14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > セントライト記念 > 今年の混戦のクラシック戦線を象徴?

2012年セントライト記念「今年の混戦のクラシック戦線を象徴?」

2012/06/29 UP
by 予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
セントライト記念 -G2- 中山競馬場/芝外2200m 右
条件:サラブレッド系3歳 賞金:5200万円

今週は、菊花賞トライアルの第62回セントライト記念が中山競馬場で行われる。今年の混戦のクラシック戦線を象徴するように、第62回セントライト記念も中心馬不在の混戦模様である。

その第62回セントライト記念には、日本ダービー組から2着のスマイルジャック、4着のマイネルチャールズ(松岡)、6着のクリスタルウイング(内田博)、9着のベンチャーナイン(武士沢)、11着のタケミカヅチ(柴田善)及び16着のモンテクリスエスが出走を予定している。

スマイルジャックは、日本ダービーで12番人気ながらも2着に好走しただけでなく、中山コースでもスプリングステークスを制していることから、第62回セントライト記念のメンバーでは実績的に上である。しかしながら、スマイルジャックのスプリングステークスの勝利は、イン有利な馬場で平均よりややスローな流れを2番手から追走する楽な展開に恵まれたものである。 更に、スマイルジャックの日本ダービーの2着も、雨が止むとイン有利となる東京競馬場で離れたインの3番手を追走する絶好の展開に恵まれたものである。 これらのことから、スマイルジャックの実績は、展開などに恵まれたものであり、能力的には実績ほどの高い評価を与える必要がない。よって、第62回セントライト記念、日本ダービー2着という実績だけで、スマイルジャックを過信すべきでないと第62回セントライト記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、マイネルチャールズは、皐月賞、日本ダービー及び札幌記念と3戦連続で人気を裏切っており、第62回セントライト記念での評価は難しい。マイネルチャールズの日本ダービーの4着は、馬込みの中でスムーズな競馬をしてのものであり、日本ダービー時点での実力であろう。 しかしながら、日本ダービーのレース内容からは、極端に展開に恵まれたスマイルジャックよりもマイネルチャールズのほうが上と判断すべきである。よって、第62回セントライト記念、マイネルチャールズに、スマイルジャックよりも高い評価を与えるべきと第62回セントライト記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、クリスタルウイングは、日本ダービーにおいて、大外枠からの発走ということもあり、終始大外を回らされて6着に敗れてしまった。このように、クリスタルウイングの日本ダービーの6着は、雨が止むとイン有利となる東京競馬場で大外を回らされた割に大きく負けておらず、内容的には悪くない。 よって、日本ダービーのレース内容的には、クリスタルウイングとマイネルチャールズとに互角の評価を与えるべきと第62回セントライト記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ベンチャーナインは、日本ダービーで追い込み不発に終わり9着に敗れてしまったが、展開及び馬場状態が向かなかっただけで、悲観すべき内容ではない。よって、実力の割に人気にならないベンチャーナインには、今後も馬券対象として注目すべきである。 しかしながら、第62回セントライト記念は中山競馬2週目の追い込みが届き辛い馬場で行われる可能性が高いので、ベンチャーナイン向きの展開及び馬場状態になる可能性は低いと第62回セントライト記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、タケミカヅチは、日本ダービーでこそ11着に敗れてしまったが、皐月賞で2着とマイネルチャールズなどにも先着している。このことから、単純にメンバー比較だけをすると、第62回セントライト記念において、タケミカヅチが上位争いをする可能性が高い。しかしながら、タケミカヅチの皐月賞2着は、キャプテントゥーレが逃げ切った極端にインが有利な馬場で1枠を生かして最内を突いたものであって、内容的な価値は高くない。 よって、第62回セントライト記念において、タケミカヅチが皐月賞2着の実績だけで人気になるようであれば、タケミカヅチを軽視して予想すべきと第62回セントライト記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、日本ダービーで16着のモンテクリスエスは、続くラジオNIKKEI杯でも見せ場なく15着に敗れており、第62回セントライト記念で一変して好走する可能性は低い。

一方、日本ダービーと別路線組では、キングオブカルト(中館)、キングスエンブレム(武豊)、ダイバーシティ(横山典)、ノットアローン(蛯名)及びフサイチアソート(村田)が第62回セントライト記念で注目される。

キングオブカルトは、第62回セントライト記念と同じ2200mの佐渡特別を制しており、距離適性の高さで注目される。しかしながら、キングオブカルトの佐渡特別の勝利は、1000m通過63秒超の超スローペースを2番手から押し切ったものであり、内容的な価値は非常に低い。 よって、第62回セントライト記念、キングオブカルトにあまり高い評価をすべきでないと第62回セントライト記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、キングスエンブレムは、NHKマイルカップ2着及び日本ダービー3着のブラックシェルと差のない競馬をした経験がある。また、キングスエンブレムは、すみれステークスにおいてモンテクリスエスにも快勝しており、メンバー比較では第62回セントライト記念でも通用する。しかしながら、キングスエンブレムは、近走でいつも1番人気になっているように実力以上に人気になるタイプなので、馬券的には抑え程度にとどめるのが妥当と第62回セントライト記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ダイバーシティは、ラジオNIKKEI杯で初の敗戦を喫したが、馬場の悪いインを通らされたものであって、内容的には2着のノットアローンを上回る。 また、ダイバーシティは、キャリア3戦ということもあり、これからの成長も期待される。よって、第62回セントライト記念においても、展開次第ではダイバーシティが好走可能と第62回セントライト記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ノットアローンは、皐月賞トライアルの若葉ステークスを制しているように、展開さえ向けば一線級相手でも通用する能力を秘める。よって、第62回セントライト記念においても、マイペースで先行する競馬ができるメンバー構成となれば、ノットアローンの逃げ粘りに注意が必要と第62回セントライト記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、フサイチアソートは、春のクラシック戦線でこそ惨敗を繰り返したが、前走の新潟記念で5着に好走して、復調気配をみせた。よって、最強メンバーが揃った東京スポーツ杯2歳ステークスを制覇したときの走りができるまでにフサイチアソートが復調するようであれば、フサイチアソートを馬券対象として評価すべきと第62回セントライト記念の競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、第62回セントライト記念の競馬理論の競馬予想は、第62回セントライト記念に出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第62回セントライト記念の最終的な予想を決断する。第62回セントライト記念の競馬理論の競馬予想のファンの方は、第62回セントライト記念の予想をお楽しみに。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください