14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > スプリングステークス > 第58回スプリングステークス

2009年スプリングステークス「第58回スプリングステークス」

2009/03/22 UP
by 予想屋マスター
回顧録

スプリングステークス - G2- 中山競馬場/芝1800m 右
条件:サラブレッド系3歳牡馬・牝馬 賞金:5200万円

春の嵐が吹き荒れる中山競馬場で行われた第58回スプリングステークスの結果は、アンライバルドの完勝で幕を閉じた。

第58回スプリングステークスの競馬理論の結果は、クラシックでも人気になるリーチザクラウン及びブエナビスタをデビュー戦で破った実績から、アンライバルドに高い評価を与えていた。

しかしながら、前日の土曜日の中山競馬でインコースが極端に有利な馬場状態だったので、第58回スプリングステークスのアンライバルドではなく、第58回スプリングステークスの好位のインを追走できそうなフィススペトル(武豊)を本命に第58回スプリングステークスの競馬理論の結果は予想してしまった。

レースでは、アンライバルドは、中段の外目を追走した結果、4コーナーでは手応え抜群で好位に取り付いた。

そして、アンライバルドは、直線で岩田騎手に追い出されると、一気に突き抜けて、第58回スプリングステークスを制覇する結果となった。

アンライバルドの第58回スプリングステークスの勝利は、終始外目を回る横綱競馬でのものであり、第58回スプリングステークスのゴール前での余力をも考慮すると、着差以上の強さであった。

よって、第58回スプリングステークスの結果で高い評価を与えるべきであろう。

ただし、第58回スプリングステークスのアンライバルドは、リーチザクラウン及びロジユニヴァースよりも後ろから競馬を進めることもあり、どちらかと言うと、皐月賞よりも日本ダービー向きと第58回スプリングステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、第58回スプリングステークスの2着には、第58回スプリングステークスの8番人気のレッドスパーダ(北村宏)が入った。

レッドスパーダは、リスペクトキャットの2番手からレースを進め、直線でも粘り腰を発揮して、2着に粘り込んだ。

レッドスパーダの第58回スプリングステークスの2着は、結果で1000m通過52秒5の超スローペースを2番手から追走する展開に恵まれてのものであって、レース内容的な価値は低い。

よって、もう少しペースが速くなることが想定される本番の皐月賞、レッドスパーダが好走する可能性はかなり低いと第58回スプリングステークスの競馬理論の結果では判断している。

一方、朝日杯フューチュリティステークスで2着に好走して2番人気に推されたフィススペトル(武豊)は、3着に敗れてしまった結果となった。

フィススペトルは、内枠で且つスローペースということもあり、ゴチャついてしまい、後方からの競馬となってしまった。

そして、フィススペトルは、3コーナー過ぎから徐々に外に持ち出されて追い込んだが、3着が精一杯であった。

フィススペトルの第58回スプリングステークスの3着は、スローペースでゴチャつく不利な展開で脚を余してのものであり、悲観すべき内容ではない。

しかしながら、フィススペトルは、更に後方から追い込んだサンカルロ(吉田豊)及びセイクリッドバレー(勝浦)にゴール前で迫られていることから、過大評価は禁物である。

よって、本番の皐月賞、相手なりに走り大崩れしないフィススペトルに、押さえ程度の評価を与えれば十分と第58回スプリングステークスの競馬理論の結果では判断している。

以上のように、第58回スプリングステークスは、アンライバルドの強さだけが目立った一戦となった。

これで、すべてのステップレースが終わり、本番の皐月賞の有力馬がほぼ出揃った。

第58回スプリングステークスの競馬理論の結果の結果のファンの方は、混戦が予想される皐月賞の予想をお楽しみに。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください