予想屋マスターが、アナタの馬券ライフを変える!!
締切まで
抽選に応募する
13年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > スプリンターズステークス > ベルカントがサマースプリントシリーズ制覇の勢いを見せるか?

ベルカントがサマースプリントシリーズ制覇の勢いを見せるか?

2015/09/28 UP
by 予想屋マスター
直前分析

出走日:2015年10月04日(日)
スプリンターズステークス -G1- 中山競馬場/ 芝1200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:9800万円

今週のメインレースは、スプリンターズステークス(2015年)である。

スプリンターズステークス(2015年)は、中心馬不在のスプリント戦線を象徴するかのように、混戦模様である。

そこで競馬理論の競馬予想では、スプリンターズステークス(2015年)に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

セントウルステークス組からは、1着のアクティブミノル、2着のウリウリ(岩田康誠)、3着のバーバラ、4着のストレイトガール(戸崎圭太)、5着のマヤノリュウジン、8着のハクサンムーン(酒井学)及び9着のリトルゲルダ(川田)がスプリンターズステークス(2015年)に出走する。

アクティブミノルのセントウルステークスの勝利という結果は、開幕週のイン有利の馬場で且つ最初の3ハロン34秒0というスローペースを逃げ切ったものであり、レース内容としての価値は高くない。

よって、スプリンターズステークス(2015年)の競馬予想においては、アクティブミノルが逃げ切るためには、再度楽に逃げる展開に恵まれる必要がある。

一方、ウリウリのセントウルステークスの2着という結果は、前残りの展開で脚を余したものではあるが、うまく内に入れてロスのない競馬をさせた岩田騎手の好騎乗によるものでもある。

よって、スプリンターズステークス(2015年)の競馬予想においては、スプリント戦線で底を見せていないウリウリに高い評価を与えて当然であるが、外枠を引いてしまった場合には、絶対視することまでは禁物である。

バーバラのセントウルステークスの3着という結果は、スローペースの好位のインを追走する展開に恵まれたものである。

よって、スプリンターズステークス(2015年)の競馬予想においては、バーバラに高い評価は不要である。

一方、ストレイトガールのセントウルステークスの4着という結果は、終始外を回らされたものであり、着順ほど悲観すべき内容ではない。

よって、スプリンターズステークス(2015年)の競馬予想においては、スプリント戦線で常にトップクラスの能力を示すストレイトガールの巻き返しにも注意を払って当然である。

マヤノリュウジンのセントウルステークスの5着という結果は、スローペースを大外から追い込んだものであり、復調気配をうかがわせる内容であった。

よって、スプリンターズステークス(2015年)の競馬予想においては、前崩れの展開になるようであれば、マヤノリュウジンの追い込みにも注意を払うべきである。

ハクサンムーン及びリトルゲルダは、セントウルステークスの見所のない内容を見る限り、スプリンターズステークス(2015年)の競馬予想において高い評価は不要である。

ただし、ハクサンムーンは、逃げを打てるとしぶといので、スプリンターズステークス(2015年)において楽に逃げを打てるようであれば、粘り込みに多少の注意を払うべきである。

キーンランドカップ組からは、1着のウキヨノカゼ(四位洋文)、3着のティーハーフ(国分優作)、6着のスギノエンデバー(松山弘平)及び12着のマジンプロスパー(三浦皇成)がスプリンターズステークス(2015年)に出走する。

ウキヨノカゼのキーンランドカップの勝利という結果は、最後方追走から早めにまくって一気に押し切る強い内容であったが、前崩れの展開に恵まれたことも確かである。

よって、スプリンターズステークス(2015年)の競馬予想においては、外の差しも届く展開になれば、ウキヨノカゼ3連勝でのG1制覇の可能性もあり得ると判断すべきである。

ティーハーフのキーンランドカップの3着という結果は、悪くはない内容ではあるものの、上位2頭に伸び負けたことも確かである。

よって、スプリンターズステークス(2015年)の競馬予想においては、ティーハーフが函館スプリントステークスのようにじっくりと構えて前崩れの展開になるようであれば、好走可能と判断すべきである。

スギノエンデバー及びマジンプロスパーは、キーンランドカップの見所のないレース内容から、スプリンターズステークス(2015年)の競馬予想において高い評価は不要である。

北九州記念組からは、1着のベルカント(武豊)及び2着のビッグアーサー(藤岡康太)がスプリンターズステークス(2015年)に出走する。

ベルカントの北九州記念の勝利という結果は、好位のインを追走する展開に恵まれたものであり、着差ほど絶対的な能力差があるわけではない。

よって、スプリンターズステークス(2015年)の競馬予想においては、一線級相手では通用していないベルカントを、人気ならば押さえ程度の評価にとどめることも一つの手と判断している。

一方、ビッグアーサーの北九州記念の2着という結果は、仕掛けが遅れた分だけベルカントに届かなかったが、能力的に底を見せた感も否めない。

よって、スプリンターズステークス(2015年)の競馬予想においては、パーフェクト連対中のビッグアーサーにそれなりの高い評価を与えるべきだが、過大評価は禁物である。

別路線組ではコパノリチャード(デムーロ)及びミッキーアイルがスプリンターズステークス(2015年)に出走する。

コパノリチャード及びミッキーアイルは、前走こそ惨敗を喫してしまったが、G1馬であり、実績的には互角以上である。

よって、スプリンターズステークス(2015年)の競馬予想においては、 先行力を生かせる展開になるようであれば、コパノリチャード及びミッキーアイルの巻き返しもあり得ると判断すべきである。

外国馬としては、リッチタペストリー(ルメール)がスプリンターズステークス(2015年)に出走する。

リッチタペストリーは、今の低調なスプリント戦線ならば通用してもおかしくない。

よって、スプリンターズステークス(2015年)の競馬予想においては、リッチタペストリーにも多少の注意は必要である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、スプリンターズステークス(2015年)に出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第49回ス
プリンターズステークスの最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、スプリンターズステークス(2015年)の予想をお楽しみに。

 

続きをみるには「無料会員登録」する必要があります。

メールアドレスを入力して、「送信する」ボタンを押してください。

 

メールアドレス:

登録済の場合はログインして閲覧してください。