14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 関屋記念 > レインボーペガサスが日本ダービー5着の底力を発揮
2011/08/07
予想屋マスター
回顧録

関屋記念 -G3- 新潟競馬場/芝外1600m 左
条件:サラ系3歳以上 賞金:3800万円

2011年関屋記念 レインボーペガサスが日本ダービー5着の底力を発揮

関屋記念の結果は、半年ぶりの休み明けでレースに臨んだ、レインボーペガサスの勝利という結果で幕を閉じた。

競馬理論は、準オープン価勝ち直後で一見格下に見えるが、3歳時にきさらぎ賞勝ち、皐月賞4着、日本ダービー5着の実績を持つレインボーペガサスにかなり高い評価を与えていたが、新潟得意のセイクリッドバレーの方が連軸向きと判断して、対抗評価にとどめてしまった。

関屋記念のレースでは、レインボーペガサスは、3番手の外目からレースを進めた。

そして、レインボーペガサスは、直線半ばで馬なりのまま先頭に立つと、後続の追い込みを退けて、関屋記念を制覇した。

レインボーペガサスの関屋記念の結果の勝利は、ハイペースを早め先頭で押し切る横綱競馬によるものであり、力の違いを見せつけた。

ただし、関屋記念の結果のメンバーは、夏場のG3ということもあって、オープン特別に毛が生えたレベルであったことも確かである。

よって、今後の重賞戦線においても、復調したレインボーペガサスにそれなりの高い評価を与えるべきだが、その評価はメンバー次第と競馬理論では判断している。

一方、関屋記念の結果の2着には、エアラフォン(福永祐一)が追い込んだ。

競馬理論は、3連勝中の勢いには高い評価を与えていたが、出遅れ癖がある割に人気になっている点を考慮し、エアラフォンを押さえ評価にとどめた。関屋記念の結果のレースでは、エアラフォンは出遅れてしまったこともあり、後方からの競馬となった。

そして、エアラフォンは直線に向くまでじっと待機し、直線で大外に持ちだされると、上がり33秒1の脚を使って追い込んだが2着止まりであった。

エアラフォンの関屋記念の結果の2着は、出遅れを克服して最後方から上がりナンバーワンの脚で追い込んだものであり、それなりの評価は必要だが、直線の長い新潟コースに助けられた感も否めない。

よって、今後の重賞戦線、充実著しいエアラフォンにそれなりの評価を与えるべきだが、出遅れ癖があるので人気になるようであれば評価を下げるべきである。

特に、先行馬が少ないレースや内が有利な馬場のレース、エアラフォンを軽視し、先行馬が揃ったレースや外が伸びる馬場のレース、エアラフォンの評価を上げるべきと競馬理論では判断している。

一方、関屋記念の結果では、3番人気のサトノフローラ(北村宏)が3着に入った。

競馬理論は、新潟2戦2勝のコース実績を評価しつつも、格下なのに人気になり過ぎていると判断し、サトノフローラの評価を下げてしまった。

レースでは、サトノフローラは後方の外目を追走し、直線に向くとオープン馬と互角の脚を披露し、3着に好走した。

サトノフローラの関屋記念の結果の3着は、1000万下の身からの格上げ挑戦であることを考慮すると、見せ場十分の大健闘なレース内容であった。

よって、サトノフローラが次走で新潟コースの自己条件に出走するようであれば、負けられない一戦になると競馬理論では判断している。

一方、競馬理論の本命で1番人気のセイクリッドバレーは、5着に敗れてしまった。

セイクリッドバレーは、最後方からの競馬となったが、人気を意識したのか3コーナー過ぎから外を回って上がっていった。

しかしながら、セイクリッドバレーは、直線に向くと伸びを欠いてしまい5着に敗れてしまった。

セイクリッドバレーの関屋記念の結果の5着は、直線の長い外回りの新潟コースの3~4コーナーで外を回って脚を使ってしまったものであり、力負けではない。

よって、今後の重賞戦線において、セイクリットバレーが巻き返す可能性は高いと競馬理論では判断している。

以上のように、レインボーペガサスが復調して関屋記念を制覇した。

しかしながら、関屋記念の結果は、1000万級のサトノフローラが3着に、好走したことからも分かるように、重賞にしては冴えないメンバー構成だったことも確かである。

よって、関屋記念の結果が秋のG1戦線に直結しない可能性が高いとも競馬理論では判断している。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>