14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > スプリングステークス > 2歳王者ローズキングダムが3着に敗れる
2010/03/21
予想屋マスター
回顧録

スプリングステークス - G2- 中山競馬場/芝1800m 右
条件:サラブレッド系3歳牡馬・牝馬 賞金:5200万円

2010年スプリングステークス 2歳王者ローズキングダムが3着に敗れる

第59回スプリングステークスは、アリゼオ(横山典)が勝利を収め、断然人気の2歳王者ローズキングダム(小牧太)が3着に敗れる波乱の結果となった。

第59回スプリングステークスの競馬理論の結果は、ホープフルステークスの勝ち方が強かったアリゼオに高い評価を与えていたものの、共同通信杯の敗戦で底を見せてしまった感もあるので、ローズキングダムの2着争い候補の評価にとどめてしまった。

第59回スプリングステークスのレース結果では、アリゼオは、スタートでや出遅れてしまったものの、二の脚の速さでハナにたった。

そして、第59回スプリングステークスでアリゼオは、マイペースでレース結果を進め、直線に向くと後続を引き離し、第59回スプリングステークスを制覇した。

アリゼオの第59回スプリングステークスの勝利は、小回りの中山競馬場で単騎で逃げる展開に恵まれた結果でもあるが、2着に1馬身の差をつけており、完勝であった。

よって、同じ中山コースで行われる皐月賞においても、第59回スプリングステークスのように先行力を生かす競馬ができれば、アリゼオが好走してもおかしくないと第59回スプリングステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、第59回スプリングステークスの2着には、10番人気のゲシュタルト(勝浦)が入った。

第59回スプリングステークスのゲシュタルトは、好位の4~5番手からレース結果を進め、4コーナーで先頭に並びかけたが、アリゼオには突き放されてしまった。

しかしながら、第59回スプリングステークスのゲシュタルトは結果、その後もしぶとい伸び脚で、ローズキングダムの追い込みをしりぞけて、2着を確保した。

ゲシュタルトの第59回スプリングステークスの2着は、ローズキングダムの追い込みをしりぞけてのものであり、レース結果内容的には悪くない。

よって、同じ中山コースで行われる本番の皐月賞においても結果、器用な脚質のゲシュタルトを無視すべきでないと第59回スプリングステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、第59回スプリングステークスで断然人気のローズキングダムは、3着に敗れてしまった。

ローズキングダムは、中段の内目をスムーズに追走したが、4コーナーで一瞬前が塞がって仕掛けが遅れてしまい、3着に敗れてしまった。

ローズキングダムの第59回スプリングステークスの3着は、休み明けで且つ4コーナーで不利を受けたことを考慮すれば、悲観すべき内容ではない。

しかしながら、第59回スプリングステークスの圧倒的な力の差を見せつけた朝日杯フューチュリティステークスの内容から考えると、物足りないのも確かで、ローズキングダムの成長力が今一つという見方もできる。

よって、第59回スプリングステークスの本番の皐月賞においても、ローズキングダムが有力候補の一頭であることは違いないが、圧倒的な最有力候補というレベルからは後退したと言わざるを得ない。

以上のように、第59回スプリングステークスでは、ローズキングダムが初の敗戦を喫してしまった。

これによって、今年のクラシック戦線は、ローズキングダムとヴィクトワールピサとの2強対決から、一転して混戦模様となった。

第59回スプリングステークスの競馬理論の結果のファンの方は、馬券的に面白くなった今年のクラシック戦線の予想を楽しみにしていて頂きたい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>