予想屋マスターが、アナタの馬券ライフを変える!!
締切まで
抽選に応募する
13年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > スプリンターズステークス

皆さんも待ちに待ったであろう秋のG1、いよいよ幕開けです!!

第1戦となるスプリンターズステークスは、スプリントの頂点を決める戦いとして、毎年熱いレースが展開されています。

これまでもタイキシャトルやロードカナロアなどといった競馬界の歴史に名を残す競走馬が、数々の名勝負を繰り広げてきました。

今年も、セイウンコウセイ、ビッグアーサー、レッドファルクス、ファインニードル……。

そうそうたるメンバーが、秋の短距離王者の称号を懸けて出走予定です。

今春の高松宮記念を制したセイウンコウセイがその後4着に敗北している情勢だけでも大混戦なこのレース。

マスターは一昨年に3連単106,170円の馬券を的中させたこともあり、期待度は初群です!

ここ数カ月に及ぶ夏競馬の予想も絶好調だっただけに、2017年スプリンターズステークスもビシっと決めて、G1ラッシュに弾みをつけてほしいところ!!

首をなが~くして、日曜日を待ちましょう!

今週の重賞レース
■ シリウスステークスページ https://www.keibariron.com/database/siriusstakes

主なローテーション
■ キーンランドカップ https://www.keibariron.com/database/keenelandcup
■ セントウルステークスページ https://www.keibariron.com/database/centaurstakes

2019年 スプリンターズステークスの情報

スプリンターズステークス記事一覧

アンライバルドが新馬戦の強さを見せつけられるか?
アンライバルドが新馬戦の強さを見せつけられるか?
今週のメインレース結果は、皐月賞トライアルの第58回スプリンターズステークスである。第58回スプリンターズステークスは、ロジユニヴァース及びリーチザクラウンに続く、クラシックの有力候補を見極める意味でも重要なレース結果と […]
2012/06/29 / 直前分析
春のスプリント王スズカフェニックスVS夏のスプリント王サンアディユ
春のスプリント王スズカフェニックスVS夏のスプリント王サンアディユ
いよいよ今週から、秋のG1シリーズが開幕する。今年の秋のG1は、馬インフルエンザの影響が心配されたが、大きな混乱もなく無事に迎えられそうである。その結果、秋のG1シリーズの第1弾は、秋のスプリント王決定戦の第41回スプリ […]
2012/06/29 / 直前分析
第40回スプリンターズステークス
第40回スプリンターズステークス
秋のG1シリーズの第1弾は、スプリンターのチャンピオン決定戦であるスプリンターズステークスである。スプリンターズステークスは、グローバル・スプリント・チャレンジの第6戦でもあるので、外国からも一流のスプリンターが出走して […]
2012/06/29 / 直前分析
カレンチャンが5連勝でG1制覇
カレンチャンが5連勝でG1制覇
第45回スプリンターズステークス(2011年)は、単勝1.5倍と断然人気に推されたシンガポールの英雄ロケットマンが4着に敗れ波乱となった。 その波乱の第45回スプリンターズステークス(2011年)を制したのは、カレンチャ […]
2011/10/02 / 回顧録
香港の伏兵ウルトラファンタジーが逃げ切る
香港の伏兵ウルトラファンタジーが逃げ切る
第44回スプリンターズステークスは、香港馬でも、1番人気のグリーンバーディーではなく、10番人気の伏兵ウルトラファンタジーが勝利を収めた。 第44回スプリンターズステークスの競馬理論の結果は、現在の日本のスプリント戦線の […]
2010/10/03 / 回顧録
第43回スプリンターズステークス
第43回スプリンターズステークス
先々週の末に、メインで使っていたパソコン(Let'sNote)が壊れてしまったた結果、回顧が遅くなってしまっています。 また、ブログ結果の更新もできておりません。 近日中に復活しますので、もう少々お待ちください。 秋のス […]
2009/10/04 / 回顧録
第42回スプリンターズステークス
第42回スプリンターズステークス
第42回スプリンターズステークスは、1番人気のスリープレスナイト(上村)の圧勝で幕を閉じた。 スリープレスナイトは、好スタートを切ると、5~5番手の外の絶好のポジションに控え、直線で上村騎手に追い出されると、坂上でアッと […]
2008/10/05 / 回顧録
第41回スプリンターズステークス
第41回スプリンターズステークス
第41回スプリンターズステークスは、3歳牝馬アストンマーチャン(中館)の逃げ切りで結果が出た。 第41回スプリンターズステークスの競馬理論の結果は、アストンマーチャンを、第41回スプリンターズステークスの自信の本命馬とし […]
2007/09/30 / 回顧録
第40回スプリンターズステークス
第40回スプリンターズステークス
第40回スプリンターズステークスでは、一番人気のテイクオーバーターゲット(フォード)が逃げ切ったが、2、3着に、人気薄のメイショウボーラ(福永祐一)、タガノバスティーユ(勝浦)が飛び込んだ。 このため、3連単で250万と […]
2006/10/01 / 回顧録
第39回スプリンターズステークス
第39回スプリンターズステークス
本日の毎日王冠で第39回スプリンターズステークスの競馬理論の結果の本命馬サンライズペガサスが快勝した。そのため、第39回スプリンターズステークスの競馬理論の結果のファンの皆様から、お礼の電話が止まらない。皆様ありがとうご […]
2005/10/02 / 回顧録
1 2

スプリンターズステークスの関連情報

スプリンターズステークスとは

スプリンターズステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は日本馬主協会連合会会長賞、グローバルスプリントチャレンジ賞。 1967年に4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップの重賞競走として、中山競馬場の芝1200mで創設。当時は4歳(現3歳)以上の馬が出走できる中央競馬で唯一のスプリント(短距離)重賞だった。 1984年にはグレード制の導入に伴いGIIIに格付けされ、1987年にはGIIに格上げされた。その後、1年を締めくくるスプリント系の大レースを開催しようとする機運が高まり、1990年にはGIに格上げされ、施行時期も有馬記念の前週に移された。2000年にはスプリント競走体系が整備され、施行時期を初秋の中山開催最終週に繰り上げ。以来、秋競馬で最初に行われるGIレースとして定着している。2005年には世界初の国際スプリントシリーズ「グローバルスプリントチャレンジ」が創設され、本競走はそのひとつとして第8戦に組み入れられている。引用元:Wikipedia スプリンターズステークス