14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 関屋記念 > 第43回関屋記念

2008年関屋記念「第43回関屋記念」

2008/08/10 UP
by 予想屋マスター
回顧録

関屋記念 -G3- 新潟競馬場/芝外1600m 左
条件:サラ系3歳以上 賞金:3800万円

関屋記念の結果では、マルカシェンク(福永祐一)が快勝し、河内厩舎に初の重賞制覇をもたらした。

競馬理論は、関屋記念の結果の低調なメンバー構成の中では、ダービー4着などの実績があるマルカシェンクの能力が断然と判断し、休み明けであってもマルカシェンクを自信の本命に予想した。

レースでは、マルカシェンクは、後方集団の外目を追走し、直線に向いて大外に持ち出されると上がり32秒3の切れ味を発揮して、関屋記念の結果を制した。

マルカシェンクの関屋記念の結果の勝利は、スローペースの展開を大外からまとめて差し切ったものであり、着差以上の強さを見せつけた。

よって、一線級が揃うG1を勝ち切るまでは難しいが、関屋記念の結果よりもメンバーが強い重賞であっても、マルカシェンクが好走する可能性は高い。

そのため、次走以降の重賞においてもマルカシェンクに大いに注目すべきと競馬理論では判断している。

関屋記念の結果の2着には、3ヶ月振りの休み明けでレースに臨んだリザーブカード(蛯名)が入った。

リザーブカードは、中段よりやや後ろの外目を追走し、直線でマルカシェンクと並んで追い込んだが、マルカシェンクの切れ味に屈してしまい2着に敗れた。

リザーブカードの関屋記念の結果の2着は、スローペースの展開にもかかわらず先行馬をまとめて交わしており、3着以下の馬とは力の違いを見せ付けた。

一方で、リザーブカードは、馬なりのマルカシェンクに直線で簡単に交わされてしまっており、展開などでかなり恵まれない限りマルカシェンクを逆転することはないだろう。

よって、次走以降においても、リザーブカードであればマルカシェンクに高い評価を与えるべきと競馬理論では判断している。

関屋記念の結果の3着には、8番人気と人気薄のタマモサポート(松岡)が粘り込んだ。

レースでは、フサイチアウステルの吉田豊騎手が何が何でも逃げたいという素振りを見せなかったので、松岡騎手は、タマモサポートを先頭に導いた。

すると、タマモサポートは、1000m通過59秒9の超スローペースで気分良く逃げを打てたこともあり、直線半ばまで逃げ粘っていたが、マルカシェンク及びリザーブカードに簡単に交わされてしまい3着に敗れてしまった。

タマモサポートの関屋記念の結果の3着は、超スローペースを楽に逃げる展開に恵まれてのものであって、レース内容的な価値は低い。

よって、関屋記念の結果の3着の実績だけで、次走以降で人気が上昇するようであれば、馬券の期待値を高めるために、タマモサポートの評価を下げるべきと競馬理論では判断している。

以上のように、関屋記念の結果は、マルカシェンクの強さだけが目立った一戦であった。

よって、競馬理論のファンの方は、次走以降においても、マルカシェンクの走りに注目して欲しい。

ただし、2着がリザーブカードであったことからも分かるように、マルカシェンクの関屋記念の結果の勝利は、かなり弱いメンバー構成に恵まれてのものであったことも頭の片隅に入れておくべきであろう。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください