14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 関屋記念 > クラレントが5つ目の重賞制覇
2014/08/21
予想屋マスター
回顧録

関屋記念 -G3- 新潟競馬場/芝外1600m 左
条件:サラ系3歳以上 賞金:3800万円

2014年関屋記念 クラレントが5つ目の重賞制覇

第49回関屋記念は、4番人気であったクラレント(田辺裕信)が1番人気のダノンシャーク(内田博幸)を差し切って、勝利を収めた。

競馬理論の競馬予想では、クラレントの近2走での敗戦は、度外視が可能であると判断し、過去の重賞レースにおいて4勝している実績を評価した。
また先行馬不在のメンバー構成で、かつ器用な先行力を持っているクラレントを本命に予想した。

レース中、クラレントは好位の外目を進み、抜群の手応えのまま直線に入ると、先に抜け出していたダノンシャークをゴール前で一気に差し切って、第49回関屋記念を制覇した。

第49回関屋記念におけるクラレントの勝利という結果は、一線級のメンバーが不在であったこと、また夏場のG3レースならば、他の出走馬と比べても能力が上であることを改めて示した。

すなわち、第49回関屋記念以降の重賞レース戦線の競馬予想においても、先行馬有利の展開になるならば、クラレントには高い評価を与えて当然であるといえる。

一方で、第49回関屋記念で1番人気に推されていたダノンシャークは2着に敗れてしまった。

競馬理論の競馬予想では、G1レースにおいて何度も好走歴があるダノンシャークにも高い評価を与えていた。

レース中、ダノンシャークは、すんなりと先行し、3番手を確保した。
そして、残り2ハロン程度で先頭に立って粘り込みを狙ったが、クラレントに差されてしまった結果、2着止まりであった。

第49回関屋記念におけるダノンシャークの2着という結果は、58キロの斤量を背負って早めに先頭に立っていく横綱競馬ではあったが、他の出走馬に目標にされた分だけ差されてしまった。しかし、今後、ダノンシャークがG1レースを目指すのであれば、勝たなければいけないレースであったともいえる。

今後、ダノンシャークはマイルチャンピオンシップへの出走が予定されているが、一線級メンバーが揃う中で、ダノンシャークが勝ちきるためには展開も含めた他の助けが必要と判断すべきであるともいえる。

そして、第49回関屋記念では6番人気のサトノギャラント(北村宏司)が3着に追い込んだ。

サトノギャラントは、いつものようにスタートが悪かったため、後方2番手からレースを進めていた。
この展開の中、サトノギャラントは、直線で前がバラけると馬群を縫うように脚を伸ばして、3着に追い込んだ。

第49回関屋記念におけるサトノギャラントの3着という結果は、ロスの少ない競馬をさせた北村宏司騎手の好騎乗に恵まれたとも判断できるが、堅実にいい脚を使うことを改めて示したレース内容でもあった。

このことから、第49回関屋記念以降の重賞レース戦線においては、 差しが届きやすい馬場や展開の時においては、サトノギャラントに高い評価を与えるべきであると判断している。
以上のように、第49回関屋記念は、クラレントの勝利で幕を閉じた。
ただし、第49回関屋記念組は、一線級メンバーの中に入ると能力的に一枚落ちることも否めないので、
秋の重賞レース戦線で好走するためには展開も含めた他の助けも必要と判断すべきである。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>