14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > セントライト記念 > 第50回セントライト記念
2006/09/17
予想屋マスター
回顧録

セントライト記念 -G2- 中山競馬場/芝外2200m 右
条件:サラブレッド系3歳 賞金:5200万円

2006年セントライト記念 第50回セントライト記念

菊花賞トライアルの第1戦であるセントライト記念の結果、人気馬が総崩れとなる波乱の結果となった。その波乱の結果の主役を演じたのは、トーセンシャナオー(イネス)である。

トーセンシャナオーは、500万下を勝ちきれずにいたが、春先にダービートライアルのプリンシパルステークスで0.1秒差の3着に好走した結果の実績があった。

これを考えると、条件級の馬が揃った低調なセントライト記念の結果のメンバーであれば、トーセンシャナオーが通用する下地はあった。

第50回セントライト記念のレースの結果では、トーセンシャナオーは、ニシノアンサーが逃げるスローな流れをインの3番手で追走して、早めに先頭に立つとそのまま押し切った結果となった。

トーセンシャナオーのセントライト記念の勝利は、イネス騎手の好騎乗、スローペースで前残りの展開、後方で起きた落馬事故等、すべての面で恵まれたものである。よって、トーセンシャナオーが、本番の菊花賞で通用する可能性は低いといわざるを得ない。

2着にも、インを走ったトウショウシロッコ(吉田豊)が入った。トウショウシロッコは、勝ったトーセンシャナオーの直後のインの結果4番手からセントライト記念のレース進めた。

そして、トウショウシロッコは、4コーナーまでインでセントライト記念のレースを進めた結果、直線に向くとトーセンシャナオーの外に持ち出したが、トーセンシャナオーとの差は詰まらず、2着となった。

このように、トウショウシロッコのセントライト記念の2着も、トーセンシャナオーと同様に、スローペースで前残りの展開、後方で起きた落馬事故等に恵まれたものである。

よって、トウショウシロッコも、本番の菊花賞で通用する可能性は極めて低いと競馬理論では判断している。3着には、ミストラルクルーズ(藤田信二)がインから追い込んだ。

ミストラルクルーズも、道中で終始インを走ったことによって、落馬の不利を受けずに、更に無駄な距離を走らずに済んだ。これらが功を奏して、ミストラルクルーズは、3着に追い込むことが出来た。

よって、ミストラルクルーズも、本番の菊花賞で好走する可能性は低い。4着には、テンシノゴールド(中舘英二)が大外から追い込んだ。

テンシノゴールドは、セントライト記念で外を回って唯一追い込んだ馬である。また、テンシノゴールドは、道中終始ズブさを見せており、距離延長すれば更に能力を発揮しそうである。

よって、テンシノゴールドが菊花賞に出走できるようであれば(賞金が800万なので可能性は低いが)、セントライト記念の好走馬で唯一注目すべき馬になるであろうと競馬理論では判断している。

断然人気のフサイチジャンクは、見せ場なく5着に敗れた。フサイチジャンクは、確かに落馬の不利を受けたにせよ、走らな過ぎと言える内容であった。

このセントライト記念の内容では、フサイチジャンクは、菊花賞云々と言えるレベルではない。セントライト記念で本番でのフサイチジャンクの巻き返しを競馬理論は期待しているが、菊花賞で本命に推すことはなくなったと考えている。

セントライト記念は、低レベルの一戦となり、本番の菊花賞に直結しない可能性が高いと競馬理論では考えている。

よって、菊花賞は、セントライト記念以外のステップレースと結果を重視して予想すべきと競馬理論では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>