14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 秋華賞 > ヌーヴォレコルトの2冠制覇なるか?
2014/10/16
予想屋マスター

出走日:2014年10月19日(日)
秋華賞 -G1- 京都競馬場/芝内2000m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:8900万円

2014年秋華賞 ヌーヴォレコルトの2冠制覇なるか?

今週のメインレースは、第19回秋華賞となっている。

第19回秋華賞は、凱旋門賞に挑戦したハープスターが不在ということもあって、オークス馬のヌーヴォレコルト(岩田康誠)が断然人気となりそうである。

そこで、競馬理論の競馬予想では、第19回秋華賞に出走することになっている有力各馬の能力をステップレースごとに分析していく。

ローズステークス組からは、1着のヌーヴォレコルト、2着のタガノエトワール(小牧太)、3着のリラヴァティ(松山弘平)、4着のブランネージュ(秋山真一郎)、6着のレッドリヴェール(福永祐一)、8着のアドマイヤアロマ(和田竜二)、9着のサングレアル(戸崎圭太)、10着のプリモンディアル(浜中俊)、13着のディルガ(ペロヴィ)および14着のアドマイヤビジン(四位洋文)が第19回秋華賞に出走することになっている。

ローズステークスにおけるヌーヴォレコルトの勝利という結果は、イン有利の馬場状態において好位のインを追走するレース展開に恵まれていたが、着差以上に余裕のあるレース内容であったことも確かである。

すなわち、今回の第19回秋華賞の競馬予想において、オークス馬のヌーヴォレコルトに本命級の高い評価を与えて当然であるといえる。

一方で、ローズステークスにおけるタガノエトワールの2着という結果は、コースロスのない競馬をさせた小牧太騎手の好騎乗によるものではあるが、タガノエトワールのキャリアの浅さを考えると立派な結果であったといえる。

よって、今回の第19回秋華賞の競馬予想において、タガノエトワールにはヌーヴォレコルトが勝った時に演じた2着争い程度の評価は必要であるといえる。

また、ローズステークスにおけるリラヴァティの3着という結果は、楽に逃げを打つレース展開に恵まれたといえる。

つまり、今回の第19回秋華賞の競馬予想においては、他に逃げ馬がいるレース展開面を考慮すると、リラヴァティには高い評価は不要であるとみている。

また、ローズステークスにおけるブランネージュの4着という結果は、道中でラチ沿いを走らない馬の中で唯一着順掲示板を確保したため、レース内容としては着順以上の価値があるとみている。

そのため、今回の第19回秋華賞の競馬予想においては、オークス5着馬のプランネージュに押さえ程度の評価は与えるべきである。

一方で、ローズステークスにおけるレッドリヴェールの6着という結果は、イン有利の馬場状態で終始外を回らされたため、着順ほど悲観すべきレース内容ではないとみている。

よって、今回の第19回秋華賞の競馬予想においては、桜花賞でヌーヴォレコルトに先着した実績も考慮すると、レッドリヴェールの巻き返しには注意を払うべきであるとみている。

その一方で、アドマイヤアロマ、サングレアル、プリモンディアル、ディルガおよびアドマイヤビジンは、ローズステークスにおける見所のないレース内容を見る限りでは、今回の第19回秋華賞の競馬予想において高い評価は不要であるとみている。

なお、この中で注意を払うとしたら、

フローラステークスでブランネージュを差し切ったサングレアルくらいであろうとみている。

そして、紫苑ステークス組からは、1着のレーヴデトワール(川田将雅)、2着のショウナンパンドラ(浜中俊)、3着のマイネグレヴィル(柴田大知)、4着のハピネスダンサー(藤岡康太)および12着のバウンシャッセ(北村宏司)が今回の第19回秋華賞に出走することになっている。

紫苑ステークスにおけるレーヴデトワールの勝利という結果は、直線で前が壁になる不利を受けたが、成長を感じさせるレース内容であった。

すなわち、今回の第19回秋華賞の競馬予想においては、レーヴデトワールに紫苑ステークス組では最も高い評価を与えるべきであろう。

一方で、紫苑ステークスにおけるショウナンパンドラの2着という結果は、若干行きたがってしまった分だけ伸びを欠いたと捉えることもできる。

つまり、今回の第19回秋華賞の競馬予想において、外の差しが届くレース展開や馬場状態になるならば、ショウナンパンドラがレーヴデトワールを逆転することが可能と判断すべきである。

その一方で、マイネグレヴィル、ハピネスダンサーおよびバウンシャッセは、紫苑ステークスにおける見所のないレース内容を見る限りでは、今回の第19回秋華賞の競馬予想において高い評価は不要であるとみている。

ただし、バウンスシャッセは、紫苑ステークスの敗戦を道悪で度外視可能と判断すれば、オークス3着の実績があるため、多少の注意は必要である。

そして、クイーンステークス組からは、9着のマーブルカテドラル(田辺裕信)が今回の第19回秋華賞に出走することになっている。

クイーンステークスにおけるマーブルカテドラルの9着という結果は、初の古馬相手であった上に前が塞がる不利を受けたため、度外視可能である。

そのため、今回の第19回秋華賞の競馬予想においては、レース展開など相当の助けがあればマーブルカテドラルも相応に走れると判断すべきである。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第19回秋華賞に出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順および馬場状態などの様々な要素を加味して、第19回秋華賞の最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第19回秋華賞の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>