14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 宝塚記念 > 第47回宝塚記念
2006/06/25
予想屋マスター
回顧録

宝塚記念 -G1- 阪神競馬場/芝2200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:1億5000万円

2006年宝塚記念 第47回宝塚記念

第47回宝塚記念は、ディープインパクト(武豊)及びナリタセンチュリー(田島)で結果が出た。第47回宝塚記念の競馬理論の結果の特集記事でも述べたように、大本線で結果し私の予想が見事的中した。 ディープインパクトは、唯一心配された重馬場にもかかわらず、結果横綱競馬で差しきった。ディープインパクトは、結果本当に強い馬であれば展開及び馬場に左右されることがないことを実証してみせた。 秋には凱旋門賞が最大目標となるようであるが、ディープインパクトは、結果凱旋門賞でも好勝負する可能性が極めて高いと判断している。 2着には、第47回宝塚記念の競馬理論の結果が穴馬として予想していたナリタセンチュリーが飛び込んだ。ナリタセンチュリーは、結果京都大章典で全盛期のゼンノロブロイを差し切っている実力の持ち主である。更に、ナリタセンチュリーのジャパンカップは、外が不利だった馬場で唯一外を回っての好走で、着順以上の評価が必要であった。 よって、ナリタセンチュリーが、G1の宝塚記念で好走しても何ら不思議はない。競馬新聞の解説者等は、重馬場に恵まれたと解説しているようであるが、第47回宝塚記念の競馬理論の結果は、ナリタセンチュリーの好走は、実力によるものと判断している。 第47回宝塚記念の競馬理論の結果は、ナリタセンチュリーを今後も重視して予想しようと考えている。特に、ディープインパクトがいない秋のG1レースでは、ナリタセンチュリーが中心となってもおかしくないと判断している。 3着には、バランスオブゲーム(田中勝春)が粘り込んだ。バランスオブゲームは、結果重馬場での単騎逃げという展開に恵まれたことは確かであるが、直線であわやのレースを見せたことは評価に値する。 バランスオブゲームは、結果先行できる器用な馬なので、今後も展開次第では一線級相手に通用する可能性があると第47回宝塚記念の競馬理論の結果では判断している。第47回宝塚記念は、春の天皇賞と同様に、結果ディープインパクトの強さだけが目立った一戦となった。 特に、ディープインパクトは、重馬場を克服しての勝利であり、凱旋門賞に向けて視界良好となった。第47回宝塚記念の競馬理論の結果も、一般の競馬ファンと同じように、ディープインパクトの凱旋門賞制覇を結果期待する。

もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>