14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 秋華賞 > アヴェンチュラがラスト一冠を奪取
2011/10/16
予想屋マスター
回顧録

秋華賞 -G1- 京都競馬場/芝内2000m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:8900万円

2011年秋華賞 アヴェンチュラがラスト一冠を奪取

第16回秋華賞の結果(2011年)は、1番人気のホエールキャプチャ(池添)が3着に敗れ、2番人気のアヴェンチュラ(岩田康)及び7番人気のキョウワジャンヌ(飯田)で 結果が出た。

第16回秋華賞の結果は、競馬理論は、本命をアヴェンチュラ、対抗(穴馬)をキョウワジャンヌ、3番手評価をホエールキャプチャというパーフェクトな予想で第16回秋華賞の結果を的中できた。

第16回秋華賞の結果は、競馬理論のファンの皆様たくさんのお礼のメールを頂き、本当にありがとうございました。

競馬理論は、古馬との重賞のクイーンステークスを制している点及び阪神ジュベナイルフィリーズにおいてスタートで出遅れながらも大外を回してホエールキャプチャと差のない競馬をしている点から、能力的にはホエールキャプチャ以上と判断していた。

更に、第16回秋華賞の結果は、内枠を引いたことから、岩田騎手が好位のインの絶好位に導いて競馬をする可能性高いと判断しアヴェンチュラに本命評価を与えた。

第16回秋華賞の結果のレースでは、アヴェンチュラは、メモリアルイヤー(浜中)の大逃げを見るように、2~3番手のインからレースを進めた。

そして、アヴェンチュラは、3コーナー過ぎから徐々にメモリアルイヤーとの差を詰め、直線に向くと早めに先頭に立って、第16回秋華賞の結果を制覇した。

アヴェンチュラの第16回秋華賞の結果(2011年)の勝利は、イン有利の馬場で絶好位を追走させた岩田騎手の好騎乗によるものでもあるが、早め先頭の自ら勝ちに行く競馬で2着のキョウワジャンヌに1馬身以上の差をつけており、力が上であることも示した。

よって、次走のエリザベス女王杯(2011年)においても、アヴェンチュラにはそれなりの高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

一方、第16回秋華賞の結果(2011年)で競馬理論が穴馬として推奨したキョウワジャンヌが2着に飛び込み中波乱を演出した。

競馬理論は、ローズステークスのレース内容から、能力的にはホエールキャプチャよりも少し劣ると判断していたが、イン有利の馬場で絶好となる1枠を引いたことによりローズステークスの着差ならば逆転可能と判断して、キョウワジャンヌを対抗に予想した。

レースでは、キョウワジャンヌはアヴェンチュラの直後のインからレースを進めた。そして、キョウワジャンヌは、直線で先に抜けだしたアヴェンチュラの外に持ち出されたが、なかなか差は詰まらず2着止まりであった。

キョウワジャンヌの第16回秋華賞の結果(2011年)の2着は、イン有利の馬場を最大限に生かしてのものであり、レース内容としては着順ほどの高い評価は不要である。

よって、今後の重賞戦線においても、キョウワジャンヌに注意を払うべきだが、展開に恵まれての秋華賞の結果2着だけで過剰に人気になるようであれば評価を下げるべきとも競馬理論では判断している。

一方、第16回秋華賞の結果(2011年)で1番人気に推されたホエールキャプチャは人気を裏切り3着に敗れてしまった。

競馬理論は、ホエールキャプチャの安定感には高い評価を与えていたが、超スローペースをインの3番手で追走する展開に恵まれて勝利したローズステークスの内容から圧倒的な存在ではないと判断し、中枠だったこともありキョウワジャンヌよりも下の評価にとどめた。

レースでは、ホエールキャプチャは、中団の馬群の中を追走し、直線でも外からいい脚を使ったが、前2頭が止まらずに3着止まりであった。

ホエールキャプチャの第16回秋華賞の結果(2011年)の3着は、上位2頭とはコース取りの差でしかなく、力負けではない。

よって、今後の重賞戦線、展開次第でホエールキャプチャがアヴェンチュラ及びキョウワジャンヌを逆転してもおかしくないと競馬理論では判断している。

一方、第16回秋華賞の結果(2011年)では、10番人気のアカンサス(横山典)が4着に、12番人気のリヴァーレ(江田照)が5着に追い込んだ。

アカンサス及びリヴァーレの第16回秋華賞の結果(2011年)の好走は、後方のラチ沿いで脚をためてコースロスのない競馬をさせたジョッキーの好騎乗によるものであり、レース内容としての価値は低い。

よって、今後の重賞戦線、アカンサス及びリヴァーレに第16回秋華賞の結果(2011年)の着順ほどの評価は不要と競馬理論では判断している。

なお、アカンサス及びリヴァーレが掲示板を確保したことからも、第16回秋華賞の結果がイン有利の馬場で行われたことが分かる。

よって、第16回秋華賞の結果(2011年)で外を回って敗れてしまった馬に関しては着順ほど悲観する必要はないと競馬理論では判断している。

以上のように、第16回秋華賞の結果(2011年)は、コース取りの差が明暗を分け、アヴェンチュラの勝利という結果で幕を閉じた。

しかしながら一方で、外を回りながらも掲示板を唯一確保したホエールキャプチャも人気は裏切ったもののレース内容としては悪くなかった。

よって、3歳牝馬世代は、アヴェンチュラとホエールキャプチャの2頭に今後も注目すべきと競馬理論では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>