予想屋マスターが、アナタの馬券ライフを変える!!
締切まで
抽選に応募する
13年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想サイト
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想 > スプリンターズステークス > キンシャサノキセキに取消の影響はないのか?

キンシャサノキセキに取消の影響はないのか?

2012/07/02 UP
by 予想屋マスター
直前分析

出走日:2012年07月08日(日)
スプリンターズステークス -G1- 中山競馬場/ 芝1200m 右
条件:サラブレッド系3歳以上 賞金:9800万円

今週のメインレース結果は、秋のG1第一弾の第44回スプリンターズステークスである。第44回スプリンターズステークスは、春のスプリント王キンシャサノキセキ(四位)がセントウルステークスを取り消した影響がありそうなので、中心馬不在の混戦模様である。そこで、第44回スプリンターズステークスの競馬理論の結果は、混戦の第44回スプリンターズステークスに出走する有力各馬の能力をステップレース結果ごとに分析する。

ステップレース結果のセントウルステークス組からは、1着のダッシャーゴーゴー(川田)、2着のグリーンバーディー(デュプレ)、3着のメリッサ(福永祐一)、4着のヘッドライナー(内田博)、5着のタマモナイスプレイ及び8着のサンダルフォン(酒井学)が第44回スプリンターズステークスに出走する。ダッシャーゴーゴーのセントウルステークスの勝利は、開幕週の馬場の外目を追走して早め先頭の横綱競馬でのものであり、非常に強い内容であった。よって、第44回スプリンターズステークスにおいても、ダッシャーゴーゴーにはそれなりの高い評価を与えるべきと第44回スプリンターズステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、グリーンバーディーのセントウルステークスの2着は、テンの3ハロン33秒9というスローペース、出遅れる不利、前が塞がる不利、開幕週の追い込みが届きにくい馬場、59キロの斤量など様々な不利が重なってのものであって、レース結果内容的にはダッシャーゴーゴーを上回る。よって、第44回スプリンターズステークス、グリーンバーディーがダッシャーゴーゴーを逆転する可能性が高いと第44回スプリンターズステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、メリッサ、ヘッドライナー、タマモナイスプレイ及びサンダルフォンは、レース結果内容的には上位2頭を逆転するまでは難しそうなので、更にメンバーが強化する第44回スプリンターズステークス連対までは厳しい。

一方、セントウルステークスを取り消したキンシャサノキセキの取捨がポイントとなりそうである。キンシャサノキセキは、高松宮記念を制して春のスプリント王となったように、実績的には断然である。しかしながら、高松宮記念は上位5頭が0秒1差以内であったことからも分かるように、現在のスプリント戦線でキンシャサノキセキが圧倒的な能力を持っているわけではない。更に、キンシャサノキセキは、セントウルステークスを取り消しており、順調度も劣る。よって、第44回スプリンターズステークス、春のスプリント王の実績に敬意を表しつつも、キンシャサノキセキを過信すべきでないと第44回スプリンターズステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、札幌で行われたキーンランドカップ組からは、1着のワンカラット(藤岡佑)、2着のジェイケイセラヴィ(江田照)、3着のベストロケーション、4着のビービーガルダン、8着のローレルゲレイロ(藤田伸二)が第44回スプリンターズステークスに出走する。ワンカラットのキーンランドカップの勝利は、早め先頭で余裕を持ってのものであり、着差以上の強さを見せつけた。よって、第44回スプリンターズステークス、サマースプリントシリーズでチャンピオンとなって充実著しいワンカラットに高い評価を与えて当然である。なお、ワンカラットにとって問題となるのは別路線組との比較だが、CBC賞で互角以上の競馬をしたダッシャーゴーゴーがセントウルステークスを制していることから、G1のスプリント戦でも通用可能と第44回スプリンターズステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、ジェイケイセラヴィ及びベストロケーションは、キーンランドカップの内容から、ワンカラットを逆転するのは難しい。

一方、ビービーガルダンの敗戦は、59キロの斤量と4コーナーでスムーズさを欠いてのものであり、ローレルゲレイロの敗戦は、59キロの斤量を背負ってスタートで躓いて逃げる自分の競馬ができなかったことによるものなので、いずれも度外視可能である。よって、第44回スプリンターズステークス、ここを目標として状態をピークに持っていくビービーガルダン及びローレルゲレイロの実績馬2頭が一変して好走してもおかしくない。なお、今年の中山競馬場の芝は、例年よりも追い込みが届きやすいので、逃げるローレルゲレイロよりも、好位での競馬が可能なビービーガルダンが上位に来る可能性が高いとも第44回スプリンターズステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、別路線組では、ファイングレイン、マルカフェニックス、プレミアムボックス及びサンカルロが注目される。ファイングレインは、一昨年の高松宮記念馬で実績的には十分だが、近走の成績を見る限り衰えは隠せない。よって、第44回スプリンターズステークス、G1馬といえどもピークを過ぎたファイングレインを軽視しても問題ないと第44回スプリンターズステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、マルカフェニックスは、エーシンフォワード(高松宮記念で同タイムの3着)が4着に敗れた京王杯スプリングカップで2着に好走しているように、単純なメンバー比較では低調なスプリント戦線に入れば互角以上である。よって、第44回スプリンターズステークス、スプリント戦線よりもレベルの高い1400~1600mの成績から、マルカフェニックスに高い評価を与えるべきだが、1200mでは距離不足の感もあるのと休み明けであることを考慮すると、本命ほどの高い評価は不要とも第44回スプリンターズステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、サンカルロは、

春のスプリント王決定戦の高松宮記念で脚を余しながらも4着に追い込んでおり、レース結果内容的には一番であった。また、サンカルロは、阪急杯において、58キロの斤量を背負いながらも、ワンカラットと互角の競馬をしており、低調なスプリント戦線のG1ならば遜色ない。よって、第44回スプリンターズステークス、前潰れの展開になるようであれば、サンカルロがまとめて差し切ってもおかしくないと第44回スプリンターズステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、プレミアムボックスは、高松宮記念でこそ展開が向かずに惨敗してしまったものの、それ以前のスプリント戦では一線級相手と互角の競馬をしている。よって、第44回スプリンターズステークスにおいても、前潰れの展開になれば、サンカルロと同様に、プレミアムボックスが大外から追い込んでもおかしくないと第44回スプリンターズステークスの競馬理論の結果では判断している。

以上のように、第44回スプリンターズステークスの競馬理論の結果は、第44回スプリンターズステークスに出走する有力各馬の能力を分析した。この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第44回スプリンターズステークスの最終的な予想を決断する。第44回スプリンターズステークスの競馬理論の結果のファンの方は、第44回スプリンターズステークスの予想をお楽しみに。

 

続きをみるには「無料会員登録」する必要があります。

メールアドレスを入力して、「送信する」ボタンを押してください。

 

メールアドレス:

登録済の場合はログインして閲覧してください。