15年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
回収率が最も高い特別プランはこちら
締切まで
プロプランの抽選に応募
TOP > 競馬予想コラム > 秋華賞 > アパパネとサンテミリオンの再戦か?
2012/07/02
予想屋マスター

出走日:2012年07月08日(日)
秋華賞 -G1- 京都競馬場/芝内2000m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:8900万円

2021年秋華賞 アパパネとサンテミリオンの再戦か?

今週のメインレースは、牝馬クラシックの最終関門の第15回秋華賞である。第15回秋華賞は、桜花賞及びオークスを制した2冠馬アパパネがローズステークスで4着に敗れたこと、オークス馬サンテミリオンが休み明けということもあり、混戦模様である。そこで、競馬理論の競馬予想は、第15回秋華賞に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

関西のステップレースのローズステークス組からは、1着のアニメイトバイオ(後藤)、2着のワイルドラズベリー(池添)、3着のエーシンリターンズ(福永祐一)、4着のアパパネ(蛯名)、5着のトゥニーポート(和田)、7着のアグネスワルツ(柴田善)、8着のオウケンサクラ(内田博)、10着のレディアルバローザ(幸)が第15回秋華賞に出走する。アニメイトバイオのローズステークスの勝利は、アパパネを含むオークス上位組を負かしてのものであり、夏場の成長を感じさせる強い内容であった。よって、本番の第15回秋華賞においても、アニメイトバイオには要注意と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ワイルドラズベリーのローズステークスの2着は、後方を一頭で気分よく追走する展開に恵まれてのものであり、アニメイトバイトとは着差以上の能力差がある。よって、第15回秋華賞、ワイルドラズベリーがアニメイトバイオを逆転する可能性は低いと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、第15回秋華賞でエーシンリターンズの3着は、プラス12キロで仕上がり途上の体調を考慮すると、悪い内容ではなかった。よって、第15回秋華賞、エーシンリターンズに押さえ程度の評価は必要と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、第15回秋華賞は、アパパネは、断然の1番人気でローズステークスに臨んだが、ゴール前で伸びを欠いてしまい、4着に敗れてしまった。しかしながら、アパパネのローズステークスの4着は、明らかな太目残りが影響したものである。アパパネは、春もトライアルレースのチューリップ賞で2着に敗れたが、桜花賞及びオークスではきっちりと差し切っており、本番での巻き返しは濃厚である。よって、第15回秋華賞において、アパパネが3冠を達成する可能性は高いと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、アグネスワルツのローズステークスの7着は、逃げる自分のレースができなかったことによるものであり、度外視可能である。よって、第15回秋華賞、マイペースで逃げる自分の競馬さえできれば、展開利を生かして、アグネスワルツが粘り込んでもおかしくないと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、オウケンサクラのローズステークスの8着は、インの3番手の絶好位を追走してのものであり、レース内容的にも見所がなかった。また、オウケンザクラは桜花賞で2着に好走しており、実績だけ考えると叩き2走目で本領を発揮すればG1でも通用するようにも思えるが、桜花賞の2着は超スローペースを楽に逃げる展開に恵まれたものであり、着順ほどの価値はない。一方、レディアルバローザは、ローズステークスで負けすぎである。よって、第15回秋華賞において、オウケンサクラ及びレディアルバローザが好走する可能性は低いと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、中山のトライアルレースの紫苑ステークスからは、1着のディアアレトゥーサ(安藤勝)、2着のクラックシード(吉田豊)及び3着のコスモネモシンが第15回秋華賞に出走する。紫苑ステークスでは、コスモネモシンが直線で大きな不利を受けており、レース内容的には、ディアアレトゥーサ及びクラックシードを大きく上回る。よって、第15回秋華賞、紫苑ステークス組の中ではコスモネモシンにだけ注意を払えばよい。ただし、コスモネモシンは、春のクラシック戦線で一線級相手では通用していない。よって、コスモネモシンが第15回秋華賞で通用するには展開などの助けが必要とも競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、札幌で行われたクイーンステークスからは、1着のアプリコットフィズ(武豊)及び5着のショウリュウムーン(四位)が第15回秋華賞に出走する。アプリコットフィズのクイーンステークスの勝利は、自ら勝ちに行って後続に1馬身差をつける強い競馬と見ることもできるが、冷静に振り返ると、開幕週の先行馬有利の馬場をマイペースで先行する展開に恵まれたものでもある。また、アプリコットフィズは、2番人気で臨んだ桜花賞において、スローペースのインの3番手という絶好位を走りながらも、直線で伸びを欠いており、人気ほどの実力はない。よって、第15回秋華賞、馬券の期待値を高めるために、武豊騎手が騎乗することで更に人気になりそうなアプリコットフィズを押さえ程度にとどめるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ショウリュウムーンのクイーンステークスの5着は、直線で前が壁になる不利を受けのものであり、レース内容的には悪くない。また、ショウリュウムーンは、桜花賞でも内で包まれて脚を余しながらも、アプリコットフィズに先着している。よって、第15回秋華賞、馬券の期待値を考慮して、アプリコットフィズならばショウリュウムーンに高い評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、別路線組では、サンテミリオン(藤岡佑)、スマートシルエット(松岡)及びブルーミングアレー(三浦)が第15回秋華賞に出走する。サンテミリオンは、アパパネと同着でオークスを制しており、実力的には3歳世代のトップクラスである。サンテミリオンにとっての課題は、休み明けのぶっつけ本番でレースに臨むことだが、これは当初から予定されていたもので、調整の狂いではなく、大きな問題ではない。ただし、予定通りとはいえ、ぶっつけ本番はプラスの要素ではない。また、落馬で負傷した横山典騎手が騎乗できない点も、サンテミリオンにとってはマイナスに働きそうである。よって、第15回秋華賞、実力・実績自体には高い評価を与えつつも、減点材料もあるサンテミリオンを過信すべきでないと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、スマートシルエットは、芝の2戦で他馬をよせつけずに連勝しており、芝ならば能力的に底を見せていない。特に、前々走の500万特別戦では、5馬身差でレコード勝ちを収めている。一方、ブルーミングアレーもスマートシルエットと同様に、2連勝中であり、春のクラシック戦線では上位と能力的に大きな差がないことを示した。よって、第15回秋華賞、スマートシルエット及びブルーミングアレーが抽選を突破して出走してくるようであれば、それなりの評価が必要と競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、競馬理論の競馬予想は、第15回秋華賞に出走する有力各馬の能力を分析した。この結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第15回秋華賞の最終的な予想を決断する。競馬理論の競馬予想のファンの方は、第15回秋華賞の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>