14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 秋華賞 > 第14回秋華賞

2009年秋華賞「第14回秋華賞」

2009/10/18 UP
by 予想屋マスター
回顧録

秋華賞 -G1- 京都競馬場/芝内2000m 右
条件:サラブレッド系3歳牝馬 賞金:8900万円

第14回秋華賞の結果は、3冠達成で注目を集めたブエナビスタが2位に敗れ、その上、3着に降着となる波乱の結末となった。

競馬理論は、秋華賞の結果は、ブエナビスタ以外には負けそうもなく、先行力もあるレッドディザイアを、馬券的な期待値を含めて、本命に予想した。

レースでは、レッドディザイアは、中段の内目を追走し、3コーナー過ぎから馬なりで進出すると、直線では早めに先頭に立った。

そして、秋華賞の結果は、レッドディザイアは、一完歩ずつ差を詰めるブエナビスタの追い込みを凌ぎきって、第14回秋華賞の結果を制覇した。

レッドディザイアの第14回秋華賞の結果の勝利は、四位騎手のこれ以上ないくらいの素晴らしい騎乗とブエナビスタの仕掛け遅れに恵まれてのものだが、ブエナビスタの追い込みを凌ぎきったこと自体には高い評価が必要である。

よって、秋華賞の結果の後のレースにおいても、先行馬が少ないレースやイン有利な馬場で行われるレース、レッドディザイアにブエナビスタ以上の評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

一方、第14回秋華賞は、単勝1.8倍と圧倒的な人気を集めたブエナビスタは、2位入線を果たしたものの、3着に降着となってしまった。

ブエナビスタは、京都の内回りを意識して、いつものような最後方からの競馬ではなく、後方集団の内目から競馬を進めたが、4コーナーで前が詰まってしまい仕掛けが遅れてしまった。

しかしながら、ブエナビスタは、直線で前が開くと、いつも通りの鋭い末脚を披露して、レッドディザイアに迫ったが、ハナ差だけ届かず、2位に敗れてしまった。

ブエナビスタの第14回秋華賞の結果の敗戦は、内枠が災いして前が詰まってのものであり、レース内容的にはレッドディザイアよりも上である。

しかしながら、小回りの京都内回りで行われた第14回秋華賞の結果においても、ブエナビスタが、いつものように最後方から大外をまくる競馬をして、レッドディザイアを差し切れたかというと、差し切れなかった可能性が高い。

よって、今後のレースにおいても、ブエナビスタの能力には常に高い評価を与える必要があるが、追い込み一手で圧倒的な人気になることを考慮すると、イン有利な馬場でのレースや先行馬が少ないレース、ブエナビスタを疑ってみるべきと競馬理論では判断している。

一方、第14回秋華賞の結果、ブロードストリートが3位入線から、2着に繰り上がった。

ブロードストリートは、ブエナビスタをマークするように後方からレースを進めたが、それが災いしてしまい、3コーナー過ぎでブエナビスタに前をカットされる不利を受けてしまった。

しかしながら、ブロードストリートは、その不利から立て直し、直線で内目から追い込んだが、3位入線が精一杯であった。

ブロードストリートの第14回秋華賞の結果の3位入線は、上位2頭に1馬身以上の差をつけられてのものであるが、勝負所の3コーナー過ぎでの不利を考慮すると、着差ほどの能力差はない。

よって、今後の重賞戦線においても、ブロードストリートに、レッドディザイア及びブエナビスタと差のない評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

以上のように、第14回秋華賞の結果は、ブエナビスタが敗れる波乱の結果となってしまった。

しかしながら、ブエナビスタは、敗れはしたものの、レース内容的にはいつも通りの強さを見せており、悲観すべきではない。

よって、今後も、ブエナビスタとレッドディザイアの3歳牝馬対決には大いに注目すべきと競馬理論では判断している。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください