15年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
回収率が最も高い特別プランはこちら
締切まで
プロプランの抽選に応募
TOP > 競馬予想コラム > 皐月賞 > 第69回皐月賞
2009/04/19
予想屋マスター
回顧録

皐月賞 -G1- 中山競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳牡・牝 賞金:9700万円

2021年皐月賞 第69回皐月賞

戦前は3強対決と言われていた
第69回皐月賞の結果は、
アンライバルド(岩田)の独壇場で幕を閉じた。

競馬理論は、
アンライバルドの素質に高い評価を与えつつも、
小回りの中山競馬場で脚を余す
可能性を考慮して、
皐月賞では本命評価とすることはできなかった。

皐月賞レースでは、アンライバルドは、
中段の馬込みの中で競馬を進めた。

そして、アンライバルドは、
4コーナー手前で岩田騎手に仕掛けられると、
抜群の反応であっという間に先頭に立ち、
そのまま押し切って、第69回皐月賞の結果を制覇した。

アンライバルドの第69回皐月賞の結果の勝利は、ハイペースながらもいつもより前目の位置を追走してのものであり、完璧な内容であった。

よって、アンライバルドが
直線の長い東京コースで行われる
皐月賞後の日本ダービーを制して
2冠馬となる可能性が高い
と競馬理論では判断している。

一方、第69回皐月賞の結果の2着には、
トライアンフマーチ(武幸四郎)が入った。

競馬理論は、
イン有利な馬場をインの3番手で
好走した毎日杯での好走で
出走権を獲得したトライアンフマーチを
皐月賞では無印評価としてしまった。

皐月賞レースでは、トライアンフマーチは、
スタートで出遅れてしまい、
最後方からの競馬となった。

そして、トライアンフマーチは、
直線で大外に持ち出されると、
上がり34秒4のメンバー最速の脚を使って、
皐月賞の結果2着に追い込んだ。

トライアンフマーチの第69回皐月賞の結果の2着は、追い込み馬が上位を独占した超ハイペースの展開に恵まれてのものであって、レース内容的な価値は低い。

よって、第69回皐月賞の結果よりも
ハイペースとなる可能性が低い
皐月賞後の日本ダービー、
第69回皐月賞の結果の2着だけで
人気になりそうなトライアンフマーチを
過大評価すべきではない
と競馬理論では判断している。

一方、第69回皐月賞の結果の3着は、
2歳チャンピオンの
セイウンワンダー(内田博)であった。

セイウンワンダーは、
後方集団の外目を追走したが、
3コーナー過ぎのペースが上がったところで
ついていけなくなってしまった。

しかしながら、セイウンワンダーは、
直線に向くと、
馬群を割って伸びてきて、結果3着に追い込んだ。

セイウンワンダーの第69回皐月賞の結果の3着は、2歳チャンピオンの意地を見せたものだが、ハイペースで前潰れの展開に恵まれたものでもある。

よって、皐月賞後の日本ダービー、
2歳チャンピオンの実績を評価して、
セイウンワンダーに押さえ程度の評価を
与えるべきではあるが、
本命級の高い評価までは与える必要がない
と競馬理論では判断している。

競馬理論が本命に予想した
皐月賞1番人気のロジユニヴァース(横山典)は、
見せ場すらない結果となってしまった。

皐月賞レースでは、ロジユニヴァースは、
先行集団の内目からレースを進めたが、
4コーナーで追い出されるとまったく伸びず、
結果14着に敗れてしまった。

ロジユニヴァースの第69回皐月賞の結果の敗戦は、ハイペースで前崩れという不利な展開を考慮しても、故障したのではないかと思うくらい見せ場のないものであった。

レースが終わってからの結果論でしかないが、
これまでのレースを振り返ってみると、
弥生賞ではマイペースの単騎逃げ、
ラジオNIKKEI杯2歳ステークスでは
リーチザクラウンから大きく離れた
2番手を単騎で逃げた状態で追走する
展開に恵まれて圧勝したものであり、
今回のようにもまれる競馬を
経験していなかったことが
結果影響したものである。

よって、皐月賞後の日本ダービー、
マイペースで先行する
自分の競馬ができるかどうかによって、
ロジユニヴァースが巻き返し可能か否かが
決まると競馬理論では判断している。

以上のように、第69回皐月賞の結果は、
3強のうちの2頭が崩れてしまい、
大波乱の結果となってしまった。

そして、競馬理論の予想としても、
皐月賞の結果は久々に的外れな予想となってしまった。

今後は、このような難解なレースを含めて、
一つでも多くのレースを的中できるように
予想の精度を更に高めていきたい。

ただ、このような機会なので、
競馬理論のファンの方に、
ここでもう一度馬券の買い方を説明したい。

競馬理論は、
かなり多くの穴馬を発掘しているつもりですが、
それでもすべてのレースが
的中するわけではありません。

なぜ、競馬理論では、
口をすっぱくするほど
穴レースだけの購入を
お勧めしているかを
もう一度考え直して頂きたい。

競馬は非常に難しいので、
競馬理論のように綿密に予想しても
外れてしまうことが沢山あります

そこで、馬券が外れてしまう可能性を
常に考慮して、
実力の割に人気とならない
配当の高いレースのみを購入して、
馬券の期待値を高める買い方を推奨しております。

1レース5点買いで
50倍以上の馬券のみを購入するのであれば、
少なくとも8レースに1回でも当たれば、
プラスになります
(実際は最低50倍の馬券のみを購入するので
かなりプラスになると思いますが・・・)。

こういった買い方をすることによって、
競馬で儲けようという発想です。

競馬理論では、
他の競馬予想会社のように
毎週儲かるといった
嘘の過大広告でお客様を集める気は
まったくありません。

正直申し上げまして、
皐月賞の結果のようにまったく
見当違いな予想となってしまい、
損をしてしまう日も沢山あります
(皐月賞の結果の日に関して言えば、
10Rの京葉ステークスを的中しているため、
プラスになったと思いますが・・・)。

そのため、
一日単位でのプラス・マイナスを気になさる方は、
競馬理論の予想は向いておりません。

しかしながら、
予想を購入していただいた全員
とまではいきませんが、
競馬理論の予想の魅力に取り付かれて、
信者になって頂ける方が沢山いるのは事実です。

そこは、嘘の的中結果でお客様を集めて、
お客様を使い捨てている
他の予想会社と一線を画していると思います。

このような予想に興味がございましたら、
競馬理論の予想を是非一度体験下さい。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>