14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 関屋記念 > 第40回関屋記念

2005年関屋記念「第40回関屋記念」

2005/07/31 UP
by 予想屋マスター
回顧録

関屋記念 -G3- 新潟競馬場/芝外1600m 左
条件:サラ系3歳以上 賞金:3800万円

関屋記念は、馬連900円、馬単1910円と本命結果であった。いつも言うように、この関屋記念は馬券を買うレースでないと競馬理論では判断している。しかし、この関屋記念は、競馬理論の回顧の正当性を実証した。関屋記念は、サイドワインダー(福永祐一)が結果、勝利を収めた。サイドワインダーは、関屋記念の道中15番手を追走し、大外から一気に差し切った。サイドワインダーは、関屋記念のレースの上がりが33.8秒を差しきっており、内容としても悪くない。
サイドワインダーは、新潟や京都のように追い込みが決まる馬場であれば、関屋記念後の重賞戦線でも好勝負を繰り返すと競馬理論では判断している。ところで、私の競馬予想は、サイドワインダーの勝利を関屋記念の2週間前から予言していた。北九州記念の回顧の最後で述べたが、サイドワインダーは、マイル程度の距離の重賞では上位を賑わすと予言していた。サイドワインダーは、北九州記念で最も内容がいいレースをしていたからである。競馬のレースを見るときは、馬券が的中したか否かよりも、そのレース結果を冷静に分析することが最も重要である。私でも、最初にレースを見るときは、自分の本命馬に目が行きがちになってしまう。そこで、私は、レースを少なくても2度以上見ることにしている。2度目以降は、レースの全体を見るように心掛けている。

このように、競馬は過去のレース結果を正しい競馬理論で回顧することが、的中への最重要事項である。競馬理論では、すべてのレース結果を毎週分析している。しかし、それを公開することは出来ないので、重賞のみの結果を公開している。競馬理論のファンの皆様は、この重賞の回顧を通して、正しい競馬理論を理解して頂ければと思っている。そうすることによって、馬券の的中は勿論、競馬の新たな楽しさを見出して頂けると思う。話がずれてしまったので、関屋記念の結果2着馬以降について分析する。

関屋記念の結果2着は、ダイワメジャー(横山典弘)であった。ダイワメジャーは、道中5番手を追走して、直線ではタイミングよく抜け出した。そして、関屋記念でダイワメジャーは、ゴール寸前まで先頭にたっていたが、最後にサイドワインダーに差されてしまった。しかし、ダイワメジャーは、差されはしたが、自ら勝ちに行っての敗戦であり、皐月賞馬の貫禄を見せつけての関屋記念の結果2着であった。

ダイワメジャーは、ローカルのGⅢで57キロならこの程度走って当然である。しかし、追い込みが届く新潟では、ダイワメジャーは、サイドワインダーに先着できない。それは、安田記念の結果から判断できる。サイドワインダーは、一年以上の休み明けの安田記念で、叩き2走目のダイワメジャーと0.2秒差であったからである。しかし、競馬の面白いところは、サイドワインダーがダイワメジャーに常に先着するわけではない。例えば、開幕週の中山の1500mで対戦すれば、ダイワメジャーがサイドワインダーに先着するのである。このように、競馬は、色々な要素が絡み合っているから難しいのである。関屋記念の結果3着には、ニューベリー(柴田善富)とインセンティブガイ(後藤浩樹)が同着で入った。

どちらも、ここまで走るとは競馬理論では予想していなかった。ニューベリー及びインセンティブガイは、今回の好走が本物であったかを次走以降分析したい。ただ、関屋記念は、ダイワメジャー及びサイドワインダーを除けば、メンバーが弱かった感が否めない結果もこの二頭を評価する上で重要であると競馬理論では考えている。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください