝塚記念でも、インの3番手から3着に好走しているように、第50回宝塚記念においても、すんなりと先行できる展開になれば大穴候補になりうると第50回宝塚記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、別路線組では、カンパニー(岩田)及びアドマイヤフジ(川田)に注目すべきである。カンパニーは、重賞6勝の実績が示すように、一線級が少ない第50回宝塚記念ならば通用可能である。 それを証明するように、カンパニーは、去年の天皇賞・秋において、ディープスカイとハナ差の接線を演じている。 よって、第50回宝塚記念においても、展開さえ嵌れば、カンパニーがディープスカイと互角の競馬をしてもおかしくないと第50回宝塚記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、アドマイヤフジは、過去の実績から見る限り、実力的にはG1では厳しいといわざるを得ない。しかしながら、第50回宝塚記念、アドマイヤフジの単騎逃げとなる公算が高い。 よって、展開利を生かしてのアドマイヤフジの逃げ込みには要注意と第50回宝塚記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、第50回宝塚記念の競馬理論の競馬予想は、第50回宝塚記念に出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第50回宝塚記念の最終的な予想を決断する。第50回宝塚記念の競馬理論の競馬予想のファンの方は、第50回宝塚記念の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>