天才競馬予想師「予想屋マスター」が、長年の研究と独自の競馬理論に基づいた競馬予想を配信するサイトです。

お客様の声
お客様の声
TOP > 競馬予想 > 皐月賞 > ファンディーナが敗れ波乱の決着に

皐月賞 『ファンディーナが敗れ波乱の決着に』

レース回顧録

優勝馬: アルアイン 優勝騎手: 松山弘平

皐月賞(2017年)は、1番人気に推された牝馬ファンディーナを始めとする人気馬が総崩れとなり、3連単100万馬券の大波乱の決着となった。
その大波乱の皐月賞(2017年)を制したのは、9番人気のアルアイン(松山弘平)であった。
競馬理論の競馬予想では、先行力のある器用な脚質と能力的に底を見せていない点を考慮して、アルアインを馬券対象として評価しつつも、本命にすることはできなかった。
レースでは、アルアインは、1番人気のファンディーナと並ぶ位置を進んだが、3~4コーナーで反応が悪く一旦は位置取りを下げた。
そこから、アルアインは、再度脚を使って馬群を割り、ペルシアンナイトとの叩き合いを制して、皐月賞(2017年)を制覇した。
アルアインの皐月賞(2017年)の制覇という結果は、自在性がある上に叩き合いで勝負根性を見せており、力で押し切る強い内容であった。
よって、日本ダービーの競馬予想においても、能力的に底を見せていないアルアインに皐月賞(2017年)馬として高い評価を与えて当然である。

一方、皐月賞(2017年)ではアルアインと同じ池江泰寿厩舎の4番人気ペルシアンナイト(デムーロ)が2着に入った。
競馬理論の競馬予想では、能力的に底を見せていない上にデムーロ騎手騎乗を考慮し、ペルシアンナイトにも高い評価を与えていた。
レースでは、ペルシアンナイトは、後方で1~2コーナーを回ったが、向こう正面からインを突いてポジションを上げた。
そして、ペルシアンナイトは、直線でも内を突いて一旦は先頭に立ったが、アルアインに外から差されてしまい、2着止まりであった。
ペルシアンナイトの皐月賞(2017年)の2着という結果は、ロスのない競馬をさせたデムーロ騎手の好騎乗に恵まれたものである。
よって、日本ダービーの競馬予想においては、ペルシアンナイトが好走するためには、再度デムーロ騎手の好騎乗の助けが必要と判断すべきである。

一方、皐月賞(2017年)では、12番人気のダンビュライト(武豊)が3着に入った。
ダンビュライトは、好位の外目を追走し、直線でも外からジリジリと脚を使ってファンディーナとの叩き合いは制したが、3着止まりであった。
ダンビュライトの皐月賞(2017年)の3着という結果は、終始外を回らされており、コース取りの差を考えると上位2頭とは着差ほどの能力差はない。
よって、日本ダービーの競馬予想においては、ダンビュライトの皐月賞(2017年)の走りをフロック視するのは危険で、それなりの高い評価を与えるべきである。

以上のように、皐月賞(2017年)は、アルアイン及びペルシアンナイトの池江泰寿厩舎のワンツーフィニッシュとなった。
皐月賞(2017年)が大波乱の決着であったことからもわかるように、2017年の牡馬クラシック戦線は、大混戦模様である。
競馬理論のファンの方は、混戦の牡馬クラシック戦線の穴予想をお楽しみに。


競馬好き必見♪
予想屋マスター情報から今週の耳よりニュースまで!
片山・麻生がお届けします(≧∀≦*)
友だち追加

「レース回顧録」をもっと読む