15年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
回収率が最も高い特別プランはこちら
締切まで
プロプランの抽選に応募
TOP > 競馬予想コラム > 関屋記念 > ドナウブルーの連覇なるか?
2013/08/09
予想屋マスター

出走日:2013年08月11日(日)
関屋記念 -G3- 新潟競馬場/芝外1600m 左
条件:サラ系3歳以上 賞金:3800万円

2021年関屋記念 ドナウブルーの連覇なるか?

今週のメインレースは、夏のマイル王決定戦の第48回関屋記念である。
第48回関屋記念は、直線の長い新潟競馬場のマイルが舞台ということもあり、スローの瞬発力勝負となることが多く、混戦が予想される。そこで、競馬理論の競馬予想では、第48回関屋記念に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

エプソムカップ組からは、2着のジャスタウェイ(福永祐一)が第48回関屋記念に出走する。

ジャスタウェイのエプソムカップの2着という結果は、8枠の発走からうまく内に潜り込ませてロスのない競馬をさせた福永祐一騎手の好騎乗に恵まれたと見ることもできるが、スローペースで若干脚を余し気味の強いレース内容であった。

よって、第48回関屋記念の競馬予想においては、スローペースの瞬発力勝負が得意なジャスタウェイに本命級の高い評価を与えて当然である。

一方、パラダイスステークス組からは、1着のレッドスパーダ(北村宏司)が第48回関屋記念に出走する。

レッドスパーダのパラダイスステークスの勝利という結果は、弱いメンバー構成とスローペースを楽に先行する展開に恵まれたものと見ることもできるが、58キロの斤量を考慮すると立派である。

よって、第48回関屋記念の競馬予想においては、新潟のマイル戦ということでスローペースで先行できる展開面を考慮すると、レッドスパーダの先行粘り込みにも要注意と判断すべきである。

一方、ヴィクトリアマイル組からは、7着のゴールデングローブ(藤岡康太)が第48回関屋記念に出走する。

ゴールデングローブのヴィクトリアマイルの7着という結果は、コーナーワークでロスのない競馬によるものだが、ヴィルシーナが2番手から押し切る前残りの展開を0秒4差まで追い込んでおり、レース内容としては良くも悪くもない。

よって、第48回関屋記念の競馬予想においては、新潟競馬場向きの瞬発力を持つゴールデングローブにもそれ相応の高い評価を与えるべきである。

一方、中京記念組からは、1着のフラガラッハ(高倉陵)、2着のミッキードリーム(太宰啓介)、4着のドナウブルー(内田博幸)、5着のワイズリー(松山弘平)、7着のザラストロ(酒井学)、9着のムクドク(戸崎圭太)、10着のランリョウオー(石橋脩)、11着のウインドジャズ及び15着のシャイニーホーク(蛯名正義)が第48回関屋記念に出走する。

フラガラッハの中京記念の勝利という結果は、スローの前残りの展開を差し切ったこと自体は立派だが、内側が荒れた最終週の馬場に恵まれたものでもある。

よって、第48回関屋記念の競馬予想においては、フラガラッハの瞬発力に注意を払うべきだが、中京記念の連覇だけで過大評価は禁物である。

一方、ミッキードリームの中京記念の2着という結果は、スローペースを気分よく先行する展開及び直線で馬場の綺麗な外目に持ち出せたことによるものであり、重賞2着ほどの価値はない。

よって、第48回関屋記念の競馬予想においては、ミッキードリームに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

一方、ドナウブルー、ワイズリー、ザラストロ、ムクドク、ランリョウオー、ウインドジャズ及びシャイニーホークは、中京記念の見所のないレース内容を見る限り、第48回関屋記念の競馬予想において高い評価は不要である。ただし、ドナウブルーは、去年の関屋記念の覇者であり、去年の関屋記念のようにスローペースを楽に先行できるようであれば前残りの展開を生かして好走可能と判断すべきである。

また、シャイニーホークは、中京記念で折り合いを欠いて大きく敗れただけで度外視可能である。なお、シャイニーホークは、六甲ステークスのように折り合った競馬さえできれば、マイラーズカップ2着且つエプソムカップ3着馬のサンレイレーザーを破っている。

よって、第48回関屋記念の競馬予想においては、シャイニーホークの巻き返しにも注意を払うべきである。

一方、福島テレビオープン組からは、1着のシルクアーネスト(宮崎北斗)が第48回関屋記念に出走する。

シルクアーネストの福島テレビオープンの勝利という結果は、イン有利の馬場において1枠を生かして道中はインで待機する展開に恵まれたものと見ることができる。

ただし、シルクアーネストは、エプソムカップにおいて、出遅れて外を回らされたにもかかわらず0秒5差で走っており、ジャスタウェイやサンレイレーザーと着順ほどの大きな差があるわけではない。

よって、第48回関屋記念の競馬予想においては、外の差しが届く展開になるようであれば、シルクアーネストに多少の注意が必要と判断すべきである。

一方、バーデンバーデンカップ組からは、3着のレオアクティブ(横山典弘)及び5着のラインブラッド(田中勝春)が第48回関屋記念に出走する。

レオアクティブのバーデンバーデンカップの3着という結果は、 イン有利の馬場において大外を回らされてのものであり、負けて強しのレース内容であった。
よって、第48回関屋記念の競馬予想においては、外の差しが届く展開になるようであればレオアクティブにもそれなりの高い評価を与えるべきである。
一方、ラインブラッドは、バーデンバーデンカップの見所のないレース内容を見る限り、第48回関屋記念の競馬予想で高い評価は不要である。
以上のように、競馬理論の競馬予想では、第48回関屋記念に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第48回関屋記念の最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第48回関屋記念の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>