14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 秋華賞 > デニムアンドルビーが悲願のG1制覇なるか?
2013/10/11
予想屋マスター

出走日:2013年10月13日(日)
秋華賞 -G1- 京都競馬場/芝内2000m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:8900万円

2013年秋華賞 デニムアンドルビーが悲願のG1制覇なるか?

今週のメインレースは、第18回秋華賞である。
第18回秋華賞は、レースごとに勝ち馬が入れ替わる今年の3歳牝馬クラシック戦線を象徴するかのように、大混戦模様である。そこで、競馬理論の競馬予想では、第18回秋華賞に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

ローズステークス組からは、1着のデニムアンドルビー(内田博幸)、2着のシャトーブランシュ(北村友一)、3着のウリウリ(浜中俊)、4着のメイショウマンボ(武幸四郎)、5着のウインブリメーラ(和田竜二)、6着のローブティサージュ(岩田康誠)、7着のリメインサイレント(柴山雄一)、8着のノボリディアーナ(幸英明)、11着のトーセンソレイユ(メンディバザル)、12着のコレクターアイテム(秋山真一郎)、14着のエバーブロッサム(戸崎圭太)、15着のセレブリティモデル(松山弘平)及び18着のリラコサージュ(池添謙一)が第18回秋華賞に出走する。

デニムアンドルビーのローズステークスの勝利という結果は、2着以下に半馬身差をつけたが、ハイペースに恵まれたものなので、着差ほどの高い評価は不要である。

よって、第18回秋華賞の競馬予想においては、前が止まらない京都競馬場の芝コースを考慮すると、行き脚がつかないデニムアンドルビーを人気ほど信用すべきではない。

一方、シャトーブランシュのローズステークスの2着という結果は、前潰れの展開に恵まれたものであり、過大評価は禁物である。

よって、第18回秋華賞の競馬予想においては、シャトーブランシュに高い評価は不要である。

一方、ウリウリ、ウインプリメーラ及びローブティサージュのローズステークスは、最内と大外だけが伸びる馬場において、最内でコースロスのない競馬をしたものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。

よって、第18回秋華賞の競馬予想においては、ウリウリ、ウインプリメーラ及びローブティサージュが好走するためにはインが極端な有利な馬場を生かしてロスのない競馬をする必要があると競馬理論では判断している。

一方、メイショウマンボのローズステークスの4着という結果は、終始外を回らされて自ら勝ちに行く競馬によるものであり、レース内容としては悪くない。

よって、第18回秋華賞の競馬予想においては、オークスのように中団のインで脚をためられるようであれば、メイショウマンボが2冠制覇を果たす可能性が高まると判断すべきである。

一方、リメインサイレント、ノボリディアーナ、トーセンソレイユ、コレクターアイテム、エバーブロッサム、セレブリティモデル及びリラコサージュは、ローズステークスの見所のないレース内容から、第18回秋華賞の競馬予想において高い評価は不要である。

ただし、エバーブロッサムのローズステークスの敗戦は、道悪で能力を発揮できなかっただけで度外視することもできる。であれば、エバーブロッサムは、オークス2着の実績が光る。

よって、第18回秋華賞の競馬予想においては、エバーブロッサムが好位のインで脚をためてロスのない競馬ができるようであれば、巻き返す可能性が高いと判断すべきである。また、ノボリディアーナは、ハイペースに巻き込まれた割に大きく負けていない。

よって、第18回秋華賞の競馬予想においては、前が止まらない今の京都の芝コースを考慮すると、ノボリディアーナが楽に逃げを打つ又は好位のインを追走できるようであれば好走可能と判断すべきである。

一方、紫苑ステークス組からは、1着のセキショウ(吉田豊)、2着のリボントリコロール(横山典弘)及び8着のマコトブリジャール(柴田大知)が第18回秋華賞に出走する。

セキショウの紫苑ステークスの勝利という結果は、開幕週の馬場を逃げ切ったものであり、レース内容の評価は微妙である。

ただし、今の京都の芝コースは、4回中山の開幕週よりも前が止まらない馬場状態である。

よって、第18回秋華賞の競馬予想においては、セキショウが単騎で逃げられるようであれば逃げ粘りにも注意を払うべきである。

一方、リボンコントロールの紫苑ステークスの2着という結果は、開幕週の馬場においてコースロスのない競馬をさせた横山騎手の好騎乗によるものであり、レース内容としての価値は高くない。

よって、第18回秋華賞の競馬予想においては、リボンコントロールが好走するためには横山騎手が終始ロスのない競馬をさせるなどかなりの展開の助けが必要である。

一方、マコトブリジャールは、紫苑ステークスの見所のないレース内容から、第18回秋華賞の競馬予想において高い評価は不要である。

一方、1000万下特別組みからは、スマートレイアー(武豊)及びティアーモ(川田将雅)が第18回秋華賞に出走する。

スマートレイアーは、4戦3勝である上に1000万下特別の前走も楽勝しており、能力的に底を見せていない。

よって、第18回秋華賞の競馬予想においては、今年の3歳牝馬世代のレベルの低さを考慮すると、格下にも思えるスマートレイアーに高い評価を与えて当然である。

一方、ティアーモは、前走の1000万下特別は強い競馬であったが、オークスの内容を見る限り力負けであった。

よって、第18回秋華賞の競馬予想においては、ティアーモに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

一方、オークスからの直行組では、14着のサクラプレジール(福永祐一)が第18回秋華賞に出走する。サクラプレジールのオークスの14着という結果は、 ハイペースに巻き込まれたにせよ、負け過ぎであった。
よって、第18回秋華賞の競馬予想においては、先行力のある器用な脚質を考慮しても、サクラプレジールにも押さえ程度の評価を与えれば十分である。
以上のように、競馬理論の競馬予想では、第18回秋華賞に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、枠順、展開調教及び馬場状態などを加味して、第18回秋華賞の最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第18回秋華賞の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>