14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
\14年連続プラス収支を達成/
締切まで
抽選に応募する
TOP > 競馬予想コラム > 皐月賞 > 第67回皐月賞
2007/04/15
予想屋マスター
回顧録

皐月賞 -G1- 中山競馬場/芝2000m 右
条件:サラブレッド系3歳牡・牝 賞金:9700万円

2007年皐月賞 第67回皐月賞

第67回皐月賞の結果は、馬単の配当が17万円、3連単の配当が152万円という大波乱の結果となった。

その波乱の皐月賞の結果を制したのは、ヴィクトリー(田中勝)である。ヴィクトリーは、皐月賞の8枠17番という外枠から発走し、馬の行く気に任せて1コーナーすぎにハナに立った。

そして、ヴィクトリーは、1000m通過59秒4の平均ペースで逃げを打ち、4コーナーからはサンツェッペリンとのマッチレースとなった。ヴィクトリーは、サンツェッペリンに一旦は抜かれたものの、ゴール前に差し返して、ハナ差で第67回皐月賞の結果勝ち馬となった。

皐月賞の結果のヴィクトリーの勝利は、ノーマークで逃げる展開に助けられたものであることは確かだが、1000m通過59秒4、1400m通過1分24秒0、2000mの勝ち時計1分59秒9は、中山最終日の馬場状態を考慮すると悪くない。

つまり、皐月賞の結果のヴィクトリーの勝利をフロックという一言で片付けてしまうのは危険と競馬理論では判断している。よって、ヴィクトリーが、皐月賞後のダービーでも楽に先行できるようであれば、再度好勝負するであろう。
特に、去年のダービー(勝馬メイショウサムソン)のように、雨が降ってイン有利の馬場で今年皐月賞後のダービーが行われる場合には、ヴィクトリーを重視して予想すべきと競馬理論では判断している。

皐月賞の結果2着には、ヴィクトリーの2番手から競馬を進めたサンツェッペリン(松岡)が粘り込んだ。サンツェッペリンは、スタートから気合をつけられて先行し、ヴィクトリーの2番手から皐月賞のレースを進めた。

その後、サンツェッペリンは、松岡騎手に早めに仕掛けられ、3コーナーすぎからヴィクトリーに並びかけた。そして、サンツェッペリンは、皐月賞の残り100m地点でヴィクトリーを一旦交わしたものの、ゴール直前で差し返されてしまい皐月賞の結果2着に敗れてしまった。

しかしながら、このサンツェッペリンの皐月賞の結果2着は、皐月賞の結果勝ち馬ヴィクトリーと内容的には互角以上といえる。よって、サンツェッペリンは、先行する自分の競馬ができるようであれば、ヴィクトリーと同様に皐月賞後のダービーでも好勝負するであろう。

なお、皐月賞の結果の大波乱は、サンツェッペリンが早めに動いたことが最大の要因である。

なぜなら、サンツェッペリンが早めに仕掛けたことよって、4コーナーでは、ヴィクトリー及びサンツェッペリンは、後続を引き離してセーフティーリードを保つことができ、皐月賞のでは2頭で逃げ粘ることができた。

ヴィクトリー及びサンツェッペリンが、4コーナーで後続を待って仕掛けを我慢していたとすれば、フサイチホウオーの差し脚の餌食となっていたであろう。つまり、ヴィクトリー及びサンツェッペリンの2頭にとっては、今回の皐月賞の結果ように後続に脚を使わせる思い切った逃げがベストの競馬である。

ヴィクトリー及びサンツェッペリンは、このような自分の競馬ができれば、皐月賞後のG1戦線でも通用する可能性が高い。

2番人気のフサイチホウオー(安藤勝)は、追い込み届かず、皐月賞の結果3着に敗れてしまい初の敗戦となった。
フサイチホウオーは、スタートから行き脚がつかず、後方のインから競馬を進めた。

そして、フサイチホウオーは、4コーナーで無理矢理外に持ち出したときによれてしまい(審議対象)、一瞬仕掛けが遅れてしまった。

フサイチホウオーは、そこから抜群の切れ味となる上がり33秒9の脚で追い込んだものの、ハナ差だけ届かず3着に敗れた。

つまり、フサイチホウオーは、脚を余しての敗戦であり、内容的には皐月賞の結果の上位2頭を上回る。
よって、現時点ではフサイチホウオーが皐月賞後のダービーの最有力候補となるだろう。ただし、フサイチホウオーが、ディープインパクトなどの歴代の名馬のように、断然のダービー候補というわけではない。

そのため、フサイチホウオーが、展開や馬場状態によっては皐月賞後のダービーで再度取りこぼす可能性は否めないので、過剰に人気になるようであれば、フサイチホウオーを押さえに回して予想すべきと競馬理論では判断している。

1番人気のアドマイヤオーラ(武豊)も、フサイチホウオーと同様に、追い込み届かず4着に敗れた。アドマイヤオーラは、フサイチホウオーをマークするように、フサイチホウオーの直後のインから競馬を進めた。

そして、アドマイヤオーラは、フサイチホウオーの仕掛けを待って追撃を開始したが、フサイチホウオーとは差が詰まらず、皐月賞の結果4着でゴールした。アドマイヤオーラも、フサイチホウオーと同様に、脚を余した感が強く、皐月賞後のダービーで好走する可能性は高い。

しかしながら、フサイチホウオーとの差が詰まらなかったことを考えると、アドマイヤオーラよりもフサイチホウオーのほうが皐月賞時点では能力が上である。よって、アドマイヤオーラが、フサイチホウオーを負かして皐月賞後のダービー馬となるには、武豊騎手の騎乗や展開などの助けが必要となるだろう。

他に皐月賞の結果のレース内容で注目に値する馬は、ドリームジャーニー(蛯名)及びココナッツパンチ(吉田豊)である。

ドリームジャーニー及びココナッツパンチは、終始外を回らされ、4コーナーでもフサイチホウホーが外に膨れることによって大外に弾かれる不利を受けながら、勝ち馬と0.5秒差の競馬をしており、皐月賞の結果の着順ほど内容は悪くない。

よって、皐月賞後のダービーが外有利の馬場で行われ、フサイチホウオー及びアドマイヤオーラが、皐月賞の結果の結果を考慮して早めに仕掛けるようであれば、ドリームジャーニー及びココナッツパンチが、大外一気の伸び脚を発揮するだろう。

以上のように、皐月賞の結果は、人気薄の先行馬2頭(ヴィクトリー及びサンツェッペリン)が粘り込む波乱の結果となった。

この波乱の結果は、今年の混戦の牡馬クラシックを象徴したものと競馬理論では判断している。つまり、皐月賞時点ではフサイチホウオーが皐月賞後のダービーの最有力候補であることは間違いないが、展開や馬場状態次第では、ダービーも波乱の結果となる可能性も低くはない。

競馬理論は、ありとあらゆる要素を冷静に分析し、皐月賞のダービーの的中に近づきたいと考えている。


もうムダ馬券を買うことは やめにしませんか?>>