14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 高松宮記念 > 第36回高松宮記念

2006年高松宮記念「第36回高松宮記念」

2006/03/26 UP
by 予想屋マスター
回顧録

高松宮記念 -G1- 中京競馬場/芝1200m 左
条件:サラブレッド系4歳以上 賞金:9500万円

今年の高松宮記念の結果は、人気が割れていたように、中心馬不在のレースとなった。その中で、1200mが初距離の2頭オレハマッテルゼ(柴田善)及びラインクラフト(福永祐一)で結果が出た。

高松宮記念の結果は、オレハマッテルゼは、初距離の1200mに戸惑うこともなく、スプリント王となった。オレハマッテルゼは、スタートすると馬なりで好位の5番手を追走し、抜群の手応えのまま4コーナを迎えたので、この時点で勝利を確信していた。

そして、オレハマッテルゼは、直線に向くと馬群を割って抜け出し、並びかけてきたラインクラフトの追撃を凌ぎきって勝利を収めた。競馬理論は、オレハマッテルゼが1400m?1500mの距離を中心に使われてきたが、折り合いを欠くレースが多かったことから、1200mの適性が高いと判断していた。

実際、オレハマッテルゼは、高松宮記念の結果では、折り合いを欠くことなく追走できたことによって、実力を発揮できた。

高松宮記念の結果でオレハマッテルゼは、スプリント戦では今後も中心となっていくであろう。ただし、高松宮記念の結果でオレハマッテルゼは、高松宮記念の結果を使ったことにより、マイルの安田記念では更に折り合いが難しくなる。

そのことから、高松宮記念の結果でオレハマッテルゼは、スプリント戦以外で人気になるようであれば、軽視すべきと競馬理論は判断している。2着も、初距離のラインクラフト(福永祐一)であった。

高松宮記念の結果で、ラインクラフトも、行きたがる気性から、距離短縮は好材料と判断していた。しかし、競馬理論は、今年の4歳牝馬世代のレベルの低さから、古馬のG1で通用する可能性は高くないと判断していた。

高松宮記念の結果のレースでは、ラインクラフトは、オレハマッテルゼの外を追走し、直線に向くと、オレハマッテルゼを一完歩ずつ差を詰めたが、首差だけ届かなかった。ラインクラフトは、4歳牝馬世代とは言え、卓越したスピード能力を秘めていることを証明した。

ラインクラフトの次走は、ヴィクトリアマイルが予想されるが、そこでも注目の1頭であると競馬理論は判断している。3着には、3番手に先行したシーイズトウショウ(池添謙一)が粘り込んだ。

シーイズトウショウは、1000m通過が33.7のペースに恵まれて、先行して粘り込んだ。シーイズトウショウは、短距離戦ならば安定して走る馬であり、有力馬が引退したこのメンバーならばこの程度走って当然である。

4着には、休養明けのプリサイスマシーン(岩田)がインから先行して粘り込んだ。高松宮記念の結果の1着、2着及び4着は、初距離の馬で独占された。これはスプリント路線のレベルの低さを示している。

つまり、現在のスプリント路線は、中心馬が不在であるので、他の路線で好走していた馬ならば、能力で押し切ってしまう可能性が高いと競馬理論は判断した。

今後も、スプリント戦線は、混戦が予想されるが、馬券的には妙味がある。今後のスプリント路線も、競馬理論は冷静に分析することによって、高配当を狙い撃ちしようと思っている。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください