14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 皐月賞 > ロジユニヴァースが連勝を続けるか?
2012/06/29
予想屋マスター

出走日:2012年07月01日(日)
皐月賞 -G1- 中山競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳牡・牝 賞金:9700万円

2012年皐月賞 ロジユニヴァースが連勝を続けるか?

今週のメインレースは、牡馬のクラシック第1弾の第69回皐月賞である。
今年の牡馬クラシック戦線は、牝馬クラシック戦線のブエナビスタのような抜きん出た馬こそ不在だが、力差のはっきりとしたメンバー構成となりそうである。
そこで、第69回皐月賞に出走する有力各馬を、ステップレースごとに分析する。

クラシックに最も直結するトライアルの弥生賞組からは、1着のロジユニヴァース(横山典)、2着のミッキーペトラ(田中勝)、3着のモエレエキスパート(三浦)、6着のアーリーロブスト(福永祐一)及び8着のセイウンワンダー(内田博)が第69回皐月賞に出走する。
ロジユニヴァースは、5戦5勝と底を見せておらず、第69回皐月賞でも人気になって当然である。
ロジユニヴァースは、前走の弥生賞でこそ、スピードの違いでハナを切って、逃げ切り勝ちを収めたが、それ以前のレースでは、逃げない競馬でも勝利を収めており、展開に左右されない点も魅力である。
更に、ロジユニヴァースは、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスにおいて、きさらぎ賞を3馬身半差で圧勝したリーチザクラウンを4馬身差で破っており、メンバー比較でも断然である。
よって、追い込みが届き辛い中山競馬場の芝コースで行われる第69回皐月賞、皐月賞向きの器用な先行力を持つロジユニヴァースに本命級のかなり高い評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ロジユニヴァースの2番手を追走して2着に粘り込んだミッキーペトラ(田中勝)及びインの3番手という絶好位で無駄な距離を走らずに3着に好走したモエレエキスパートは、超スローペースとイン有利の馬場状態に恵まれて好走しただけであり、レース内容的な価値は低い。
また、押さえる競馬で見せ場なく6着に敗れたアーリーロブストは、スローの2番手から抜け出す展開に恵まれて京成杯を制覇して、第69回皐月賞への出走権を確保した。
よって、第69回皐月賞、ミッキーペトラ、モエレエキスパート及びアーリーロブストが好走する可能性はかなり低いと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、セイウンワンダーは、休み明けということで526キロと太目残りで臨んだ弥生賞で、見せ場なく8着に敗れてしまった。
セイウンワンダーの弥生賞の8着は、休み明けの太め残り、且つ、外が伸びない馬場で終始外を回らされる不利な展開を度外視しても、酷いレース内容であった。
よって、第69回皐月賞において、セイウンワンダーが一変して勝利する可能性は低い。
ただし、ミッキーペトラ、モエレエキスパート及びアーリーロブストあたりよりは、一変する可能性を多少ながらも秘めている2歳チャンピオンのセイウンワンダーに高い評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、スプリングステークス組からは、1着のアンライバルド(岩田)、2着のレッドスパーダ(北村宏)、3着のフィフスペクトル(安藤勝)、7着のリクエストソング(後藤)、14着のメイショウドンタク及び16着のイグゼキュティヴ(松岡)が第69回皐月賞に出走する。
アンライバルドは、スプリングステークスにおいて、1000m通過62秒6の超スローペースを大外から差し切って勝利を収めており、着差以上の強さを見せつけた。
よって、第69回皐月賞においても、スプリングステークス組ではアンライバルドが最先着を果たす可能性が高い。
なお、アンライバルドにとっての課題は、別路線組との比較であるが、スプリングステークスでの強い勝ちっぷりや、デビュー戦でリーチザクラウン及び桜花賞馬のブエナビスタに完勝した実績から、能力的には互角以上である。
ただし、アンライバルドは、追い込み脚質なので、小回りの中山競馬場で脚を余すリスクを考慮して、最終評価を下すべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、レッドスパーダのスプリングステークスの2着は、1000m通過62秒6の超スローペースを楽に2番手から追走する展開に恵まれたものであり、レース内容的な価値は低い。
よって、第69回皐月賞においてレッドスパーダが好走する可能性はかなり低いと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、フィフスペクトルは、スプリングステークスにおいて、休み明けの上に、内で包まれて外に出すのに苦労したこともあって、3着に追い込むのが精一杯であった。
よって、第69回皐月賞、フィフスペクトルがレッドスパーダを逆転する可能性が高いが、フィフスペクトルがアンライバルドを逆転できるかというと微妙である。
ただし、馬券圏内を外したことがない堅実さは魅力であり、フィフスペクトルにはそれ相応の評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、リクエストソングのスプリングステークスの7着は、折り合いを欠いてのものであり、度外視することもできるが、スローペースで好位を追走して伸びを欠いてのものでもあり、第69回皐月賞でも過大評価は禁物である。
また、メイショウドンタクは、スプリングステークスにおいて、まったく見せ場なく14着に敗れており、第69回皐月賞では通用しない。
一方、イグゼキュティヴは、スプリングステークスが負けすぎで通常ならば通用しないが、休み明けで20キロ増だったことを考慮すると、度外視することもできる。
そうすると、札幌2歳ステークスでロジユニヴァースと差のない競馬をした実績や京都2歳ステークスでアンライバルドを破った実績があることに気付く。
よって、第69回皐月賞において、松岡騎手がイン突きの上手い騎乗をすれば、人気が急落したイグゼキュティヴが大穴候補になり得ると競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、関西のステップレースの若葉ステークス組からは、1着のベストメンバー(四位)及び2着のトライアンフマーチ(武幸四郎)が第69回皐月賞に出走を予定している。
ベストメンバーの若葉ステークスの勝利は、イン有利の馬場状態を大外から差し切ってのものであり、着差以上の強さを見せつけた。
しかしながら、ベストメンバーは、京都2歳ステークス及びきさらぎ賞において、第69回皐月賞の有力馬に完敗していることから、若葉ステークスの勝利は、弱いメンバーに恵まれただけと見ることもできる。
よって、第69回皐月賞、弱いメンバーに恵まれて若葉ステークス勝ちを収めたベストメンバーに押さえ程度の評価を与えれば十分と競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、トライアンフマーチの若葉ステークスの2着は、弱いメンバー構成だけでなく、イン有利の馬場でインの3番手を追走する展開に恵まれてのものであり、レース内容的な価値は低い。
よって、第69回皐月賞、トライアンフマーチを無印評価にとどめておけばよいと競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、別路線組では、皐月賞ではナカヤマフェスタに注目すべきである。
ナカヤマフェスタは、皐月賞の前走の京成杯でこそ、アーリーロブストに敗れてしまったが、超スローペースで脚を余す展開及び3~4コーナーでの不利がこたえてのものであって、レース内容的には圧倒的な強さを見せつけた。
更に、ナカヤマフェスタは、皐月賞の前々走の東京スポーツ杯において、共同通信杯を圧勝したブレイクランアウトの追い込みを凌ぎ切って勝利を収めており、一線級相手でも通用する能力を示した。
よって、3ヶ月ぶりの競馬となる第69回皐月賞においても、能力的にG1でも通用するナカヤマフェスタに高い評価を与えるべきと競馬理論の競馬予想では判断している。

以上のように、競馬理論の競馬予想は、第69回皐月賞に出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第69回皐月賞の最終的な予想を決断する。
競馬理論の競馬予想のファンの方は、第69回皐月賞の予想をお楽しみに。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>