14年連続プラス収支、リピーター8割の定員制競馬予想
ゲスト様(無料会員登録ログイン
予想屋マスターの誰も教えてくれない競馬理論
TOP > 競馬予想コラム > 札幌2歳S > 第44回札幌2歳ステークス

2009年札幌2歳S「第44回札幌2歳ステークス」

2009/09/05 UP
by 予想屋マスター
回顧録

札幌2歳S -G3- 札幌競馬場/芝1800m 右
条件:サラブレッド系2歳 賞金:3000万円

第44回札幌2歳ステークスの結果は、
メンバー中、唯一の2歳馬
サンディエゴシチーの勝利という結果で幕を閉じた。

競馬理論は、
クローバー賞のレース内容を評価して、
サンディエゴシチーを
第44回札幌2歳ステークスの結果の本命に予想した。

レースでは、サンディエゴシチーは、
4~5番手のインを追走し、
直線でも内から抜け出して、
第44回札幌2歳ステークスの結果を制覇した。

サンディエゴシチーの第44回札幌2歳ステークスの結果の勝利は、スローペースのインの4~5番手という最高の展開に恵まれてのものだが、異なる距離での3連勝には高い評価を与える必要がある。

よって、来年のクラシック戦線に向けて、
サンディエゴシチーには
札幌2歳ステークス後も要注目と競馬理論では判断している。

一方、第44回札幌2歳ステークスの結果の2着には、
モズが入った。

モズは、すんなりと2番手を追走したが、
直線に入るとサンディエゴシチーに
簡単に差されてしまった。

しかしながら、モズは、
そこから懸命に踏ん張り、2着に粘り込んだ。

モズの第44回札幌2歳ステークスの結果の2着は、1000m通過51秒7のスローペースを2番手で追走する展開に恵まれてのものであり、レース内容的な価値は低い。

よって、札幌2歳ステークス後の重賞戦線、
モズに、札幌2歳ステークスの結果2着の
実績ほどの高い評価を与えるべきでない
と競馬理論では判断している。

一方、アーバンウィナーは、
出遅れたこともあり、最後方からレースを進めた。

そして、アーバンウィナーは、
3コーナー過ぎから徐々に進出し、
直線で大外に持ち出されると、
鋭い差し脚を披露して、3着まで追い込んだ。

アーバンウィナーの第44回札幌2歳ステークスの結果の3着は、前残りの展開で大外を回って追い込んでのものであり、非常に価値のあるレース内容であった。

よって、札幌2歳ステークス後の重賞戦線、
モズよりも、アーバンウィナーに
高い評価を与えるべき
と競馬理論では判断している。

以上のように、
第44回札幌2歳ステークスの結果では、
サンディエゴシチーが3連勝で
重賞初制覇となった。

競馬理論のファンの方は、
無傷の3連勝と底を見せていない
サンディエゴシチーの札幌2歳ステークス後には
大いに注目して欲しい。


展開解説の動画を最短でお届け!!
\メールアドレス入力 → 最短で動画が届く!/
Gmail等のメールアドレス
迷惑メールに紛れていないか必ずご確認ください
すでに無料登録されている方はこちら
※登録は完全無料ですのでご安心ください